見出し画像

【お正月企画】おみくじARを作ってみた【ARデザインとAeroのヒント①】

あけましておめでとうございます!
今年もARアプリ作りをたくさんやっていき、開発時のノウハウやヒントなどを発信できればと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

お正月恒例!今年のARアプリは「お正月ガチャ」

さて、昨年からAdobe Aeroを使ってお正月用のARコンテンツを作りはじめました。(去年の記事です↓)

前回はただ眺めるだけのものだったのですが、
今年はおみくじ要素を加え、遊べるコンテンツにしてみました。
それがこちらです!!↓

iPhoneであれば専用アプリを入れていなくてもARが見られます。
ぜひQRコードの読み込み、もしくは以下のURLからおみくじARを体験してみてください。

AR体験ができるQRコードです


ARデザインとAeroのヒント

この記事では、「お正月ガチャAR」を作る際に工夫したことや、気づいたデザインのヒント、Adobe Aeroのノウハウを紹介します。

【1】 ARを見る画角を意識したレイアウトに

ARの絵作りは、ARを見る画角を常に考える必要があり、その意識を怠ると伝えるべき情報が抜けてしまうことになります。

例えば今回の場合、画角はスマートフォンを片手に持って見るシーンを想定していたので、縦長の長方形になります。
長方形の画角だと、ARオブジェクトを横並びに配置すると、画面の中に入らず存在に気づいてもらいづらくなります。以下の画像ではアプリのタイトルや説明文が全く入っていません。

横並びの例

アプリタイトルを富士山の上に、説明文を富士山の手前に配置することで、伝えるべき情報がしっかり目に入るようにしました。
ARは現実空間と同じく”奥行き”があるので、うまく利用して画角に収まるように配置していきましょう。

縦と奥行きを使った例


【2】 ボタンは押しやすい角度を意識して

机のような平面に表示するARでは、スマートフォンを平面に対して斜めにして構えることになります。その姿勢を意識して、タップ操作がしやすいUIにする必要があります。
今回はスタートボタンがスマートフォンからだいぶ下の高さにあります。角度がついていない状態ではボタンの形がつぶれて、テキストも読みづらくなっています。
そこで、スマートフォンの角度に合わせるように、15度ほど斜めにしてあげることで、ボタンは正面を向き、押しやすいものになります。

正面から見た様子

ボタンの下にあるテキストも斜めにしました。ストレスなく読むことができるようになっています。
特に読ませたいテキストやアプリ内で重要なUIは、ARを見る姿勢に合わせ、意識した表示にしましょう。

横から見た様子


【3】 無理に向きをカメラに合わせない設定

Aeroには、オブジェクトの正面を常にカメラの方向に向かせる設定があります。これを大吉が当たった時の吹き出しコメントに使ったのですが、スマートフォンを上下に移動させると不自然な表示になってしまいました。

吹き出しが上を向いてしまい画面が崩れてます

解決方法は、「照準」の設定画面内にある「看板のみ」にチェックを入れることです。この設定をすると、左右の向きのみカメラに合わせてくれます。

左右のみにしたい場合は「看板のみ」にチェック!

スマートフォンが上にあるときでは、吹き出しコメントが向かなくなりました。

上下の追従をしなくなりました


まとめ

今回はお正月のために作ったARコンテンツをもとに、ARデザインのヒントを紹介しました。
AeroはノーコードでARコンテンツが作れるので、いろいろ試してみてください。試せば試すほど、実際のアプリ開発に活かせるノウハウが見つかるはずです。

次回はお正月ARから気づいたノウハウ第2弾!
予定としては、「Aeroでランダムっぽく見せる方法」「ボタンのタップと効果音のずれを解消する方法」など、Aeroの技術的なヒントを中心にまとめて紹介します。
ぜひ、次回も見てみてください。

参考になったよ!という方は「スキ」&「フォロー」をお願いします。

今後もUIデザイナー向けUnity使い方やUXUIデザインで気づいたことなど、XR関連の記事を書いていきます。

では、また次回!

#Aero #AR #XR #Adobe #UXデザイン #UIデザイン #開発


この記事が参加している募集

#私の作品紹介

96,064件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?