読み返したいnote

307

読みやすい文章を書くコツ【実例編】削って整える…ってどうやるの?

昨年末に書いたこちらのnote、ありがたいことに多くの方から反響をいただいた。今も引き続きビュー数&スキ数が伸びている。感謝。 特に、最後の「7.最後に削る&削る」という項目が参考になった!という声が多く、私の中ではちょっと意外だった。 7.最後に削る&削る 最初はばーーっと書いてもいいけ…

うまくいかないコレクション

こんにちは。 茶助です。 昨日はとある団体の説明会に行ってきました。 そこの代表の方は、とってもユニークで、熱くて、「あ~、この人と一緒に面白いことやっていきたい!」そう思えるような方でした。 説明会で聞いた話の中で、イイ!と思ってメモした言葉がタイトルの「うまくいかないコレクシ…

人の言葉を預かる仕事

インタビューというのは、人の言葉を預かる仕事だ。 これまで培ってきた知識や経験、思考などを言葉として預かり、編集して、世に出す。 それが世の中にも、本人にもどのような影響を及ぼすかわからないから、書き手の責任は極めて大きい。 だからこそ、預かった言葉はもちろん、そこに至るまでの経緯…

「書く」を仕事にできる人は何が違うのか?

「書く」を仕事にできる人とできない人。 両者はどこが違うのでしょう? 「書く」という作業は、日本人ならほとんどの人ができます。パソコンやスマホに文字を打ち込むことは誰だってできる。それなのに、お金になる人とならない人がいるのは、なぜなのでしょうか? ぼく自身2018年に独立しましたが…

赤ちゃんがいる友達へ、伝えたいこと。

こんなつぶやきをしたら、身の回りから反応があったので、改めて考えをnoteにまとめておきます。 寂しい人、助けが必要な人、どんどんアピールして欲しい 子どもがまだ赤ちゃんだったとき、昼間の話し相手が欲しくて、友達が遊びに来てくれるのを毎回楽しみにしていました。周囲のおかげで、頼れる実…

自分の好奇心でダークサイドに落ちないために、「うまく扱う」という考え方

ーー好奇心に振り回される これは私にとって大きな課題である。 好奇心は、度が過ぎると扱いにくくなる 友人から興味深いトピックやおもしろい人・モノなどを教えてもらうと、とにかく深く掘りたくなる。深く掘って新しい知識や考え方を発見し、感動してその世界へそっと片足を踏み入れてみたり、時…

感性を磨くための「自分用note」をはじめよう

「note、やってみようかな…」 「でも、連続〜日更新!と続けられるほどの熱量はない…」 「自分の言葉で発信するのって、勇気がいるしな……」 と、「noteを書いてみようかな」とたびたび考えては、特にスタートする理由が見つからず、行動に移さなかった2019年。 昨年、自分が感じたことをどこか…