見出し画像

デザインスクールの履修科目 (2020春学期前半)

早くも3月に入り、ID (イリノイ工科大学デザインスクール)の春学期は前半を終えようとしています。。備忘をしたい学び事項が多くのあるのですが、時間が無さ過ぎます。。週6科目を取っているので、肉体の限界にチャレンジし続けている状態です。ネイティブは、プライベートと勉強を両立したい人が多く、5科目でセーブしているのに、純ドメの私がなぜか6科目も取って欲張っている。デザインスクールは興味深い科目が多く、さらに本当は7科目取りたかったのですが、断腸の思いで6科目に押さえ込んでいるのです。
実は現在、とても汚い学生寮に住んでいるのですが、学校までの距離3分は正解で、サバイバルに必要な睡眠時間を確保できるのは大きな利点ですが、ブートキャンプ状態の生活が続いています。
下の写真は私の住んでいる寮: Carman Hall, Illinois Institute of Technology です。西洋の人たちは建物を長く使う文化のため、築100年の家などざらにあります。このカーマンホールも築67年、著名な建築家が設計した由緒正しい建物らしいのですが、近々立て直しがあるとかないとか。

画像1

さて本日は、とり急ぎこの春学期に履修している科目を備忘しておきたいと思います。

春学期の前半は既述ですが6科目を履修していて、そのうち1科目が必修です。
① Innovation Frontier (*必修)
デザインプランニングのクラスです。下書籍の著者、Larry Keeley 氏 (現DeloitteグループのデザインコンサルティングファームDoblinの共同創設者) が講師を勤める、IDの名物クラスでもあります。米国デザインコンサルティング最前線でのトピックなどに触れることができます。今学期の授業は、大統領選の年ならではのテーマ、理想国家を作るべく、チームごとに各省庁に別れて、社会課題のイノベーションアイデアを模索しています。

画像2

<参考: Course Overview>
This course is short but intense, and instrumental for understanding the basic ideas, frameworks, and capabilities that modern design planning and innovation programs demand. If you believe that innovation is fundamentally about creativity, the term "innovation planning" appears to make no sense. This should be your very first clue that the obstacles to successful innovation live mostly in stupid assumptions and bad practices. At ID we believe we can get innovation to give up its secrets. This foundation course takes us on a brisk journey to connect ideas ranging from the business planning fundamentals, to modern frontiers of design and innovation planning.

② Diagram Development
Diagmra (図表)のクラスです。ビジネスマンがパワポに書いているチャートなどもダイアグラムです。デザインスクールに来てから思うのですが、とにかくどの授業でもダイアグラムをたくさん書かされます。これは、ダイアグラミングがデザイナーにとってのコアスキルの一つだからなのだと思います。複雑な事象やアイデアをいかにシンプルなチャートで表現できるか。ダイアグラムは、自身のアイデアを活性化するのみでなく、人との共有やコラボレーションを可能にすることで更なるアイデア創造を後押しする、価値創造の必須技術だと思われます。

画像8

<参考: Course Overview>
Designers are often challenged with the development and synthesis of complex ideas, whether they are research outputs, design concepts, or system plans. At the same time, the proliferation of easy-to-use graphic and visualization tools facilitates the creation of visual representations that often emphasize aesthetics over communication. Fundamentally diagrams' strength lies in their ability to present information at various levels of abstraction, to show clearly the inherent structure of information, and to summarize what could be lengthy and cumbersome explanations if represented in other forms. This course looks to explore these fundamental attributes of diagrams as a language and how to effectively use this language to understand and communicate.

③ Sustainable Solutions Seminar
サステナブルな問題解決について学ぶクラスです。サステナブル × システム思考 という二つのテーマを同時に扱うクラスのため、非常に難易度が高いのですが、これからの世の中に必要とされる視点と思考フレームワークを学無ことができる非常に重要なクラスだと感じています。
(*システム思考とは、下図のように物事の関係性をインアウトの動的システムで捉え、個別の事象よりも線で結ばれる関係性に着目します。レバレッッジポイントと呼ばれる箇所への介入によって、大きな波及効果やシステム変化を促そうとする思考方法です。個別の事象に着目する科学的思考と対比されることが多いですが、個人的に東洋思想に近い気がしていて、日本人は既にこの思考センスを持っているような気がしています。)

画像8

<参考: Course Overview>
Even though it is well acknowledged that the unprecedented interconnectivity of the world economy, the global society, and the natural environment has a direct impact in the local lives and wellbeing of communities, yet change makers such as corporations, NGOs, investors, entrepreneurs and government agencies involved in these systems struggle to understand how these forces can shape contexts, circumstances, and experiences, limiting their ability to envision sustainable solutions and livelihoods. In this course students will learn key principles and concepts on complex adaptive systems in relation to human-centered design for understanding how product and service innovation can shape sustainable value webs and marketplaces.

