村山由香里

1993年に福岡で起業し、働く女性を応援する情報誌「アヴァンティ」創刊。2019年1月、25年4ヶ月目に1億円の負債を抱え倒産。2010年から2015年まで福岡県男女共同参画センター「あすばる」館長。現在はフリーランス。60歳でゼロに戻り、再スタートした日々をつれづれに綴ります。

村山由香里

1993年に福岡で起業し、働く女性を応援する情報誌「アヴァンティ」創刊。2019年1月、25年4ヶ月目に1億円の負債を抱え倒産。2010年から2015年まで福岡県男女共同参画センター「あすばる」館長。現在はフリーランス。60歳でゼロに戻り、再スタートした日々をつれづれに綴ります。

    最近の記事

    万城目学さんに触発されて「悲愴」第二楽章

    長いことピアノを弾いていない。 7、8年くらい前、突然思い立ってピアノを習い始めたことがある。 小さい頃、リストの「愛の夢」で挫折した、と先生に言うと「それ、やりましょう!」といきなり「愛の夢」に挑戦することになった。 「45年以上弾いてないのに、しかもピアノを辞める原因になった曲なのに、先生、なに言ってるのー??」 と思ったが、それから1年がかりでなんと弾けるようになった。 45年ぶりのリベンジである。 先生、スゴイ!! しかし、1年間、ただひたすら、「愛の夢」。

    スキ
    8
      • シルバー人材センターで講演しました

        今月は講演多し。その1回目は(公社)福岡県シルバー人材センター連合会の研修会でした。 最初に全国の会長が講演され、その後、「女性活躍」をテーマにお話しました。シルバー人材センターに登録されている女性は3割くらいだそう。そこをもっと増やしていくのが今後の戦略なのだそうです。また、管理職や役員に女性を増やすという「女性活躍」の方針を出してその研修は初めてだということです。 福岡県内に42のシルバー人材センターがあって、その理事長さんたちが集まっていらっしゃいました。全員男性。6

        スキ
        1
        • 今朝は近くのカフェでモーニング

          朝起きたら何にもない。 昨日いただいたドーナツは夜食べてしまったし…。 お味噌汁作るか、うーん、面倒!えーい、外に行こう! と、近くのカフェに行くことにしました。 近くで朝9時からやってるところは、ロンハーマンかシロウズコーヒーか。 今日はシロウズコーヒーへ。 ここ、若い人が多いんですよね。 壁際は一人客。パソコン持ち込んで朝から仕事している人もいます。 テーブル席はほとんどカップル。若いなあ。 私は1人でテーブル席。カボチャパンのモーニンングを頼みました。 サラダに

          • クリームでキレイになりました!

            お気に入りの手袋の指先が白くなって、買い替えなきゃいけないのかなあと思っていたのですが、友人が「クリーム塗ったら?」と。 以前、靴用のクリームをバッグに塗ったら大変なことになっちゃって。。白い洋服が真っ黒!! でも、今度は大丈夫でしたよ。 Amazonで「革手袋 クリーム」と検索して入手。 バッチリ、キレイになりました。 よかったー❣️

            スキ
            1

            ルンバちゃん、がんばってる!

            ルンバするのも体力いる。 コードをひっかからないようにしたり、小さなテーブルを上にあげたり、カーペットを外したり。 今日はいっぱい眠って元気です。 しなければいけないことがいっぱい溜まってる。 台所片付けたら、とりかかろう! おなかがすいたので、ぜんざい、仕込み中。 できたよ❣️

            スキ
            3

            寒い!!母を思い出す冬。

            今年は寒い。寒くてたまらない。 がんに罹患したからだろうか。 抗がん剤の副作用で免疫力が下がっているからだろうか。 私が30代の頃、母が「寒い寒い。手足が氷のように冷たい」と言って、私にあったかくするようにと盛んに言っていた時期がありました。あったかそうな服をたくさん作ってくれました。自宅でも職場でも、厚すぎて出番のない服も多かったのですが。 もう20年以上前のこと。いくつか、いつか着るかなと残していた服があり、今年はそれを自宅でよく着ます。 あの頃、母は、いろんなところ

            スキ
            4

            あけましておめでとうございます。

            2021年の幕が開けましたね。昨年は未曾有のコロナパンデミックで、大変な年でした。環境が変わられた方も多いのではないでしょうか。私の2020年は、世の中全体の自粛に紛れるかのようにひっそりと闘病の時でした。 2020 年の始まりは、会社倒産から立ち直りつつある時でした。  「天神キャリア塾」は順調に毎月開催。 IT 企業女性社⻑ と始めた web 制作事業もパーソナルオフィシャルサイトを主力にしようと決まり、私の収入も安定してきました。分社化してフロイデギズモという会社

            スキ
            11

            フロイデールの初仕事、藤重知子さんのWEBサイトがオープンしました。

            7月から、フロイデールで仕事を始めた頃、たまたま話し方の先生、藤重知子さんとランチしました。「こんな仕事始めたんですよね」と話すと、 「私、ホームページ制作、お願いします!」と即答。 まだコンセプトも何もできてなくて、体制もできてない時に、仕事が決まってしまいました。ありがたい。「WEBディレクターを入れたい」という吉谷社長の声に、アヴァンティを辞めて楽天にいたブラックめぐみさんに声をかけると、ちょうど辞めようと思っていたところ。とグッドタイミング!そんなこんなで、フロイ

