ミヤザキユウ|ボードゲームデザイナー

ボードゲームを作る仕事。株式会社バンソウ取締役 https://banso.tokyo/ 『DEATH NOTE人狼』やGoogleさんの『学園チョイス!』等の制作に携わりました。自社では『トポロメモリー』や『コトバグラム』など。 お仕事のご相談は、仕事依頼ページからどうぞ。

部員

ボードゲームをあそびたい人に。

  • ボードゲームがあそべる
  • オンラインでの遊びを開発できる
  • noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。PlayStation 4、Nintendo
    7324フォロワー
    +19
  • ボードゲームのnote
    152フォロワー
固定された記事

【最初にぜひ】ミヤザキnoteのガイドブック

僕のnoteのなかで、評判のよかったものや、最初にこれはぜひ、というものをご紹介します。観光地の入り口にある案内板みたいなものです。最初に読んでおくと、効率よくルー…

ボードゲームらしさを探るメモ その1:フェアであること

最近、「ボードゲームらしさ」ってなんだろうと考えるようになりました。ボードゲームらしさとは、どんな要素があるとボードゲームっぽくなるのかということです。 今まで…

  • コトバグラム

    コトバグラム

    ・対象年齢:13才〜・プレイ人数:3〜6人・プレイ時間:25分・メーカー:バンソウ----------友達に「1万円貸して」ってどれくらいの"重さ"で言える?『コトバグラム』は、人それぞれの「言葉の重さ(その言葉を、どのくらいの気持ちで言えるか)」の違いを楽しむパーティーゲームです。プレイヤーは、誰かがあるヒトに対してあるセリフを言うときの"重さ"を考えて当てる、「コトバグラマー」になり、No.1 コトバグラマーを目指します。◆コトバグラムの遊び方1. セリフとヒトのカードの山札を作ります2. 親プレイヤーがお題を決めます。セリフカードとヒトカードをそれぞれ山札から1枚ずつめくり、場に表にして置きます。そのカードの組み合わせがお題となります。3. 親プレイヤーはお題のシチュエーションを想像し、それに応じた重さカードを伏せた状態で場に出します。4. 他のプレイヤーたちは親プレイヤーに質問をすることで、親が出した重さを推測します。質問が終了したのち、プレイヤーたちは親が伏せたと思う重さカードを場に出し、答え合わせをします。同じ重さを出していればポイントとなります。5. 親プレイヤーを変えてこれを繰り返します。◆オススメポイント「友達に1万円貸してと言う時の重さ」「恋人に愛してると伝える時の重さ」など、ヒトとコトバの組み合わせがランダムとなるため、お題が決まる時にとても盛り上がります。自分にとっては軽い言葉でも他の人からすればそこそこ重かったり、価値観の違いをカジュアルに楽しめるゲームです。見知った友人同士でさえも意外な発見があるので、コミュニケーションを楽しむパーティーゲームをお探しならオススメです!----------◆関連記事・コトバグラムができるまで - "言葉の重さ"で遊ぶパーティゲーム『コトバグラム』ができましたhttps://note.com/zkmymkz/n/nce5902996a55
    ¥3,080
    バンソウ ストア
  • トポロメモリー

