マガジンのカバー画像

梶原一騎作品関連の過去の雑文・格納庫

22
自身のサイトや他社のネット媒体、雑誌等に書いた梶原一騎作品の文章アーカイブ。こちらに移行にあたり一部文章に手を加えています。
運営しているクリエイター

記事一覧

筆者お薦め!梶原一騎作品10選・前編【2020年3月「昭和マンガから学ぶ男の生き様大全…

結果よりもプロセスの大事さを教える、スポ根マンガの金字塔 Select1 『巨人の星(画:川崎の…

BON_SUGAHARA
5か月前
1

巨人の星VS侍ジャイアンツ ~梶原一騎が描いた〝陰〟と〝陽〟の ど根性ストーリー~(…

 俺たち昭和40年男は「巨人の星」に代表される〝スポ根マンガブーム〟をリアルタイムでは体験…

BON_SUGAHARA
11か月前
2

矢吹丈をリングへ導く財閥令嬢 白木葉子 (「昭和40年男」2021年4月号・特集“俺た…

 カッコいい女はエイジレスだ。誕生から半世紀を越えて語り続けられる白木葉子。作中で貫かれ…

BON_SUGAHARA
2年前
5

梶原一騎原作漫画読破への道(7)

ボディガード牙「連載順と収録順の不思議」  梶原作品数あれど、未だ単行本されない作品もあ…

BON_SUGAHARA
2年前
1

花実さんに会いに行った話

 令和3年現在。これまで私がお会いしたことのある梶原先生の血縁関係者は六人です。実弟の故…

BON_SUGAHARA
2年前
4

梶原一騎原作漫画読破への道(6)

若い貴族たち・単行本編~ウィズ ア リトル ヘルプ マイ フレンズ~ 今では自由になるお金が…

BON_SUGAHARA
2年前
2

梶原一騎原作漫画読破への道(5)

「朝日&太陽&夕日の恋人」思い出の復刻騒動  「朝日の恋人/太陽の恋人/夕日の恋人(週刊少年チャンピオン連載 画・かざま鋭二)」は、比較的早い時期に読破を達成できました。“一騎に読め!”開設後、リンクページを展開するにあたり梶原一騎と、その作品に関するホームページを検索していくなかで、本作に関するサイトにたどり着き、情報の交流を図るなかで協力していただきました。  1998年当時は単行本(チャンピオンコミックス全4巻・タイトルは全て“朝日の恋人”)も然ることながら、掲載

梶原一騎原作漫画読破への道(4)

ハリス無段・「読破にこだわる」とは何か? 私が今回「ハリス無段(週刊少年マガジン連載 画…

BON_SUGAHARA
2年前
2

梶原一騎原作漫画読破への道(3)

今回から、読破した各作品毎に取り上げ、アレコレと語ってみたいと思います。ちなみに時系列…

BON_SUGAHARA
2年前
2

梶原一騎原作漫画読破への道(2)

リストからホームページ作成へ! 『劇画王 梶原一騎評伝』『「梶原一騎」をよむ』『マンガ地…

BON_SUGAHARA
2年前
2

梶原一騎原作漫画読破への道(1)

読破への道・序章「梶原一騎の原作漫画(※1)を全て読みたい!」 そう思いたったのが1998年。そ…

BON_SUGAHARA
2年前
4

「梶原一騎とタイガーマスク」(「昭和40年男」2016年2月号・特集“今よみがえる猛虎…

 マンガ『タイガーマスク』の連載が始まった1968年は、原作者・梶原一騎にとって“勝負の年”…

BON_SUGAHARA
3年前
3

『侍ジャイアンツ』がフィナーレ。【後編】巨人V10ならず長嶋茂雄引退。番場蛮もまた…

連覇を続ける巨人黄金期に登場した熱血破天荒マンガ 「いまから体質改善が必要なのだ 紳士ジ…

BON_SUGAHARA
3年前
1

『侍ジャイアンツ』がフィナーレ。【前編】巨人V10ならず長嶋茂雄引退。番場蛮もまたグラウンドを去った。(「昭和40年男」2019年2月号・再検証 昭和49年より)

 『侍ジャイアンツ』を一言で評するならば、マンガもアニメも“記録”でなく、“記憶”に残る作品である。  たとえば同じ原作者(梶原一騎)による作品の『巨人の星』と比べても、スポ根ブームのような社会現象をもたらすことはなかったし、裏番組を凌駕するような高視聴率も記録できなかった。しかし、終了から45年が経った現在でも本作は人々の記憶から忘れ去られることなく愛され続けている。  番場蛮(バンバ バン!)という主人公の名前も強烈なインパクトだったし、彼が編み出したハイジャンプ魔球や大