百井 桃太(Momoi Tota)

万人が笑える記事を目指して日記調でゆるゆる書いています。2020.5.27より個人ブログを開設しました。ノートの過去記事も一部を残してそちらに移行しております。メインの更新はそちらで。https://momotarosanblog.com

百井 桃太(Momoi Tota)

万人が笑える記事を目指して日記調でゆるゆる書いています。2020.5.27より個人ブログを開設しました。ノートの過去記事も一部を残してそちらに移行しております。メインの更新はそちらで。https://momotarosanblog.com

    マガジン

    • 新卒のワトソン

      第19回「このミステリーがすごい!」大賞に晴れて一次落選しましたので、 駄作の成仏の意味合いも込めて週一程度のペースで更新していきます。 箸にも棒にもかからない一次落選作品なので内容についてのキツすぎるご指摘は ご容赦くださいませ。

    • 茶色くて、あったかくて、かぐわしい。

      茶色くて、あったかくて、かぐわしい。人が生活する上で切っても切り離せないあなたもよく知っている彼についての記事をおしゃれにまとめてみました。三食以外の優雅な時間にどうぞ。

    • 文章の練習

      文章の練習です。中身は特にありません。思いつきで書いています。

    最近の記事

    M-1グランプリ2020決勝戦始まるぞい!!!決勝ラウンド進出者予想

    お久しぶりです。百井です。 今日は何の日でしょうか!!!? そうです!!!! 5代目 桂米團治の誕生日です!!!! それと、M-1グランプリ2020の決勝戦です!!!!!!!!!!! 毎年準決勝を金を払って観戦し、決勝のテレビ放送は正座しながら観るくらいM-1が好きすぎる僕が、今回決勝戦の中で最終3組に残るコンビを予想します!!!!! あと個人的に応援しているコンビを解説!!!!! みんなも楽しんでM-1見ようぜ!!!!!!! 決勝ラウンド予想1 3年連続M

      • 新卒のワトソン4 前例のないグループディスカッション①

         第二話   前例のないグループディスカッション    ⑴  た、探偵派遣会社!  私の想像を簡単に上回ってきた。就活サイトでもそんな会社の募集は見たことがない。というか「探偵派遣」というワードにそもそも馴染みがなさすぎる。何だろう。「探偵」というワードが出た途端、一気にこの会社が怪しく思えてきた。  うっちーや木暮さんや麻倉さんも同じ気持ちなのだろう。表情からは驚きが伺える。  「普通の会社とは全く異なっている探偵派遣会社だからこそ、さっきの茶番とグループディスカッシ

        • 新卒のワトソン3 株式会社プラリアその②

          ⑵  「次は……」  運転手のアナウンスで我に帰る。どうやら最寄りのバス停に着きそうだ。麻倉さんはと言えば私の肩を枕代わりにぐっすり眠っていた。面接前、間に合うか間に合わないかの瀬戸際で熟睡できるその神経が純粋に羨ましい。  「麻倉さん、起きて。バス停に着いたみたいだよ」  時刻は十時四十五分。弱くなりつつも相変わらず雨は降り続いていた。傘を持っていない私達にとっては憂鬱すぎる状況だ。  ここからは徒歩で行かなければならない。迷うことのないよう地図をちゃんと読み込んで

          • 新卒のワトソン2 株式会社プラリアその①

            第一話   株式会社プラリア    ⑴  車窓から見える景色を眺めながら私は深呼吸をする。今日は株式会社プラリアの選考の日。コンディションは悪くない。今日こそは絶対に内定を取らねば。  ふと対面の席に目を向けると、私と同じようにリクルートスーツに身を包んだ女の子が見えた。ただその見た目は私とは全く違っていた。日光に照らされたロングヘアーは金色に輝いて見える。流石に金髪ということはないだろうが、色素が薄いのだろう。送風機の風にふわりふわりと揺れる髪の毛。ここまで良い香りが漂

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 新卒のワトソン
            百井 桃太(Momoi Tota)
          • 茶色くて、あったかくて、かぐわしい。
            百井 桃太(Momoi Tota)
          • 文章の練習
            百井 桃太(Momoi Tota)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            新卒のワトソン1 プロローグ

            プロローグ    その頃、私は何よりも『内定』を追い求めていた。  冬。十二月。年末ムード漂う世間の中に、真新しいスーツに身を包んだ若者がちらほら。  就職活動、略して就活。大学三年生の十二月に一斉解禁されるそれはある意味、大学の試験よりも重要なイベントだ。就活がうまくいくかどうかで今後の人生が左右されると言っても過言ではない。そして、そのイベントには勝者もいれば敗者もいる。  ――私は後者だ。  大学に入るまでの試験は努力がそのまま結果となって返ってきた。言ってしまえば個人

            ご無沙汰です。noteから敗走した百井桃太です。 Wordpressに移行して1ヶ月が経ち、色々をまとめてみたのでブログ開設をお考えの方は参考にしてみて下さい 【ブログ開設1ヶ月突破】サイトが真っ白になり僕は真っ青になったが収益出た話 https://momotarosanblog.com/1month-toppa/

