対魔人・アキ

12

対魔人アキ・第2部『新日世界大戦-シンジツ・アポカリプス-』プロローグ2

今日、隣の部屋の住人が連行された。私の秘密通報の結果だ。

騒乱準備罪。多分それだ。KONKONKON「はい、今開けます」ドアを開けるとそこには警帽をかぶった『兄弟』が立っていた

「ご苦労様です。どうぞ、お茶を淹れましょう」私は『兄弟』を招き入れ紅茶を淹れた。「キミの協力のお蔭で市の治安は良くなってきている。本当に感謝しているよ」『兄弟』ははにかんでいる。

「いえ、お役に立てることがあれば、何

もっとみる

対魔人アキ 『ハイウェイを遡る死神!!』◆冒頭800文字◆

「今回の依頼はシンプルだ。幻魔暴走族『デス・サイド』を潰す」アキはエナジーゼリーを飲み干すと端的に言った。

コリヤマ内環状線、アムクマ・ハイウェイ。山間のこの区間はまるで蛇のようにのたうっている・・・・その腹の上に、二台の二輪マシンがアイドリングしている

「簡単にゆうなァ、割とデカい戦だぜ、コレ」レオが答える。

「ナツメの情報通りなら出現は約15分後、奴らの出現と同時にレオ、キミがワイヤーを

もっとみる

対魔人アキ・第2部『新日世界大戦-シンジツ・アポカリプス-』プロローグ

≪親愛なる国民の皆様へ決戦省からの重大発表です。優先してお聞きください≫

日曜日の正午の事。その瞬間全てのメディアが政府からの発信に切り替わった。

≪「ドーモ、私は決戦省の上級官僚幻魔、ストローマンです。新日帝国民20億人全員にお伝えします。今日正午を以って、我が国はアメリカ、イギリス、日本と戦争状態に入りました。」≫

家庭TV、街頭電子広告、ラジオ、個人用情報端末に至るまで全ての媒体が共振

もっとみる

対魔人アキ ~幻魔式無慈悲型殺陣トレーニング~後編

「グワーッ!」前回までのあらすじ。アキの師匠が講師として招いた幻魔バーンは授業料のとしてアキの肉体を要求してきた!交渉の末、試合でアキが負けた場合にそうすることになったが、彼は恐るべき使い手であったのだ!試合は一方的展開に・・・・どうするアキ、あやうし!

「シャアッ!」「グワーッ!」「シャアッ!」「グワッ・・・イヤーッ!」「む!シャアーッ!」「グワーッ!」散発的なインファイトでフーセンを狙うが、

もっとみる

対魔人アキ

これまでのあらすじ
師匠の言いつけで単身、コオリヤマ中心部におつかいにやってきた対魔人・アキは、幻魔の狩りの標的となっていた!それを知ったアキは人口密集地での戦闘を避ける為、敵を路地裏に誘い込む。しかしそれは、幻魔・ウォータージェットの狡猾な戦略でもあったのだ!

「ドーモ、俺はウォータージェット。あの距離から俺に気付けてたのか?手間は省けたが…対魔士にしちゃあデキルな、エ?」 「どうも、ウォータ

もっとみる

対魔人・アキ ◆型殺陣orトリート!ハロウィン仮装幻魔を討て!◆ 4

「テロだ!!オオメダマビル!何か爆発した!!」無線機に叫ぶ警官「シダ!現在位置だけ報告しとけばいい!避難誘導重点だついて来い!」二人の警官は逃げまどう人々をかき分け、オオメダマビルに向かって走り出した。仮装一般参加者は右往左往し、混乱し、右も左もなくバラバラに逃げまどっている。まさに恐慌状態!危険だ!

何を優先してやる?人々に落ち着いて行動するよう呼びかけるか?・・・・NO。では避難誘導に徹する

もっとみる

対魔人・アキ ◆型殺陣orトリート!ハロウィン仮装幻魔を討て!◆ 3

「わあ、やっぱり混んでるね」「ここでカウントダウンするんだ、当然だろ?」「日付が変わるまで外にいるのはじめて!」「オレも!」10月31日のウネメストリートは前代未聞の活気に満ち溢れていた。

SNSで拡散したハロウィン仮装行列の呼びかけは、22時現在で7000人もの人々を集結させるに至った。受験や仕事のストレスを発散したい者、インスタグラムで閲覧数や良いを増やしたい者、或いはそれらの浮かれた人々を

もっとみる

対魔人・アキ ◆型殺陣orトリート!ハロウィン仮装幻魔を討て!◆ 2

踊るように練り歩く魔女やゾンビたち。その頭上、ビルからビルへ飛び渉る二つの影・・・・

「アキさんよ、テロのやり口までわかるか?アンタの編纂した情報で」「大規模なものだ、皆殺し規模の」「5、6000人をか?一気に?」「可能だ、オオメダマビル・・・・あれを通りに沿って倒せば・・・・今の人口密度なら2000人は犠牲になる」「大したもんだ、そりゃ」

レオはビルの鉄柵を蹴って20m先の貯水タンクに着地す

もっとみる