見出し画像

粉雪が降り積もる季節を想像しながら/アランニット制作日記 9月後編

 YUKI FUJISAWAがアランニットの個人オーダー会を開催するのは、これが2度目のことだ。最初に開催したのは2年前の冬にさかのぼる。

「ブランドを始めたときはまだ学生で、しばらくは実家の一室で制作していました。それだとお客さまどころか仕事関係者も呼びづらかったんです。そのうち台東デザイナーズビレッジという共同アトリエを借りて、外のギャラリーで展示会も開催していた頃、『お店のための展示会ではなくお客さまに向けた個人オーダー会にチャレンジしてみたい』という気持ちが芽生えて。今年の会は、2017年の12月に個人オーダー会を開催した以来です。」

_MG_0045_1のコピー

2019年3月に発表した[1000 Memories of]の個人オーダー品。その人の思い出の写真や手紙を箔でトレースし、ワンピースの柄として「記憶」を重ねていく。

それ以前も、ゆきさんは何度か展示会を開催してきたけれど、それはワンピースやトートバッグを扱うもので、アランニットの個人オーダー会は久しぶりだという。

「普段ひとりで制作しているときは『このヴィンテージをより美しくするには』『どう活き活きさせるか』、素材そのもの興味が向くので、着用者の姿を想像するよりも、ヴィンテージ素材そのものに意識がフォーカスしていることが多かったんです」


 ゆきさんは、古着に染めや箔を施すことで、「NEW VINTAGE」という作品に生まれ変わらせる。そこにどんな加工を施すか、アトリエでひとり素材と向き合いながら考えて、完成した作品をお店に届ける。その過程では、実際に身にまとう人と対面できる機会はない。でも、オーダー会ではひとりひとりのお客さまと向き合うことになるので、いつもと違うモードになる。

「今回のオーダー会が始まる前は、いろんなことにナーバスになってしまい、『一人も来ないんじゃないか』とか、『ニットの風合いが固い』みたいなことまで気になり始めちゃって(笑)。ニットってそういう素材のはずのに、一度気になり始めると止まらなくなっちゃって。だから、今日を迎えるまではすごく不安な部分もあったんです」

 その不安は杞憂に終わり、お客さまは嬉しそうに試着を重ねている。その様子に、ゆきさんはどこかホッとした様子でいる。

画像1

画像6

「こうやってイベントを開催すると、ほんとに感謝の気持ちが出てきますね」とゆきさん。

「生活をしていると、『あの映画、あの展覧会に行きたかったのに、気がついたらもう終わっちゃった』ってことがありますよね。でも、今日のオーダー会は1ヶ月前から予約をしてくれて、自分の人生の中にこの時間を空けてくださって、このアトリエまでたどりついてくれるわけじゃないですか。それってすごいことで、そのことを思うと嬉しくて涙がでます。感謝の気持ちを絶対に忘れちゃいけないなといつも思うんです」


 2組のお客さまは、購入するニットを決めて、次はどんな箔を入れようかと頭を悩ませている。袖の長いネイビーのセーターを選んだお客さまは、迷いに迷って、袖口にも箔をプリントすることを選んだ。

「袖が長いので、袖を折り返して着るだろうから普段は箔が隠れると思うんです。でも、『今日は袖にシルバーの箔が欲しい!』って日には、袖を折り返さずに、箔を見せて着ようと思います」

画像2

 オーダー会の様子を眺めていると、お客さまの生活の姿を垣間見ているような心地になる。彼女は今、アトリエでアランニットを試着しているけれど、実際にそれを身にまとうのは日常生活の中だ。アトリエにある鏡を見つめながら、近い未来に自分がどんな気分で生きているかを想像し、ニットをまとっている未来の私を想像する。そして、その一着が未来の私にぴったりフィットするように、箔を載せる箇所を選んでゆく。

「じゃあ、この子たちは大事にお預かりしますね」

どんな箔をプリントするかが決まり、それをメモし終えると、ゆきさんがお客さまにそう切り出す。「11月まで、しばしのお別れ。ちょうどニットが着られる季節にお届けします」

画像6

 お客さまを送り出すと、アトリエはしんと静まり返った。次のお客さまをお迎えするまでのあいだ、ゆきさんはニットを検品し、穴を見つけては補修している。気の遠くなる作業を繰り返しながら、冬がやってくるのを待っている。

画像3

.

.

【アランニット制作日記 10月】 へ続く

words by 橋本倫史


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♡ハートのお返し!
32
テキスタイルレーベル・YUKI FUJISAWA(ユキ フジサワ)を主催しています。 代表作はヴィンテージ素材に箔や染を施すことでファッションとして新しい価値を生み出す「NEW VINTAGE」というアートピース群。製作にまつわる思いを更新していきます。

コメント1件

すてきですね!!!いつかまた、オーダー会されるとき、実物を手にとって拝見してみたいです!アイルランドより帰国中ですが火曜日に帰ります。アラン島でおばあさんの作ったセーターや手袋 見たことありますよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。