ミヤザキユウ/ボードゲームデザイナー

ボードゲームや体験をつくる仕事してます。 制作に携わった作品は『トポロメモリー』『サ…

ミヤザキユウ/ボードゲームデザイナー

ボードゲームや体験をつくる仕事してます。 制作に携わった作品は『トポロメモリー』『サラダマスター』『DEATH NOTE人狼』『ペルソナVS』『ONE PIECE VIVRE RUSH』など。

マガジン

  • ボードゲーム(ボドゲ)記事まとめ

    • 2,010本

    note公式のボードゲーム(ボドゲ)マガジンです。 皆さんが書いてくださった素敵な記事をまとめていきます!

  • #ゲーム 記事まとめ

    • 1,189本

    noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。コンソール、PCなどのビデオゲーム、ソーシャルゲーム、ボードゲームなど。

  • ゲーム(アナログ)のイチオシ記事

    • 56本

    noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(アナログ)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 ボードゲーム、将棋、囲碁、麻雀、TCGなどの記事が集まっています。

  • ゲーム(クリエイター)のイチオシ記事

    • 129本

    noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(クリエイター)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 プログラムやUI、UX、デザインなどについての記事が集まっています。

  • ゲーム(デジタル)のイチオシ記事

    • 159本

    noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(デジタル)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 PS、NintendoSwitch、XboX、PCゲームなどの記事が集まっています。

最近の記事

  • 固定された記事

【最初にぜひ】ミヤザキnoteのガイドブック

僕のnoteのなかで、評判のよかったものや、最初にこれはぜひ、というものをご紹介します。観光地の入り口にある案内板みたいなものです。最初に読んでおくと、概要がつかめたり、効率よくルートを回れるやつ。 自己紹介と考え方ミヤザキユウとは何者か、が気になった方はこちらをどうぞ。ほかの人に情報共有するときの資料としても。 評判の良かったnoteたちボードゲームをつくる時の流れを言語化したnoteです。「ボードゲーム 作り方」などでググると1番上に出てくるので、今でも毎日多くの方に

    • 2023年したこと&来年したいこと

      こんにちは。年末なので今年の活動の振り返りnoteです。 お久しぶりな方は生存報告と思って読んでいただけると幸いです。 ラジオ出演した川田十夢さんにお声掛けいただいて人生初のFMラジオ出演。十夢さんのファシリテーションが凄まじく、楽しくおしゃべりしていたらアッという間に終わり、後ろ髪をひかれながらブースから出る感じになりました。 曲が流れている時にブースでキューを出すかたをチラチラ見ながら雑談するのがラジオ出演者にしかできない時間だ〜と、高揚した覚えがあります。 帰り際、

      • 現実と虚構がUIで融けあうホラーゲーム『パラノマサイト』を早くやれ

        『パラノマサイト』を早くやれ。これからもっと人気が出るから、ネタバレを踏んでしまう前に早くやれ。 本格的ホラーであり、伏線が巧みに張り巡らされたミステリー小説であり、愛すべき人物たちの掛け合いにハマれるキャラクターコンテンツであり、ジャンプマンガのような能力バトルが楽しめて、プレイが終わったら誰かに語ってオススメせずにはいられない。そんなゲームだ。 ニンテンドースイッチでも、アプリでもSteamでも遊べるので、いずれかの環境がある人は、たった2000円と10時間程度でこの

        • 「リサーチのボードゲーム」のリサーチ&開発プロセス全公開

          『リサーチャーすごろく』というボードゲームをつくりました。 リサーチカンファレンスの運営に携わるリサーチャーたちが考えた、たのしく遊びながらリサーチの入門にもなるゲームです。 カンファレンスをはじめ、様々なシーンでの活動が評価され、人間中心設計推進機構によるHCD-Net AWARD 2023 にて最優秀賞をいただきました。 「すごろく」と銘打っているように、基本的にはサイコロをふってコマを進めるかんたんなゲームですが、リサーチの実務とあるあるから発想したユニークなシス

        • 固定された記事

        【最初にぜひ】ミヤザキnoteのガイドブック

        マガジン

        • ボードゲーム(ボドゲ)記事まとめ
          2,010本
        • #ゲーム 記事まとめ
          1,189本
        • ゲーム(アナログ)のイチオシ記事
          56本
        • ゲーム(クリエイター)のイチオシ記事
          129本
        • ゲーム(デジタル)のイチオシ記事
          159本
        • みんなのUXリサーチマガジン
          94本

        記事

          『トッキュースカウト』デザインAIインタビュー

          ゲームマーケット2023の新作ゲーム『トッキュースカウト』について、ChatGPTにインタビュー項目を考えてもらい、自分で回答してみました。 ざっくり読むと、ゲームのことを知ってもらえると思います。 『トッキュースカウト』のゲームマーケット取り置き予約フォーム 新作ボードゲームのタイトルと、どのようなテーマやコンセプトが含まれているかを教えてください ゲームのタイトルは『トッキュースカウト』といいます。プロ野球のスカウトをテーマにした紙ペンゲームです。プレイヤーはスカウ

