井の中の蛙になってない_

「〇〇から求められるリハビリ」を目指そうって言ったってねえ・・・

ケアマネさんと連携をしっかり行って、ケアマネから求められるリハビリを目指そう!

地域から求められるリハビリを目指そう!

って言うよな文言を最近見たんですよね。

そういった研修会とかシンポジウムを否定するつもりはないんだけどね。

周囲はそんなにリハビリテーションを求めてくれているのかな?

もっというと、

周囲が求めているリハビリテーションと僕たちが現場で提供しているリハビリテーションはマッチしているのかな?

まわりから期待されていることを実践できているのかな?


2015年の介護報酬の改定で新設された、生活行為向上リハ実施加算の研修会を受講されたリハ専門職はたくさんいるよね。

活動と参加に対してアプローチすることが求められて新設された加算なんだけどね、毎月わずか400件しか算定されていない。


まわりからの期待に応えているって言えるのかな?

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定直前マガジン(やまだstyle vol.9)」に含まれています。

マガジンは2000円で販売しています。このマガジンは平成30年4月までコラムを連載しますので、マガジンを購入される方がお得です。少なくとも15本以上のコラムを掲載します。

マガジンの全内容はこちらで確認していただけます。
⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m88d391295049

=====ここから続き========

まわりから何を求められているのかな?

この続きをみるには

この続き: 1,240文字

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やまだリハビリテーション研究所

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。