見出し画像

インドカレー屋でサラダにかかってるオレンジ色のドレッシングはどこで手に入りますか?

このnote。会社で動画制作を手がけているクリエイターチームがみんなでやってるブログなんですが、土曜の枠だけ空いてるとかで。この前の飲み会の時に「あっいっすよー、書きますよー」なんて軽はずみなことを言うもんじゃないですね。

自己紹介が遅れましたが、同じ会社でやってる『笑うメディアクレイジー』の広告記事を担当しているサイトーです。今日は記事広告とはなんぞや!ということを熱く語ろうかと思ったのですが、私なんかペーペーなので特に語ることがないんです。
そして「何を書いてもいい」と言われると、逆に書きにくくなるのはなんでなんででしょうね。

ということで突然ですが今日は「インドカレー屋のサラダに必ずかかってるアレ」のことについて書きたいと思います。

あんなに美味しいのにスーパーで取り扱っていないという不思議

なんで急にインドかというと、先日インドカレー屋に行ったんです。やっぱりサラダにかかってました。アレが。
私、ドレッシングなんて「しょっぱければなんでもいいだろう」というスタイルで生きてきたんですが、アレだけは他のドレッシングと一線を画して好きなんです。あんまりしょっぱくもないから、そのまま器によそって冷製スープとして味わいたいくらい好き。

今すぐにでも何かにかけたいあのドレッシング。でも、アレがスーパーで売っているのを見たことがないんです。
いや、ないですよね?

あんなに美味しいのに誰も正式名称を知らないという不思議

あのドレッシング、どぎつい色をしているのは人参やパプリカが入っているからだそうで、調べてみると「人参ドレッシング」とか「パプリカドレッシング」「エスニックドレッシング」「インディアンドレッシング」など様々な呼び方で呼ばれています。ただ正式名称がイマイチわからないんです・・・。

あんなに美味しいのに、みんなが存在に注目していないから特定の名前が認識されていないのでしょうか。不思議ですよね?

少し前に「人参ドレッシング」という名のドレッシングが、スーパーで売られていたので「これは!」と目を輝かせて買ってみたんです。でもそれはインドカレー屋のものとは全くの別物でした。

その後も諦めきれなくて、アレの入手経路を粘って探しているとついに見つけたんです!埼玉県の八潮市にあるインドカレー屋が売っているらしいぞ。という情報を。


もう売っていませんでした。


あんなに美味しいけど手作りするまでじゃないという不思議


いや、手に入れる方法ならありますよ。手作りすればいいんです。レシピはいくらでも見つかります。

でも作りたくないじゃないですかドレッシングなんか。ミキサーを洗うのは億劫だし、手作りのものは日持ちしないし。なにより、かけたいときに気軽にかけられない。そんなものは私にとって無価値なんです。

こんなに私が欲しているので、私以外にも欲しいという人が世の中には絶対いるはず。なのに売っていない。需要と供給のバランスが全く成り立っていなんです!あんなに美味しいのに!!!
なぜ企業は作ろうとしないのか?不思議でなりません。本当に好きなんですよ、あのドレッシング。でも、どんな味かと聞かれても上手く説明できない味をしている不思議なやつ。

長くなったのでここまでにしておきます。ここまでインドカレー屋のドレッシングを熱く語ってしまいましたが、この記事の中に「実は買えます!インドカレー屋のアレ!」っていう商品サイトへのバナー広告があったら、クリックしてみたくなりませんか?バナー意地でも踏まないマンの私でも押したくなります。

そう、これからの広告って、いかに無意識のユーザーに興味をもたせることができるか、それが求められると思うんです。

今の時代、インターネットサイトやアプリはバナー広告で溢れています。ご親切にグーグル先生が、普段の検索履歴からその人に最適な広告を自動表示したりまでしてます。

ただ単に広告をユーザーに見せて「モノやサービスを買ってもらう」だけなら、それでいいんでしょうが、それだと新しい発見がない。あくまでその人の既存認識内のものしか宣伝できません。
つまり「今までなんとも思っていなかったのに、いつの間にか興味を持ってしまった!」そんな新しい発見が今のメディア広告には不足していると思うんです。これは広告が果たすべき役割の範疇を超えているのは分かっています。でも「いかに何人に見せることができるか」という現在の質量一辺倒のメディア広告を何とかならないかな、なんて私は思ったりしているんです。

「広告記事だけど面白い!」「スポンサード表記がついている記事は、今まで避けていたのに読んじゃいました!」というユーザーからのリアクションがもらえるように、日々、広告記事を作っています。

と・・・まあ、適当に書き始めたこの記事ですが、なんか真面目なカンジになってきたので今日はこのへんで。
ちなみに、インドカレー屋に行ってチーズナン食べないやつは人生損してると思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プリーズフォローミー!
17
面白い映像を作ることに命を懸けた映像制作チーム。映像・動画・広告・デザイン・映画などについて語ります。

こちらでもピックアップされています

サイトー
サイトー
  • 12本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。