見出し画像

愛機を語る話

こんにちは、ヨルのベース&作曲担当₫(どん)です。
2回続けて趣味に走ってしまったので、バンドマンっぽく愛機を語ろうと思います。

基本的スペックな話

Dragonfly CS-5/345CUSTOM
・Body top:Spalted Maple
・Body back:Mahogany
・Neck:Maple
・Fingerboard:Pau Fero
・Pickups:dragonfly original
・Control:Vol, Bal, Tone, A/P SW, MID FRQ SW, 3 Band EQ
・Scale:876mm (34.5inc)

杢目が大変美しい5弦ベースでございます。
楽器は音や弦の数ではなく見た目が一番大事だと思います。
かっこ悪い楽器なんて持ちたくないですしね。

あと、この子はとても軽いです。3kgくらいしかありません。
それでも破壊力のある低音が出る、すばらしい一品です。
ヨルでは、レギュラーチューニングで、パッシブで弾いてます。

出会いの話

ガスマス子さんをご存知だろうか?
当時は主にニコ動で弾いてみた動画を上げていた人で、自分がベースを弾きたいと思うようになったきっかけの人です。

3年半ほど前、『愛機を語る』というイベントにマス子さんが出演し、使っているベースと同じものを作るという企画があったそうです。
スペックが同じなのはもちろん、トップ材の選定はマス子さん自身が行い、制作されたそうです。ベース始めたきっかけの人が携わったベースなんて、ほしいに決まってるじゃないですか!?

はい、イベント終了後、即決購入しました。

実は、このイベント自体のことを、まったく知らなくて、イベントにも行ってないですし、たまたまイベント当日にベース欲しいなーって検索していたら発見し、運命を感じたので、ネットでポチりです。

後日、マス子さんからのメッセージやサイン入りTシャツ、ステッカーなどもいただきめっちゃ高まったのを覚えております。

君の名は?

自分の楽器に名前をつけている人は多いんじゃないでしょうか?
こんな出会いをした大切なベースなら名前をつけるに決まってます。

さて、どうしたものか?

これまで【ドロシー】【杠(ゆずりは)】【みやび】など名前をつけてきましたが、最高の名前をつけたいなと思い、これはもう『マス子さん本人につけてもらおう!』って、図々しくも思い立ちました。

つけてくれました!「やなせA」です。

なぜ「やなせA」?って思うじゃないですか。
実はフィンガーランプで封印してますが、ピックアップの間の杢目がとある粉ものヒーローに似ていると製作時から話題になっていたらしいです。

おわかりいただけるだろうか?
上手く拡大できなかったけど、某アン◯ンマンが。。。。
「やなせ」は作者、Aは「アン◯ンマン」なのです。

以上、今日は愛機を語るでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
"音楽は自分はここにいるよっていう証明なんだ" 東京発メランコリックロックバンド 『ヨル』 [member] vo.May gt.スグル ba.₫ dr.しゃなせんぱぃ [Website] http://yorunooto.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。