見出し画像

30歳までに転職すべきか

転職マーケットには色々な都市伝説があります。
その中に「〇〇歳、転職限界説」との説が
まことしやかに語り継がれています。
(30歳、35歳、40歳・転職限界説など)

30歳を超えると求人が激減する?

で、今回は「30歳までに転職すべきか?」です。
20代のうちに転職活動をした方が転職先を
見つけやすいと思う人は多いでしょう。

それが高じて30代になってしまうと、
転職先が無くなるのではないか…
と言う不安が生じるのも理解出来ます。

また、求人サイトや転職エージェントも、
利用者(転職希望者)を集客する為に、
「30歳になると転職が難しくなります」
「転職するなら今ですよ!」
とマーケティングの為に発信しますよね。

ただし、結論から言えば、30歳になっても
求人はいくらでもあります。

別に30歳に高い壁がある訳ではありません。
ましてや今は未曽有の若手人材不足。
28歳でも29歳でも30歳でも、同じです。
1,2歳の差なんて大して影響しません。
(もし希望の仕事に転職するのが難しい場合、
おそらく年齢以外に要因があります)

今、求人は大量にあります。
中途採用ビジネスのキャッチコピーを
真に受けて焦る必要はありません。

30手前で悩むのはなぜ?

ただ、30歳を手前にした20代後半の時期は
転職を意識する人が増える時期でもあります。
20代と30代の間には一つの節目がある様にも
感じる人が多いのかも知れません。

この時期にどんな悩みが生じているのか。
それは「このままで良いのだろうか?」という悩みです。

就職して経済的に独り立ちして、
仕事をするようになってしばらくたったのが
アラサーの時期です。

順調にキャリア形成をしてきた人も、
思い通りになっていない人も、
この時期に悩むことが増えてきます。

仕事を覚えてお客さんや会社の役に立って
それなりに仕事が充実している人も、
「自分が選んだ今のキャリアは間違っては
いないのだろうか?」と不安になります。

一方で、初期のキャリア形成が上手くいかず
不本意な状況にある人は「今のままで大丈夫か」
「自分にはこれだという専門性が無い」と
不安になるでしょう。

20代と30代の節目であるアラサーの時期には
自分は何者かというアイデンティティを
確立したいという思いが高まります。

ですから、上手くキャリア形成出来た人は
自分の選択が本当に正しいのか不安になり、
不本意であった人は自分とは何者かと
はっきりと言えない状態に不安になるのでしょう。

まずは自己理解

アラサーをはじめ人生の節目の時期に
悩んだときは不安ですから、
さっさと答えを出して悩みを終わらしたいものです。

しかし、深く考えずに転職しても
会社が変わっただけで何も変わっていない
ということになりかねません。
それでは問題の先送り。

まずは、自分は何を求めているのか、
自分に向き合って考えましょう。
そもそも仕事を通じて何を実現したいのか。
あるいは仕事で満たしたい欲求は何か。

これら自分自身が求めていること、
自分自身の価値観を把握することが大切です。

その上で、その思いや価値観を満たす為には
今の仕事では難しいのか。
もっと他にその欲求を満たすことが
出来る仕事があるのか。
考えて、リサーチしていけば良いのです。

自分が求めていることを知らずして、
自分が納得感を持てる仕事が何かなんて
分かりません。
ましてや、転職をすべきかどうか、
判断をすることは出来ませんよね。

アラサーの節目にキャリアを振り返る

30歳を超えても求人はありますし、
転職は可能です。
ですから、転職先が無くなるのではないか
と焦る必要はありません。
ただし、アラサーは自分とは何者か、
アイデンティティを確立したい時期です。
これが定まらないと不安になるのです。

この時期に一度立ち止まって、
自らのキャリア、人生を振り返ることはお勧めです。
その上で、今の仕事を続けるのか、
あるいは自分の思いや問題意識を満たす為に
転職をするのが良いのか、
冷静に判断をして30代を迎えるのが良いでしょう。

(2022年7月4日)
山本恵亮
一級キャリアコンサルティング技能士
プロフィール

<お役立ちツール>
価値観のワークシート(無料)
自分の価値観をみつける為のツールです。
質問に答えていくことで、自分が大切にしている価値観を明確にできます。

この記事が参加している募集

仕事について話そう

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?