④ Video Storytelling
 
ストーリーテリングのクラスです。よく言われることですが、ストーリーテリングも今後のビジネスには不可欠なコミュニケーションデザインの手法です。私は広告代理店の経験がありますが、体系的に学んだことがないため、一度きちんと学びたいと思い履修しています。アメリカのデザインコンサル・広告代理店・映像制作会社のプロフェッショナル達からストリーテリングのノウハウをお伺いしています。(*それらを最後にまとめてムービーストーリーを作成するという構造になっています。)

画像5

<参考: Course Overview>
In this 7-week course, students will define and iterate an original story about a concept that is meaningful to them. Whether a class project or personal idea, this course will help students create the core structure for a video story. The course will be fueled by weekly critique and assignments meant to help each student iterate their story. The output will be a video animatic—essentially a sequence of still images synchronized with a rough voiceover and/or music—that will give students a sense of how the elements of their video stories are working together.

⑤ Service Systems Workshop
サービスデザインのクラスです。サービスデザインは、カスタマーエクスペリエンス (CX) デザインとも呼ばれていて、デザインのあらゆる技術 (リサーチ / インタラクションデザイン / システムデザインなど) を総動員するホリスティック (全体論的) なクラスです。以前の備忘ログで少し触れましたが、カスタマータッチポイントを中心に、サービス戦略・顧客体験・業務オペレーションなどカバー領域が広範囲に及ぶので、近年、ビジネスコンサル・デザインコンサル・広告代理店が競合しているテーマです。私は個人的に、エモーショナルなサービス体験はどのようにデザインできるかという視点で学んでいます。

画像7

<参考: Course Overview>
Services are increasingly dynamic, interconnected systems that need to be thoughtfully designed and choreographed. Service components can be tangible design elements–graphic, interaction, product, environments–or intangible elements such as roles, organizational structures, and incentives. Designing for services require new approaches and tools that help designers manage complexity throughout the design process. This class will use a Service Design approach to explore opportunities. The result will be one or more opportunity landscapes illustrated by high-level concepts that can frame deeper design explorations in the future.

⑥ Planning Implementation
このクラスは、インプリメンテーション (計画の実施) にフォーカスしたクラスです。多くのプロジェクトが、キックオフ時に揚々と掲げたビジョン (Intent) を望む成果 (Effect) に結びつけることができず、縮ませてしまうのは世界共通のようです。特に、イノベーションは大きな変化を伴うため、人や組織へのストレスが望む変化を減速させてしまうです。 (実は、私もこの悩みをデザイン思考を用いて解決したかった一人です。。) Design Leadership / Adaptive Leadership と呼ばれますが、デザインの思考方法を用いて、インプリメンテーションを減衰させることなくScaling (拡大) させる技術を学びます。 ちなみに、CDO (Chief Design Officer) と呼ばれる人たちは、この能力に長けていて、近年イノーベーション企業の中核を担うようになって来ています。

画像8

<参考: Course Overview>
Designers are often described as change-makers. However, to-date designers have acted mostly as imagineers and not change-makers (and often not even change-planners). With digital transformation and the rise of emerging technologies, just imagining the change is not only no longer sufficient, but also often leading to sub-optimal solutions. Designers need to step up into the role of change-enablers rolling up our sleeves and working arm-in-arm with stakeholders to set in motion the interventions that will activate change by all actors towards a better state. In this class, we will i.) study different established and emerging change management models; and ii.) apply it to a completed design project from one of your workshops or previous work experience.

以上、私が春学期の前半に履修している6科目です。来週で、一週間の春休みに入るので、また気になっている事項について備忘したいと思います。

画像6


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
<40代からの米国デザイン留学> イノベーションをプロデュースするためのデザインマネジメントを体系的に学ぶため、40代で思い立ち米国留学にチャレンジ。イリノイ工科大学デザインスクール(Masrer of Design Methods)に在学中。日々の気づきを備忘したいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。