見出し画像

最近聴いている曲10選 may編

バトンを受け取りました。
本日はmayがお届けします。
前置きはこれくらいにして、バンバン紹介して行きます。
最後まで見てねっ


▼忘れじの言の葉(安次嶺 希和子) / ダズビー COVER

https://youtu.be/eQBlomFo1Kw

スクウェア・エニックスより配信中のスマートフォン向けゲーム「グリムノーツ」の主題歌。
私が知ったきっかけは「TikTok」ですが、どこか懐かしさを感じるメロディーと、昔の御伽噺の世界にいるような不思議な感覚。
儚く、悲しみを美しく纏っているような雰囲気を放つ少女の姿が目に浮かびます。
「なんだこの曲は..」と一瞬で引き込まれ、延々と聴いていました。
ダズビーの凛とした幼い少女のような、可憐で繊細な歌声が心に沁みます。
原曲を歌われている【安次嶺 希和子さん】の歌声もとても素敵です。
ゲーム音楽が一番好きかも。。


▼フクロウ ~フクロウが知らせる客が来たと~ (KOKIA) / ダズビー COVER

"ようこそ、深い森の奥"という歌詞から始まるKOKIAさんのフクロウは、動物をモチーフに曲を書いてアルバムを作るプロジェクトで作られた楽曲だそう。
曲を聴いていると、その情景が目に浮かんで世界に引き込まれます。
そしてまたですが、ダズビーがCOVERしているバージョンがあり、両方聴いてます。(結果、最近はダズビー推しということですっ)


▼贖罪 / rei sirose COVER

人が生きている中で、誰もが抱く感情をストレートな言葉で表現されています。
だからか、歌詞が身体の中にスッと浸透して、心の中に溜まっていた靄がゆっくりと溶けていく感覚に満たされ、気付いたら涙が流れていました。
本家はボカロPである【傘村トータ】さんが描いた曲です。
これもTikTokから知りましたが。笑
最近、TikTokは音楽の宝箱なのではないか??と思い始めております。
そこからどんどん詮索して、新しい音楽に出会うこともあり、今では重宝しています。


▼天の弱 / Akie秋絵 COVER

本家は《天ノ弱/164 feat.GUMI》かなりのロックです。
「静」と「動」の対比が印象的な激しいロック曲に定評のあるVOCAROCK系プロデューサー。
Akie秋絵さんがピアノの伴奏に併せて歌う声が乱れたモノを沈めてくれる気がする。
結構ピアノと歌って編成の曲が好きかも。


▼青い鳥 / イツエ

私が一番好きなバンドです。
ローテンポのリズムに合わせ、ボーカルの瑞葵さんが伸びやかに歌う心地の良い共鳴。
そしてなんと言っても、一番の聴きどころはラスサビに入る瞬間。
ここは聴き逃せません。自分のお気に入りのヘッドホンまたはイヤホンで聴いてください。ここを聴いた瞬間に心が崩壊しました。
脳裏に突き刺さるような感覚、とでもいうのでしょうか。。
活動休止してしまったのが本当に寂しい。。

しかし、困ったことに、一つ気に入ったら次に気に入る曲に出会うまで、
その曲をひたすら聴き続けているので。
最近聴いたという期間の幅を広げなくてはいけません。
ということで、記憶を辿り。。
ここまではしっとりとした曲を紹介しましたので
ちょっとだけ違う雰囲気のお気に入り曲をお届けいたしましょう。


▼どろん / King Gnu

King Gnuは最近ガッと注目を集め、気がつけばもう空の人の存在。
2年前くらいに初めて聴いた"Prayer X"からずっとハマってるアーティスト。
表現が独特で個性があり、なによりも音楽のクオリティーが人とは思えないくらい駆け離れた創造力。
そして、井口さんの高音が胸に脳裏に感情にも刺さります。
この曲はアップテンポで、メロディーと歌詞の掛け合いが、まるで遊んでいるかのようで。そんなところも聴いて欲しい作品です。


▼AS / Refrain

5人組ミクスチャーバンド。
前身バンド(Central 2nd Sick)活動休止後に2015年10月より活動をしているバンドさん。
普段ラップとかは聞かないのですが、この曲を聴いた時にもうただ単純に
「カッコイイ」と感じました。
他にもカッコイイ曲たくさんあるので、聴いて欲しいです。


▼海の幽霊 / 米津玄師

米津さんは初めて聴いたのはまだボカロPで活動してる時でした。
最近はメジャーで一気に有名になり、日本が誇るアーティストの一人だと思っています。何よりも、米津さんが作り上げるメロディーラインといったら、いい意味で"クセ"がすごい。それがまたすごい中毒性のある音楽を書く、彼の才能なのだなと。
個性はミュージシャンとして、とてもリスペクトしています。


▼フィクサー/ ぬゆり

音楽としての表現をどう言い合わらしたらいいかと悩みます。
とりあえず一言で、脱帽。一人でスタンディングオベーション。笑
あとは歌詞がドストライク。もう闇と狂気を感じます。
サビが耳に残り、ひたすら口ずさんでしまう。
他にもインストの曲だとかもあり、それもまたアレンジが素晴らしいです。


▼心做し / majiko

女の子らしい可愛くて綺麗な声のmajikoさん。
最初はアーティスト名に???となりましたが、ネットで色んな曲を聴きあさっている時に出会いました。はい、運命でした。
感情がもう溢れ出す切なくも力強い芯のある歌の表現力。引き込まれます。
他の曲も気になるのですが、majikonさんはこれがドストライクで、中々次に踏み出すことができていません。
歌詞にも注目して聴いてください。

はいーーーー!
最近の聴いている10曲リレー第二弾。
Vo.mayがお送りしました。
ちなみに余談ですが、私は音楽をただただ楽しみたいと思った時は、お家で愛用しているAKGのK240 MKIIのヘッドホンで聴いています。
世界中のレコーディングスタジオ、放送局で長く愛用され続けているですが、モニターヘッドホンです。
旧モデルからダイアフラム&ハウジングの材質を見直すことにより、低域の締りと全体のバランスや明瞭度が向上。リスニング用としても高い次元のサウンドを表現します。
アーティストが細部まで拘った作品をより近い音で聴きたくて、厳選しこれが一番だと思いました。価格も1万円程度でコスパは最高だと思います。

ぜひ皆さん聴いてみてください。
どろん。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

音と映像で紡ぐ『感情の共有と共鳴』 メランコリックロックバンド【ヨル】 [member] vo.May gt.スグル ba.₫ dr.しゃなせんぱぃ [Youtube] http://youtube.com/c/yoruchannel
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。