批判されたり

コラム6 「批判やクレームや意見をいただくことと経験の積み重ね」

新規ケースのサービス終了後にはケアマネさんへの連絡は、なるべく初期対応としてルーチン化するということをいつも講演では伝える

だけどそういったことを実践しているセラピストは少ないようだ。

別に自慢することではない。むしろ失敗を重ねた結果から築き上げた行動だ。いろんなクレームの中から積み重ねて到達した考えのひとつです。

私が介護老人保健施設で通所の管理部門を担当していたのは、今から15年以上も前。そのころから

いただいた意見やクレームを

どうしょうもないから、聞き流すのか
解決手段を模索するのかということの差は大きい

ちなみに批判やクレームの来ないリハビリテーションを実践することはそんなに難しいことではありません。

だけど、批判やクレームの来ないセラピストはいません。

だからこそその批判やクレームをどう生かしていくのかってことが求められる。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2019年版 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える(やまだstyle vol.11)」に含まれています。

マガジンは5000円で販売しています。このマガジンは2019年12月まで継続してコラムを掲載します。マガジンを購入いただくことで、2019年末までにここに掲載する

コラムを読んだり、研修会の資料のダウンロード
定期的に開催するオンライン講義への参加が可能となります。
オンライン講義の録画動画も掲載します。

単品購入よりもマガジンを購入される方がお得です。
マガジンに掲載しているすべての一覧こちらで確認していただけます。

現在掲載しているものすべてと、2019年末までに追加掲載するものすべて利用できて5000円です。

https://note.mu/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

今回のコラムにはこんな事を書いています

・すべてのクレームには対応できない

・対応の一例

・医療人の常識と素人の常識は異なる

・事業所としての方針をきちんと決めよう

=====ここから続き========

すべてのクレームには対応できない

いわゆる「言いがかり」「モンスター」みたいなものは医療業界や介護業界にも存在する

続きをみるには

残り 2,870字
この記事のみ ¥ 300

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。