小説【アコース・ティックブルー】夢を忘れたくない全ての人へ。

19
記事

小説【アコースティック・ブルー】Track6: Paint it,Black #2

白い壁が疾走する靴音と荒々しい息遣いを大きく反響させる。  SEIICHIは事故の一報を受けて急...

小説【アコースティック・ブルー】Track6: Paint it,Black #1

「どういうことだ、これは?」  ネットニュースのプリントアウト記事を突き付ける海老名の冷...

小説【アコースティック・ブルー】track0: Introduction

ステージを照らすスポットライトの光が弱まり、足元のフットライトが淡い光を放ち始める。  ...

小説【アコースティック・ブルー】track1: SLOWDOWN #1

ノイズ混じりの古い録音。  薄い膜を張ったような少しくぐもった音声データには、柔らかな音...

小説【アコースティック・ブルー】Track1: SLOWDOWN #2

どこまでも透き通る歌声が、吐き出す煙草の煙とともに冷たい夜の闇に溶けていく。相変わらず無...

小説【アコースティック・ブルー】Track2: I still haven't what I'm looking for #1

「コチラが来春発売予定の新モデルです」  差し出された一枚のプリント用紙を覗き込むセイイ...

小説【アコースティック・ブルー】Track2: I still haven't what I'm looking for #2

「オーディション?」  録音作業に追われるスタッフ達の傍らで、TASKの歌録りを見守っていたIC...

小説【アコースティック・ブルー】Track2: I still haven't what I'm looking for #3

生バンドの演奏があるのは週に二~三回。  JazzyNightやRockNightのような特別なイベントがあ...

小説【アコースティック・ブルー】Track2: I still haven't what I'm looking for #4

「オーケー、お疲れKANON」  ミキシングブースからレコーディングブース内に声をかけるセイ...

小説【アコースティック・ブルー】Track3: Time after Time #1

ロココ調の椅子やテーブル。細かなダマスク柄が描かれたベージュの壁紙には年代を感じさせる日...