見出し画像

犬のウェットフードおすすめランキング!1位はブッチドッグフード

今回は、ウェットドッグフードの選び方やおすすめの商品などについてまとめてみました。

いつもよりちょっと贅沢な気分を味わうことができるウェットフードは、手作りのような味わいでワンちゃんの食いつきも良くなります。

ドライフードを与えている飼い主さんも多いですが、必要に応じてウェットフードを取り入れていくのもおすすめです。

ウェットフードが気になっている飼い主さんは、参考にしてみてくださいね。

>>今すぐウェットフードランキング1位を見たい方はこちら

良質な犬用ウェットドッグフードの選び方!3つのポイント

ウェットフード選びには、覚えておいて欲しい3つのポイントがあります。

愛犬には、質の良いドッグフードを与えたいですよね。

これからご紹介させていただくポイントを踏まえて、選んでみてください。


1. 良質な原材料

言うまでもないことのようにも思える原材料の品質についてですが、安価なドッグフードには、ほぼ必ずと言って良いほど、原材料に何らかの問題があります。

4Dミートと呼ばれる、本来であれば捨てるべき部位を原材料として使っていることも少なくありません。

原材料の品質については、必ず確認するようにしましょう。


2. 無添加である

ドッグフードに限らず、人間の食べ物にも保存料や着色料、香料といった添加物が含まれていることが多々あります。

添加物は、食べ物を美味しそうに見せる効果があり、保存期間も長くすることができます。
しかし、このメリットとは反対に、知らず知らずのうちに塩分や糖分を必要以上に取り入れてしまったりと、体に悪影響を及ぼします。

添加物は、なるべく避けるようにしましょう。


3. グルテンフリー

画像1

グルテンとは、トウモロコシや米、サツマイモといった穀物のことを意味しています。

一見、何の問題もないように思えますが、グルテンは犬が消化を苦手としているので、問題なんです。

消化を苦手としているということは、消化不良を起こしてしまうということです。

消化不良になると、便秘や下痢を引き起こしたり、体臭がキツくなるといった症状も見られるようになります。

ドッグフード選びの際は、グルテンフリーのものを探すようにしてください。


安全な無添加犬用ウェットドッグフード&缶詰めおすすめ人気ランキング

ドッグフード選びのポイントを踏まえて、いざどの商品にするのかは、また難しい問題ですよね。

そこで、これなら大丈夫!という当サイトおすすめのウェットドッグフードと缶詰をご紹介します。

どの商品にすれば良いかオナ山の飼い主さんは、この中から選んでみてください。


1位:ブッチドッグフード

画像2

ブッチドッグフードは、ニュージーランド産のドッグフードです。

ニュージーランドは、世界で最も規制が厳しいと言われています。

その基準をクリアしている訳ですから、品質の高さは想像がつきますよね。

生肉と同じような味がして、水分量もたっぷり含まれています。

夏バテ気味のワンちゃんにも食べやすいので、食欲が落ちている場合も、是非食べさせてみてください。

>>ブッチのレビュー記事を見る


2位:カナガンドッグフード(ウェットタイプ)

画像4

ドライフードが苦手なワンちゃんや、噛む力が衰えてしまっているシニアにもおすすめなのが、カナガンのウェットタイプのドッグフードです。

無添加でヒューマングレードのクオリティなので、安心して与えることができます。

涙やけや毛艶の改善にも配慮されていて、腸内環境も整えてくれます。


3位:goood(グゥード)

グゥードは、動物性たんぱく質がたっぷり含まれているウェットタイプのドッグフードです。

メインとして使われているのは鶏肉。

健康な被毛や皮膚、筋肉を作る上では欠かせない栄養素です。

ドッグフードに使われがちな合成酸化防止剤や添加物なども不使用なので、安心して愛犬に与えることができます。


4位:シシア(Schesir)ドッグ チキン&パパイヤ

シシアは、イタリア生まれのドッグフードで、世界50カ国以上で愛用されています。

安全性がとても高い上に、嗜好性も高いので、味にうるさいワンちゃんにもおすすめです。

原材料にこだわっており、ヒューマングレードで、100%ナチュラルを貫いています。

原材料選び、製造工程にも細心の注意が払われているため、根強い人気を誇っていると言えるでしょう。


ウェットドッグフードのメリット

1.食い付きがいい
2.食べやすい
3.水分量が多い

ここにまとめて解説をお願いします

ウェットフードの最大のメリットは、美味しさです。

手作りのような味を手軽に楽しめるので、ワンちゃんの食いつきがドライフードとは違います。

また、ドライフードのようにしっかり噛まずに食べることができるため、シニアや赤ちゃんにも安心です。

フード自体に水分が十分に含まれているため、夏バテや体調不良などで水分が補給しづらい状況でも、ウェットフードで水分を取り入れることができます。

その都度与えるスタイルなので、酸化したり腐ったりという心配もありません。


ウェットドッグフードのデメリット

1.栄養量が少ない
2.歯石が付きやすい
3.値段が高い

ここにまとめて解説をお願いします

良いこと尽くしのように思えるウェットフードですが、デメリットもそれなりにあります。

まずは、栄養量が少なくなってしまうということです。

ウェットフードは、水分量が多いので、その分ドライフードと比較するとどうしても栄養が少なくなってしまいます。

また、歯石を取りながらカリカリ噛むことのできるドライフードと比べると、歯石が付きやすい傾向があります。

値段も高いので、恒常的に与えるとなると、出費も嵩むでしょう。


愛犬がドッグフードを食べないときはブッチドッグフードをお試しください

画像3

愛犬がドッグフードを食べてくれない、という状況に悩まされる飼い主さんもいらっしゃることと思います。

そんな時は、食いつきの良いブッチドッグフードをお試しください。

いつもとは違った贅沢なフードに、ワンちゃんも夢中になってくれること間違いなしです。

>>ブッチのレビュー記事を見る


検索HOTワード

マルチーズドッグフードトイプードルドッグフードチワワドッグフードミニチュアダックスドッグフードポメラニアンドッグフード柴犬ドッグフードゴールデンレトリバードッグフードミニチュアシュナウザードッグフードウェットフード犬フレブルドッグフード犬尿路結石食べ物犬下痢ドッグフード犬消化時間もふ活わんこもふ活にゃんこ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。