見出し画像

ブロックチェーンの過去記録の改ざんリスクが低下する理由

ブロックチェーンテクノロジーの根本は記録を残していく機能です。「記録を残す」ことはつまり「改ざんをされない」という部分に繋がっていきます。今回は「ビットコイン」を例に出しながら、なぜブロックチェーンは過去に遡るほど「改ざんリスクが低下」するのかを解説していきたいと思います。(ビットコインのブロックチェーンは「パブリックチェーン」と呼ばれるものです。パブリックチェーンについてはこちら

ビットコインのブロックチェーン

まず、ビットコインブロックチェーンの事を簡単にご説明させていただきます。ビットコインのブロックチェーンは取引記録を載せていき、参加者全員が閲覧可能な状態にします。取引記録がある一定の数量たまるとまとめられ、不正な取引が無いか検証がなされます。検証後に正当な取引記録のまとまりだと認められた場合には次の取引記録のまとまりが作られていきます。取引記録のまとまりが「ブロック」のように見えるのでブロックと呼ばれます。そしてそのブロックが次々とつくられていく際に、前のブロックの一部を次のブロックに組み込みます。そうすることで、前のブロックのデータを改ざんした場合、次のブロックに不都合が生じてしまいます。ですので改ざんを行う場合は後に連なるデータを全て改ざんしなくてはならなくなります。前のブロックと後のブロックが繋がっている様子が「チェーン」のようなので「ブロック」「チェーン」と呼ばれるのです。

過去のブロックが改ざんされにくくなる

上記内容よりブロックチェーンは性質上、時間が進むほど過去ブロック(取引記録)の改ざんのリスクが減少していくことになります。

前のデータを改ざんするには後のデータを全て改ざんしなければならない為、既に承認されたブロック(作られたブロック)は改ざんリスクが限りなくゼロになるまで減っていくのです。最新の作られているブロックが最も改ざんリスクが高く、最古のブロックの改ざんリスクが最も低くなります。ビットコインの取引は時間が経てば経つほど信頼できる取引になっていくのです。

ですので現在進行形で作られるブロックが正しいかどうかは厳密に言うと分かりません。不正を働く参加者がずっと善良な参加者の計算処理能力(ブロック作成パワー)以上をパフォーマンスし続けた場合、不正なブロックは作られ続けます。理論上、このような事態を起こす事は可能です。しかし、それに必要なパワーを集めるのに莫大なコストがかかること、そして不正なブロックを作り続けてビットコインの信頼が失われては誰も得をしない(不正を働く参加者も。ビットコインの価値が無くなる為。)のでこのような事態は起こり得ません。

計算上で不正を無くすのではなく、現実的に(不正を働く参加者の動機も含めて)ゼロにすることで現在の取引であっても私たちは信用することになります。これはビットコインのブロックチェーンに決められた「一つ前のブロックデータを次のブロックに埋める」や「最も長く続くブロックチェーンを信頼する」といったルールのもとに動いているからです。

まとめ

ビットコインとブロックチェーンのシステムはテクノロジーと人間の経済行動を利用した独自の合意システムに基づき成り立ちます。ビットコインやブロックチェーンを学ぶことは将来の社会の在り方に関わる事を学ぶことかもしれません。

※今回説明させていただいたのはビットコインのような「パブリックブロックチェーン」の仕組みになります。企業が開発する「プライベートブロックチェーン」には当てはまらない性質です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9