唐木 裕介/ NEXT PERSON CREATION

《未来へと届く美しい結婚式を》22歳で起業(現在32歳)/ブライダルサービスチーム育成を経験/フリーランスキャプテン・施行サービス改善コンサルティングをしています。https://www.instagram.com/free_captain.yusuke

唐木 裕介/ NEXT PERSON CREATION

《未来へと届く美しい結婚式を》22歳で起業(現在32歳)/ブライダルサービスチーム育成を経験/フリーランスキャプテン・施行サービス改善コンサルティングをしています。https://www.instagram.com/free_captain.yusuke

    マガジン

    • お気に入り記事

      面白い!!感動!!勉強になる!! 素直にそう思えたクリエイターさんの記事を まとめさせてもらってます!!!

    最近の記事

    • 固定された記事

    【拝啓、結婚式さま。】

    気づけば、、 note更新が止まって1ヶ月も経ってしまった。 決してサボっていたつもりはなくて、 この記事を書くまでにいろんな「気持ち」が交錯し、上手くまとめられず何度も下書きを作っては消しての繰り返しだった。 でもようやくその気持ちも整理がついて、 今日は何も特別な事を考えず、 ストレートに「結婚式」という 得体の知れないモノに向けての 想いを綴ってみる。 「拝啓、結婚式さま。」 もう気づけば、 「あなた」に出会って11年が経ち、 4月からは12年目へ突入します。

      • 【たった20分という世界の中で】

        『20分』 この短い時間で、 一体僕たちは何が出来るのだろうか? お風呂に入る時間。 髪をセットする時間。 定食を食べる時間。 僕の日常の20分はこんなもの。 だけど、僕はこの日。 この20分という短い時間で誰かの人生に触れ、 結婚式を創り、未来へと繋げようとしていた。 2022年3月19日。 まだ少し肌寒さの残る、春。 今回のフリーウェディングキャプテンの依頼は 『人前結婚式』のみ。 僕の長い「結婚式」「キャプテン」人生において 最も短い時間、刹那のクリエイティ

        • 【進もう。共に。】〜『WEDDING CAPTAIN CLUB』誕生〜

          2021年10月。 出張先へと向かう新幹線の中。 もの凄いスピードで流れ過ぎていく景色を見ながら、僕は1人葛藤していた。 そう誓い、フリーランスとして走り出して早1年と6ヶ月。 SNSを通してコツコツと発信してきた想い。 ウェディング業界の方との繋がりは広がり、 僕の発信に反応してくれる方は格段に増えた。 だけど、1年半も使い果たした割に、 理想の世界には、ほんの数ミリしか近づいていないような気がして。 新型コロナウイルス感染拡大とともに ウェディングパーティーは激減

          • 【芽吹いたあとは】

            気づいてみれば2021年も残り僅か。 大人の人がみんな言うけれど、 「歳を重ねるごとに1年が短く感じる」 ってのは本当のようだ。 2021年1月。 僕は「覚悟」という2文字と戦っていた。 会社を解散して、 フリーランスへ転身すると決めた時。 僕の中で決めた約束事。 自身の掲げたビジョンに向かい、全力を投じて 「3年以内」に芽が出なければ辞める。 とはいっても、 2020年は誰もが予期せぬ事態に見舞われた。 生々しく言うと、 コロナ禍により結婚式は激減。 仕事を貰え

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • お気に入り記事
            唐木 裕介/ NEXT PERSON CREATION

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【愛されるよりも、少しだけ】

            『愛』 だけど、きっと。 誰もが一度は「愛って何?」 そう考えたことがあるのではないだろうか? 僕自身。 『結婚式』というものを 真っ直ぐに追いかけている中で、 何度もその道の途中で現れてくるのが『愛』。 これまで何人もの先人達が「愛」に向き合い、 結局のところ世界共通の認識など生まれていないのだから、答えなんてきっとないのだろう。 それぞれに違うカタチがあるし、 どれが良いとか悪いとかもない。 そもそも、考える必要もないのかもしれない。 だけど、この正体に近づこ

            【結婚式の『真ん中』から離れるその日まで】

            最近ふと考えていたこと。 「僕はいつまで現役プレーヤー(キャプテン)で いられるのだろうか?」 こんなことを今考えても 仕方がないことなんだけど。 業界歴は12年。 僕も業界の中では中堅と呼ばれる世代となり、 年齢も32歳となった。 そして、どう足掻いても、 『引退』というその時は必ず来てしまう。 それだけは確かなこと。 しかし。いつか来てしまうその時までに、 僕には成し遂げなきゃならないことがある。 それは僕の中で勝手に持っている使命。 誰かに『線』を引かれるこ

            【1番近くで送る『祝福』】

            2021年7月5日。 この日は、僕の『大切な人』の結婚式。 この業界に入った時から、 僕の前を走り続けてくれた先輩。 僕が苦しい時、多くを語らず、 ただ真っ直ぐ信じてくれた恩人。 そして、共に『結婚式』のために、語り、 励まし合いながら歩んできた戦友でもある人。 僕の中での『大切な人』と過ごしてきた時間や 想いを振り返りながら、 彼の結婚式のことを綴っていこうと思う。 僕たちの出会いは今からおよそ12年も前のこと。 この業界に足を踏み入れた僕は、 当時、香川県で

