見出し画像

美味しいファスティングジュースとその副産物

こんにちはyukaです。夏も終わりに近づいてる今日この頃、過ごしやすい陽気になりましたね。(初めましての方はこちらをご覧ください)


固形物を取らないで胃腸を休めるのが目的の

フランス式ハーブファスティング。

ファスティング中は普段より、よりバランスのとれた栄養を意識します。(ちょっと真面目な書き出し〜)


画像1

この日はね、人参りんごをベースにピンクグレープフルーツを絞ったジュース。 

緑黄色野菜に分類される人参は、βカロチンの保有量がダントツトップ!(かな?)

βカロチンは体の中でビタミンAに変わって、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、免疫力を高めたり、がんの予防やアンチエイジングなどなど、抗酸化栄養物質の宝庫、とっても素晴らしい野菜なのだ!

だからジュースを作るときは、人参は絶対外せない!

そーそー、ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収されやすいって有名だよね。きっとMTCオイルを入れたら良いんじゃないだろうかね?(たぶん)

りんごもすごく良いんだよ。

抗酸化作用が強いポリフェノールや、水溶性食物繊維で腸内環境を整えるペクチン、加熱しても壊れにくい酸化型ビタミンCなどなど含まれてて、美容と健康に嬉しい果物なのだ!

で、これらりんごの素晴らしい栄養素の多くは、皮に含まれてるんだって。皮ごと食べるなら無農薬を選びたいよね〜。残念ながら、私は近くの八百屋さんで買ってるから皮をむきます。。。(う〜〜ん)

人参とりんごの2つを基本に、あと加える野菜や果物はあなたの好み。

私がおすすめするプラスワン果物は、スイカ、洋ナシ、桃も美味しかったよ♡ やっぱり、旬のものを選ぶと体は嬉しいんじゃないかな。

ぜひぜひ試してみてね!

¦

さて、美味しいコールドプレスジュースで残る搾かす、もったいないよね〜

昭和生まれのおばさんは捨てられないのよ〜〜。

なので、美味しいジュースの副産物も紹介しちゃいます。

画像2

搾かすフルーツジャム♪ (細かく切ったフルーツと自家製ヨーグルトに、ココナッツファイバー加えてこのジャムをトッピング)

搾かすは、人参、りんご、その他の果物って分けてとっておきます。その方が後で使いやすいからね。

このジャムは、りんご+もも+スイカ(3回分のジュース搾かす)で作ったよ。(ちょこっとレモン汁またはお酢。あ、あと隠し味にお塩(天然塩)をちびっと。)

搾ったあとの果物は、水分も糖分も抜けちゃってるから、普通のジャムを作るより砂糖は多めに投入、それと水分も補給するの。

コトコト時間をかけて、ゆっくりとろ火で煮ていくよ。(焦げちゃうから)

煮上がったらフードプロセッサーでじゃーーーーっとやっちゃってぇ〜〜。かすっぽさが取れて口当たりが良くなるの。

砂糖はきび砂糖が優しい甘さに仕上がるからおすすめだな。(白砂糖はなるべくやめようね。)


それと、人参搾かすは、メインディシュに。

画像3

人参搾かす入りハンバーグ♪ 牛豚合い挽き肉、人参搾かす(1回分)、玉ねぎみじん切り、卵、天然塩、とお好みでスパイス(私は、黒胡椒、ナツメグ、オールスパイスを入れたよ)パン粉入れないから、よ〜〜〜く捏ねてね。

おソースは簡単なやつ。私は普通のお母さんでもあるから、そこまでこだわらないわけ。。ハンバーグが焼きあがったあとのフライパンを使うよ。フライパンに美味しい肉汁が残ってるからね。

そのフライパンに赤ワインを投入。煮立たせたら、ケチャップと中濃ソースを入れてよく混ぜる。最後にお醤油をちょこっと入れて一煮立ちしたら出来上がり。

ちなみに市販の調味料は有機なものアミノ酸等不使用なものを選ぶのがベター。手に入らなかったら仕方ないけどぉ・・・ホントは化学調味料はダメだよ、せっかくデトックスしても元のもくあみだもんね。

¦

お料理上手ではない私ですが、お料理好きではあります。日々の家事仕事も「ちょっと実験みた〜い」って思えば面白い。

という訳で、またファスティングメニューともったいないメニューを書いてみるとしよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おお〜!うれしぃーー♪
9
もう半世紀生きてる!?自分でもビックリ!これを機にnote始めます。長いこと健康おたくだったけど、きちんと栄養の勉強をし直すよ「あなたは食べたものでできている」ホントだよね確かにそうだわ。。自分ケア、ハーブファスティング体験記、楽しく続けられる工夫、健康でハッピーな老後のために〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。