    トポロメモリー

    ・対象年齢:5才〜・プレイ人数:2〜5人・プレイ時間:10分・メーカー:バンソウ----------「ドーナツとコーヒーカップは同じカタチ!?」『トポロメモリー』はそんな不思議な考え方をする数学の一種「トポロジー」を利用して遊びます。「数学が苦手で…」という人でもご安心を。シンプルなルールで、大人も子供も、みんな夢中になれるゲームです。◆トポロメモリーの遊び方1. カードの山札を作ります2. 1人ずつ順番に山札からカードを1枚引き、表にして場に並べます3. トポロジー的に同じ図形のカードのペアを見つけたら、両方のカードを手で押さえて取ります。早い者勝ちです!4. これを繰り返して、一番多くのペアをゲットしていたプレイヤーの勝ちです◆オススメポイント「脳がとろける」という謳い文句に偽りなく、トポロジー的に紛らわしい図形の数々がプレイヤーを惑わします。図形を俯瞰して捉える能力に年齢は関係ないため、大人と子供が互いに手加減抜きで遊べるゲームです!----------◆関連記事・トポロメモリーができるまで - 科学雑誌を読んで、トポロジーのゲームを作った話https://note.com/zkmymkz/n/n1c31ee3fd3cd・子供と遊ぶ際の導入の参考に - トポロメモリーのインストから考える、「遊んでもらう」コミュニケーションhttps://note.com/asita/n/n7286180971c3・トポロメモリー公式サイトhttps://topolomemory.banso.tokyo/◆関連商品・トポロメモリー2https://banso.stores.jp/items/5ebb7073bd21783791ecedd4・トポロメモリー3https://banso.stores.jp/items/5ebb70ec34ef013d0fb899e0
    ¥2,200
    バンソウ ストア
  • トポロメモリー 2

    トポロメモリー 2

    ・対象年齢:5才〜・プレイ人数:2〜5人・プレイ時間:10分・メーカー:バンソウ----------「ドーナツとコーヒーカップは同じカタチ!?」『トポロメモリー2』はそんな不思議な考え方をする数学の一種「トポロジー」を使ったゲーム『トポロメモリー 』の続編です。すぐにわかるシンプルなルールで、大人も子供も、一緒に夢中になって楽しめます。※トポロメモリー2はトポロメモリーの続編ですが、単独でも遊べるゲームです。もちろん、トポロメモリーと混ぜて遊べば、さらなる混乱と盛り上がりをお約束します!◆トポロメモリーの遊び方1. カードの山札を作ります2. 1人ずつ順番に山札からカードを1枚引き、表にして場に並べます3. トポロジー的に同じ図形のカードのペアを見つけたら、両方のカードを手で押さえて取ります。早い者勝ちです!4. これを繰り返して、一番多くのペアをゲットしていたプレイヤーの勝ちです◆オススメポイントさらに紛らわしくなった図形の数々が、プレイヤーをより一層惑わします。カードの図形を覚えて物足りなくなってしまった方は前作と混ぜて遊ぶことで、驚くほど新鮮な気持ちで楽しんでいただくことができます。----------◆関連記事・トポロメモリーができるまで - 科学雑誌を読んで、トポロジーのゲームを作った話https://note.com/zkmymkz/n/n1c31ee3fd3cd・子供と遊ぶ際の導入の参考に - トポロメモリーのインストから考える、「遊んでもらう」コミュニケーションhttps://note.com/asita/n/n7286180971c3・トポロメモリー公式サイトhttps://topolomemory.banso.tokyo/◆関連商品・トポロメモリーhttps://banso.stores.jp/items/5ebb70c6bd21782e37ecf5db・トポロメモリー3https://banso.stores.jp/items/5ebb70ec34ef013d0fb899e0
    ¥2,200
    バンソウ ストア
  • もっとみる

週報5/25-29 片付けは情報量と不確実性を減らすこと。

週報です。ボチボチMacにも慣れてきました。トップ画像は特集で作ったゲームのトポロメモリーとコトバグラムを紹介してくださったモノ・マガジン。 5/25(月) 週末でた…

オンラインワークショップ設計の落とし穴と飛び越えかた

先日、オンラインワークショップを初めて設計&実施したのですが、当初想像していたよりも大変でした。 設計したのは、Nサロンの講座「日経新聞読み合わせワーク」。 簡…

週報5/18-22 ひと山のりこえた

週報です。今週末からパソコンをMac Book Airにしたんですが、ヌルヌルと変換されていく仕様にまだ慣れてません。 5/18(月) 作っているゲームのざっくりなルールを社内…

週報5/11-15 できないことの壁にぶち当たる。

週報です。トップ画像は参考になりそうだぞと思って読んだ『デザインのつかまえ方』。ゲームのロゴづくりにも応用できる内容でした。 5/11(月) 世間的にも完全にゴール…