見出し画像

オンラインでは服装で顔色が変わる

最近では、ZOOMに明るさ調整機能もついているので、あまり気になることはなくなりましたが、公式LINEでは多くの方に服装についての質問をいただきましたので、こちらでも改めて投稿します。

服装で顔色が変わるという事実はあります。

光のあて方については素人であることをお断りしておきますが、
パソコンの内臓カメラで同じ条件下で撮影すると、白ジャケットと黒ジャケットでの違いはこのような感じになります。

オンライン扉前

背景が白い壁になると、このように顔色が一層暗くなります。

オンライン


アナウンサー時代には白、または黒の服をなるべく避けるようにと言われていました。白は顔が暗くなり、黒は白い色が飛んでしまうからです。

対処法として
・白い壁から離れる
・レフ版効果を狙うなら白いジャケットより白いテーブル
・テーブルが白くない時は、白い紙やタオルを置く
というような対処法が良いようです。

また、間隔が狭く、細く濃いストライプ、小さなギンガムチェック柄、
小さな千鳥格子柄のような服装は、画面にもやもやっとした模様が現れますので画面の前では着ないように心掛けていました。

参考にしてみてくださいね。

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。嬉しいです!
3
「言葉を磨けば人は育つ」の理念のもと、言葉の力を人材育成に活かし企業研修・講演を行う。経営者・経営幹部・起業家対象のスピーチ・プレゼンの個別指導。元テレビ大分アナウンサー。影響力が高まる話し方チェックシートプレゼント中  lin.ee/D25sGhS