黙々とリハビリしているセラピストへ

もっと話しながらリハビリしたらいい

会話は情報収集だってことをわかっているかな?

なんだか自分の治療手技に酔ってでもいるのか、黙々とリハビリテーションしている人がいる。

たまに研修会の打ち合わせなどでリハ室の見学をするが、静かにリハビリテーションしているなって感じることがある。

リハ室で授業とか講義してるわけじゃあないでしょう!

私語厳禁なのか?

会話することの意味を分かってますか?

リハビリテーションは修行ではないので、黙々とやらなくていい。

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2018年同時改定直前マガジン(やまだstyle vol.9)」に含まれています。

マガジンは2000円で販売しています。このマガジンは平成30年4月までコラムを連載しますので、マガジンを購入される方がお得です。すでに30本以上のコラムを掲載しています。

マガジンの全内容はこちらで確認していただけます。
⇒https://note.mu/yamada_ot/m/m88d391295049

=====ここから続き========

在宅で気づくこと

続きをみるには

残り 2,064字
この記事のみ ¥ 300

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。