          『トッキュースカウト』デザインAIインタビュー

          AIはボードゲームをプレイヤーとして楽しめるのか

          ボードゲームデザイナーとして最近のAIへの注目の仕方はもっぱら、AIにゲームを考えてもらうことは可能なのかということだったのだけど、その問いのなかにそもそもAIはボードゲームをプレイヤーとして楽しむことができるのか?が含まれていると気づいた。 人間だと、自身が楽しむことができないなら、誰かを楽しませるゲームを考えることは難しい。 人間のボードゲームデザイナーは100%の割合で、少なくとも主観的にはボードゲームが楽しくて、好きでたまらないという性質をもっている。新しく買った

          AIはボードゲームをプレイヤーとして楽しめるのか

          コンテンツ週報 2023/01/16-

          コンテンツ週報 2023/01/09-

          年末年始に読んだ本の紹介と感想。ボードゲーム、戦争、コミケなど。

          年末年始に読んだ本5冊の感想です。

          年末年始に読んだ本の紹介と感想。ボードゲーム、戦争、コミケなど。

          2022年買ってよかったものたち10個

          年末なので、Amazonの注文履歴と部屋を見渡して書いてみました。 耳栓WIREDの特集で見かけてカタチがかっこよかったから買ってみました。ほどよく聞こえて、ほどよく聞こえない。ノイズキャンセリングイヤホンもいいけど、仕事中に軽くてつけてることを忘れるのがいい感じです。 2022年に買ったものの中では一番使用時間が長いと思います。なぜなら寝ている時にもずっとつけてるから。 下敷き僕は打ち合わせには大量のA5用紙を持っていって、メモをとって、終わった後にはそれを机の上にバ

          2022年買ってよかったものたち10個

          Gin Crafters design notebook

          A project by a group of craft gin-loving designers to create a board game called "Gin Crafters" has started on Kickstarter, and as of this writing, we have received 1,377,309 yen in support, 196% of our goal. We can make the specifications

          『ジンクラフターズ』デザインノート

          クラフトジンが好きなデザイナーたちによる、ボードゲーム『ジンクラフターズ』をつくるプロジェクトがKickstarterで始まりました。この記事の執筆時点では、目標金額の196%となる1,377,309円のご支援をいただいています。 支援いただいた金額に応じて仕様や特典を豪華にできるので、最高なゲームに仕上げるのにご協力いただけると嬉しいです。 Click here for the English version note 『ジンクラフターズ』は、クラフトジン製造を体験でき

          『ジンクラフターズ』デザインノート

          #ジンクラフターズ のKickstarterプロジェクトがスタート&目標達成しました

          11月29日深夜から始めた『ジンクラフターズ』のKickstarterプロジェクトが、おかげさまで開始10時間足らずで目標金額の100%を達成しました!11月30日12:00現在では、100名以上の方にご支援いただき、支援額を伸ばしています。応援、本当にありがとうございます!! 初めての海外も対象にしたクラウドファンディングのプロジェクトで、不安もかかえつつのプロジェクトだったのですが、第一チェックポイントを超えることができてチーム一同ひと安心です。 次の目標は支援額の1

          #ジンクラフターズ のKickstarterプロジェクトがスタート&目標達成しました

          本日25:55-フジテレビ番組のEXITVにて、前に作ったボードゲームの「コトバグラム」が遊んでいただけるようです。楽しみ! https://twitter.com/EXITV_official/status/1593218815445594112?s=20&t=TvVRzJLMBklxIg9pdvm3bA

          本日25:55-フジテレビ番組のEXITVにて、前に作ったボードゲームの「コトバグラム」が遊んでいただけるようです。楽しみ! https://twitter.com/EXITV_official/status/1593218815445594112?s=20&t=TvVRzJLMBklxIg9pdvm3bA

          アイデア段階のボードゲームのルールブックをとりあえず書くためのテンプレ

          新しいゲームのアイデアが浮かんだとき、とりあえず説明書を書いてみることがあります。 頭の中にあるゲームらしきものがゲームとして成立するかどうかを判定するもっとも早いやり方だからです。モックを作るよりも先のプロトタイピングとも言えます。 テキストに起こすと、ハッキリしないところが見つかったり、思いもよらない条件分岐が判明したりします。ライターの古賀史健さんが「書くことは、考えること」とおっしゃっていましたが、それは一般的なテキストに限らず、ゲームの説明書でも同様だと思います

          アイデア段階のボードゲームのルールブックをとりあえず書くためのテンプレ

          はじめてのゲームは、小さな企画と厳しい〆切でつくる

          桜井政博さんのYoutubeチャンネル"桜井政博のゲーム作るには"が面白くて、お昼ご飯を食べるときにいつも観ています。 その中の「ゲーム作りで食っていくには」という動画で、ゲーム業界に入る最短の道は、自分でゲームを作ってみることだという話がありました。 この意見には僕も完全に同意で、僕が今たまたまゲームで食っていけてるのは、最初にこれができたからだと考えています。 ただ、初めての人にじゃあ作ってみろというのは厳しすぎるかもしれません。そこで、自分の時のことを思い出してみ

          はじめてのゲームは、小さな企画と厳しい〆切でつくる