            スキ
            10

            リーチが1万を越しました。

            2月9日に開催する第8回天神キャリア塾「道なき道をゆく」のFBイベントページのリーチが1万を越しました。 年明けから3700が5000になり、8000になり、ぐんぐん増えて、今朝1万を突破。 個人でやってるイベントとして、すごいんじゃない。 というか、「上野千鶴子」ブランドがすごすぎる! 上野千鶴子さんは、日本の女性学を作った人、フェミニズムの旗手として、私たち世代やジェンダーや女性問題に関心が高い人の間では超有名、カリスマでした。去年4月、一躍ブレイクしたのが東京大学の祝

            スキ
            12

            書けなかった昨日。

            昨日、書こうとしたが書けなかった。 1年前の1月4日、破産開始決定。我が社は7日月曜が仕事はじめ。どっぷり正月休みの社員たちに4日金曜の早朝、メールと電話で突然召集の連絡をし、午後申立人弁護士、管財人と共に社員向け説明会を開いた。 この話を書くには、もう少し時間が必要。 時をみて、また、いつか書こう。

            スキ
            2

            終わりと始まりが重なった。不思議な符号。

            年末、はっとしたことがあった。 12月25日、最後の債権者集会が終わり、帰りぎわ、「これで株式会社アヴァンティは消滅した、ということです。お疲れさまでした」と申立人弁護士に言われた。昨年1月4日に倒産して、3月から計4回の債権者集会が終わった。破産財団が管理していた事業が全て終了した、ということだ。 寂しいようなやるせないようなほっとしたような、なんとも表現できない気持ちになった。その時、ハタと気づいたのが、「12月25日って、フロイデギズモの設立日だ!」ということ。

            スキ
            10

            吉谷愛社長と一緒にWeb制作会社を立ち上げた経緯

            「村山由香里」の初仕事昨年の7月から、株式会社フロイデールで非常勤執行役員として、吉谷愛社長と一緒に仕事をしている。 元アヴァンティ村山社長とWeb制作会社「フロイデギズモ」を立ち上げた理由」というコラムで、その経緯を書いてくださっているので、私は私の視点で書いてみたい。 1月、アヴァンティ最後の仕事をやり切って終わった後、 これから何をしていいのやら、何も思い浮かばないまま、とりあえず開業届けを出し、アヴァンティの残りの仕事をしたりしていた春、 「そろそろいかがですか〜

            スキ
            16

            あけましておめでとうございます。激動の2019年があけ、新しい2020年が始まりました。

            あけましておめでとうございます。 去年の今ごろは、会社の破産を誰にも言えずじっと家に籠っていました。 まもなく手放すことになる長く暮らした快適なマンションに心でお別れを告げ、お雑煮くらいは作ったかなあ。年末に、社員に4日に解雇予告手当を振り込む手はずを整え、全ての準備をしていました。仕事始めの7日より早く突然社員を召集しなければならなくて、その段取りを考えて息が詰まる思いでした。 先のことは全く考えられず、これから何が起こるのか、生きていけるのか、闇の中にいながらも、思い

            スキ
            4

            いくつになってもカッコよくいたいな。

            1年前から、サルサを習い始めた。 ラテンダンスのサルサです。 下手くそだけど、かなり楽しい。 ティエンポという、ラテン文化センターで、サルサやフラメンコ、ベリーダンス、スペイン語など、いろいろな講座があります。先生は、アルゼンチン人やキューバ人など。足を踏み入れるといきなり外国、って感じです。 運動不足解消という目的もあるのだが、1週間に1回だけでは、なかなか難しいですね。 先週、先輩女性に同窓会でお会いする機会があった。 多分、60代後半なのだが、同じ年の方と並んでい

            スキ
            3

            「何か」を始めれば、コトがまわりだす。

            「村山さんの復活イベント、いつしますか?」 アヴァンティオンラインの新編集長になってくださった藤本香織さんにそう言われたのは、2月か3月くらいだったでしょうか。 「4月にしましょう!セミナーでもパーティでもなんでもいいです。やりましょう!」 と元気に言われても、全然先のことは決まらず、考えられず、4月が過ぎ、5月が過ぎ、6月が過ぎ、7月になった時、「やっぱり、コレかな、えいっ」と、始めることにしたのが、天神キャリア塾です。ゲストを建築家の松岡恭子さんにお願いし、初回のテーマ

            スキ
            9

            建築家の松岡恭子さんをゲストに迎え、第1回「天神キャリア塾」、開催しました!

            7月最終日の31日、「天神キャリア塾」が始動しました。 ゲストは、建築家の松岡恭子さん。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 「刺激的な人に会いたい」 「今、時代がどう動いているか知りたい 「そんな考え方があったのか、と自分の価値観を揺さぶるような出会いが欲しい」 そんな好奇心と向上心あふれる人たちと一緒に成長できる場、それが「天神キャリア塾」です。塾長村山由香里がモデレータをつとめます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 そんなご案内でスタート

            スキ
            4