            【僕の真ん中にあるモノ】

            最近、色んな人からよく聞かれる。 「唐木さんて、本当に結婚式の仕事がすきなんだね。」 でも、何故だろう? 僕はいつもこの問いの返答につまづいてしまう。 専門学校を卒業してから12年。 僕は『結婚式』に向き合い続けている。  このnoteを始めとする、あらゆるSNSでも 結婚式についての想いを綴ってきた。 寝ても覚めても結婚式のことを考え。 僕の中での喜び。不安や苦しみも。 その感情のほとんどは結婚式に向けられている。 だけど結婚式を好きなのか?と聞かれた時 『好き

            【ウェディングプランナーと共に】

            『ウェディングプランナー』 言わずと知れた、 結婚式創りのプロフェッショナル。 その『ど真ん中』にいる人。 『ウェディングキャプテン』という立場として ずっと結婚式創りに携わってきたが、 実は僕も「ウェディングプランナーになりたい」そう思っていた1人。 新卒入社した企業では プランナー配属となったものの。 研修の時。初めて見た結婚式。 新郎新婦の前を美しい所作でエスコートする その人(キャプテン)に心を奪われた僕だった。 キャプテンを何年かやったら ウェディングプラン

            【結婚式に対する僕なりの『覚悟』と『敬意』】

            結婚式についての想いの丈。 僕は幾度となくこのnoteに綴ってきた。 だけどやっぱりまだまだ書き足りない、 伝え足りないと、最近改めて思う。 もう、『新型コロナウイルス』が 猛威を振るい始めた頃から。 もう1年半という時間が経った。 当時、そのウイルスの脅威を知った時。 僕は一度『結婚式のチカラ』を疑ったのかもしれない。 ・密集、密接、密閉(三密)の中で感染率が急増してしまうこと ・正体がハッキリと掴めていないことでそこに対する価値観が全く違うこと ・薬、ワクチンが何

            【結婚式の中にある感情曲線。それは、まるで『人生』そのもの】

            僕はおそらく365日。 ずっと結婚式のことばかり考えている。 これまで見てきた美しい景色。 経験した大きな失敗。 そんな過去の記憶から どうしたら、 人の想いを体現し、届けることができるのか? どうしたら、 その日限りではなく、未来でも残り続ける 美しい結婚式を創れるのか? 僕はこんなことを考えながら12年もの間、 結婚式に向き合い続けている。 繰り返し何度も何度も、 同じところを回っていると思っていたのだけど。 気付かぬうちに、同じところではなく 次のステージを

            【僕の想い描く未来と、僕のこと/唐木裕介】

            以前も自己紹介を書いたのですが、、、 数ヶ月で状況も沢山変わってきたので 改めて僕の自己紹介も兼ねて、 いろんな想いを綴ってみたいと思います。 僕のことを少しでも深く、 知ってもらえたら嬉しいです。 宜しくお願い致します‼︎ ◆Profile NEXT PERSON CREATION (ネクスト パーソン クリエイション) 代表  唐木 裕介(カラキ ユウスケ) ●フリーウェディングキャプテン&サービス ●コンサルタント 1989年香川県生まれ。 ウエディング系

            【結婚式の『場創り』それは未来を創ること。】

            こんにちは。 NEXT PERSON CREATION フリーウェディングキャプテンの唐木です。 僕が最近SNSなどで、 多用している結婚式の【場創り】という言葉。 僕はここに今未来への可能性と、 大きな焦りを感じている。 そんな結婚式の『場創り』への想いを書きたいと思います。 ◆結婚式は今、変わろうとしている? 業界に入って12年。 現場最前線でキャプテンとして立ち続けてきた僕は、結婚式の真ん中で様々な変化を感じてきた。 演出も、衣裳も、デザインも 目に見える

            【Free Wedding Captainという選択】

            NEXT PERSON CREATION 代表 唐木裕介です。 2021年3月よりリリースとなった 『フリーウェディングキャプテン』。 先日6月6日軽井沢で初めての施行を無事に終えることができました。 このタイミングで、何故僕が 『フリーウェディングキャプテン』 という選択をとったのか? そこに至るまでの経緯と、 沢山の想いを綴っていきたいと思います。 ◆ウェディングサービスの確立と価値の向上 早いもので結婚式に携わって12年目を迎えた。 僕はそのすべてをサービスマ

            【美しい結婚式】

            2021年6月6日。 僕の地元香川県から600キロも離れた長野県軽井沢。初夏の軽井沢の朝はまだ少し肌寒い。 駅に降り立った時の、空気の鮮度の違いにはすぐに気がついた。 僕は今日この地で、また大きな挑戦の第一歩を踏み出すことになる。 『フリーウェディングキャプテン』 2021年3月より受注を開始したこのサービス。 結婚式場などの組織に在籍せず「唐木 裕介」として、ウェディングキャプテンのスキル一つで勝負をする。 ウェディング業界に、 そして未来の結婚式のために、 何か一

            【クレームの後に交わした握手】

            こんにちは!! NEXT PERSON CREATION 唐木です! ブライダル業界を中心とした、 人材育成、施行サービスコンサルティングをしております。 さて、今日は、 僕が実際に体験したお客様とのエピソードを ご紹介致します。 忘れもしない出来事で、 私のチームの『失敗』から、 とあるお客様が大激怒しました。 しかし、そのあと、、 お帰りになる時には お客様とはガッチリ固い握手を交わして、 笑顔でご挨拶をさせていただきました。 その時のお話や、 そこから学んだ