【高齢出産ママの資産づくり奮闘記】きょんちゃん

🎈38歳•42歳で高齢出産 🎈0歳4歳の姉妹ママ︎︎︎ 🎈🐈🐈猫2匹 🍫チョコ🍞パン好き 育休中に始めた投資の勉強を実らせて収入アップ。 スクールとコミュニティの魅力「誰でも収入アップ!」を広めて、地元山梨を盛り上げていくのが目標。

【高齢出産ママの資産づくり奮闘記】きょんちゃん

🎈38歳•42歳で高齢出産 🎈0歳4歳の姉妹ママ︎︎︎ 🎈🐈🐈猫2匹 🍫チョコ🍞パン好き 育休中に始めた投資の勉強を実らせて収入アップ。 スクールとコミュニティの魅力「誰でも収入アップ!」を広めて、地元山梨を盛り上げていくのが目標。

    最近の記事

    「人を稼がせる」ことができる?

    投資スクールに入って 学び始めて、 数ヶ月が過ぎた頃です。 大型新人さんが中園チームに入ってきました。 この方、元々大きな組織のリーダーさんだったそうで 資産が十分になったので、半引退の状態だったそう。 それが、この投資スクールと中園コミュニティの話を聞いて、 自分もやろうじゃないか! って思ったんですって。 その方が言うには、 前の組織でもうまくいってたが 全てのメンバーを稼がせることはできなかった。 それが残念だった。 でも、この投資スクールと中園コミュニティだっ

      • 願いは叶う

        新年明けましておめでとうございます。 私、一年の抱負を決める、 ということを長いことしていません。 夢を語ったところで なるようにしかならないよね… という諦めで生きてきました。 夢を見ることを放棄。 ところが昨年 投資のスクールに入ったことで 夢を抱く素晴らしさを知ることとなりました。 このスクール、2013年にアメリカで生まれ、 今や世界で60万人が学ぶ優良スクール。 バイナリーオプション FX 株の取引 マインドセット ネットビジネス など学ぶことが

        • 時間を生み出す努力をする・継続する

          私、0才と4才の子どもたちをワンオペで育ててます。 今育休中は 朝起きてから夜寝るまで、ずっと子どもと一緒。 子どもが寝てる時は家事。 仕事復帰後は 子どもが保育園の間は仕事。 お迎えに行ってからはずっと子どもと一緒。 子どもが寝てから家事。 自分の時間は本当に本当にひとつもないんです。 ケータイ触る時間もない。 それでも、未来のために 投資の勉強をしたいし、不労所得を作りたいんです。 仲間には既に、 毎月ドルの不労所得を得てる人が増えてて。 私も追いつきたい。 時

          • 頑張ってるのにー!と嘆く前に

            私は頑張り屋さんです。 そして真面目で頑固です。 そうすると、学生時代なんかは隠キャでしたが 成績は良く、まぁ学業では自信もありました。 それがビジネスとか社会とか 稼ぐとかいうことになると、 あんまりうまくいかないんです。 頑張ってるのに、認められない。 時間をかけているのに結果が出ない。 勉強しているのに…!! やる気はあるのに…!!! 嘆いていたんですが、 最近になってやっと 頑張り方を間違えていたってことに気づきました。 時間をかけて真面目にやって 結果が出

            世界で60万人が学んでいる○○

            ◯◯には、「投資スクール」が入ります。 あー怪しい って思った人! まず読んでみてください。 私も最初怪しいって思ったけど なんなら説明聞いても怪しいって思ったけど! 自分の目で見てみたら しっかりした素晴らしい学校だったのです。 さて私 2021年の1月に次女が生まれて、育休に入りました。 思ったことは、「お金が足りなくなるよね!」です。 私、43歳の高齢出産。 次女が20歳を迎える頃にはもう63歳。 働けど働けど養育費に消えるこれからのお給料でしょう。 さら

            成長スピードが速い人ってどんな人?

            次女は 成長スピードが速いです! 噂には聞いてたけど、上の子を見て、追いかけて、何でも真似して。 (お姉ちゃんは迷惑そうだけど) いつも一緒のことしたがる。 もちろん最初できないんだけど、すーぐできるようになってるの。 その、やりたい→できた までのスピードが速くて、驚いてます。 上の子のときは こわごわ… 失敗えーん! やらない… みたいなのが長かった気が。 下の子の成長が速いのは ぜーったい、追いかける背中があるからですね 親じゃなくて「お姉ちゃん」っていう

            円安って私に関係あるの?

             ちょっと前まで、日本の経済とか国際状況とか、あまり興味がありませんでした。どうなるか分からないし、私がどうこう言ったって何も変わらないし、考えるだけ無駄無駄、と言う気分。  幸い大学を出てからすぐに安定企業の総合職に就職できて、地方在住の女性としては、結構いい待遇でお給料をもらえている。  このまま定年まで何事もなく過ごせる。そうしたら退職金も出て、住宅ローンも完済できるし大丈夫、安泰。一人娘も大学まで出させてやれるだけの余裕はある。  …と思っていたんですね。  とこ

            他人軸で生きてはいけない

            今の投資スクールで学び始めてから今月で7ヶ月目。 投資も世界情勢も全く関係なく生きてきたので、右も左もわからず。それでも毎日1時間の勉強を自分との約束でやってきたら、11月はほぼ毎日、利益が出ました。月の利益でいくと、1万円が5万円になった感じ。 (例えばですよ。実際の金額を出すのはなんかちょっと嫌ですもんね) やったーーー! 頑張った結果が出てきて、嬉しいし、やる気アップ! 私の同期はすでに 「10月は薬剤師の月収を超えました」 とか言っていたので「自分劣等生です…

            ちーさいローソク足が好きな理由

            育休に入って3月末から始めた投資の勉強も、11月で8ヶ月に入った。「何がなんだかさっぱり」という時期を過ぎて、少しチャートと仲良くなってきた感じがする。 私が見ているのは「ローソク足チャート」というもので、これは、日本発祥の表現方法なんだって。(へー!)これを見ながら、最高値がどこで、最安値がどこで、次の値動きは上がるのか下がるのか分析をするわけです。 このローソク足の動きをずっと追いかけてきた8ヶ月。 ローソクたちに性格があるようで、可愛く見えてくるから不思議です。

            46歳で亡くなった母と42歳で出産する私

            私の母は乳がんが原因で亡くなっていて、享年46歳。その当時、私は高校2年生。 身の上話をすると「大変だったでしょう」「苦労したんだね」と言われることも多いですが、当事者としては「できることしかやってきませんでした」と言う感じで特に苦労人だという認識も無いものです。 ただ、振り返ってみるとやはり、母の存在は娘にとって大きいもので、自分の生き方の根底に根付いているのは、母なんですね。 母が亡くなってから、「46歳で亡くなる人生」が人生の前提として私の中に根付いてしまったのは