            さよならは言わない〜グッド・バイ note〜

            おはようございます。メジャー1stシーズンの最終話のタイトルで始まりました百井桃太です。 今日は皆さんにお知らせがあります。 タイトルから少しお察しの方もいるかと思いますが、 今日限りを持って 百井桃太海賊団を 解散する!!! ウソップ海賊団が解散するシーンとかけておちゃらけてしまいましたが、今日でノートの定期的な更新をやめますということです。 ここまで約半年、50記事も続けてきたじゃないかとか どうしてやめちゃうんですか、私の希望だったのにとか 新鮮なう●

            キャピついている女の子と僕は蛇と蛙の関係

            おはようございます。百井桃太です。 今日は僕の天敵について話します。 まず学生時代の話です。僕は元来暗い性格というわけではないのですが、イケてるグループの男子になった試しはなく、ずっと影の者として学生生活を送ってきました。そういった感じだというのは以前のいくつかの記事からもお察しのこととは思います。 ※僕の芋臭さがわかる参考文献です。 そんな学生生活が影響を及ぼしているのでしょうか、僕はキャピついている女の子がとても苦手です。そうです天敵です。僕がカエルならキャピつい

            人生勝ち組なちびまる子ちゃんのキャラを考える〜幸せってなんだっけ〜

            おはようございます。百井桃太です。 突然ですが、皆さん「幸せ」感じてますか。 いえ、違います。宗教にハマったわけではありません。ニコニコしながら「ごめんくださぁい」と玄関先で冊子を山ほど抱えているわけではありません。 30代を目前にして人生について考える時間が増えたのです。いや、普段はう●こ漏らしたこととかう●こ我慢したこととかクソしょうもないブログ書いてんのにとかそういうツッコミはなしでお願いします。 そんなわけでどういう人生が幸せなのか?ということに目を向けるよう

            思い出すだけで涙が止まらない感動ビンタTOP3

            おはようございます。百井桃太です。 突然ですが、最近マコなり社長という経営者のyoutuberの方にはまっています。なかなか有益な情報をまとめてくれるので楽しく見ているわけですが…… ↓こんな感じです。 そんなこんなでマコなり社長に影響された僕は思いました。 「僕も何かのTOP3を紹介する記事書きてえな」と。 僕に紹介できるTOP3は何があるだろう?と想像して一つだけ思いついたものがあったので今回はそれをTOP3形式で紹介する記事です。まあもうタイトルでお察しかもし

            軽部さんとドンキーコング64とぶっ壊れたテレビが教えてくれたこと

            おはようございます。百井桃太です。 今日は僕の小学校時代の母親との話をします。 僕は特に裕福というわけではありませんでしたが、小学校時代は特に不自由もなく好きなものを買ってもらっていた覚えがあります。小学校時代は僕自身そんなに物欲が強い方ではなかったため、しょっちゅうものをねだることがなかったというのもあるかもしれません。(ただ中学校時代からは物欲が暴走し、勝手にお年玉を使い込みPSPを衝動買いして「GEOでくじ引いたらまさかの1等当たった」という200%あり得ない嘘を親

            【祝50記事】百井桃太の100問100答

            おはようございます。FF7にハマりすぎて1週2本更新の契りを破ってしまいました罪人、百井桃太です。 気づけば2019年11月から始めたnoteも約半年続いており、ついに50記事までやってきました。あまり物事が続いた試しのない僕ですが(数年前にやったアメブロは2記事で終了した)ここまでこれたのもひとえに皆様のお陰だと思います。なので今回はもっと僕のことを知ってもらえるよう100問100答を用意させていただきました。(誰得) 質問は思い浮かばないので適当に検索して見つけたやつ

            【短篇小説】三番スクリーンで逢いましょう

            画面が暗転し、ピアノの独奏曲が掛かると同時に下から上へとエンドロールが流れ始めた。 普段であれば気の抜けるタイミングであるが、僕はまだ緊張感に包まれたままだ。何故、物語の幕が閉じたのに落ち着けないのか。理由は簡単で僕の意識が映画ではない別の所に向いているからだ。 隣の気配はまだ微動だにしない。この幕切れに何を感じたのだろう。感動?驚嘆?失望?いくら想いを馳せても僕に彼女の感情を捕まえることはできない。隣にいるのに、一つも掴めない。それがたまらなくもどかしい。 ただただ白

            僕の思い出就活戦線②「正直内定貰えたらどこでも良いやという奴は地獄を見る」

            おはようございます。百井桃太です。 最近外出自粛の影響もあり、家にいることが多いので更新が捗りますね。出来る限り時間を無駄にしないようどんどん文章を書いていこうと思います。 というわけで今回は就活の時の思い出第二弾です。第一弾はこちら。 今回のお話をするにあたって僕の就活の時のスタンスからお話しなければなりますまい。 こういうことを言うと呆れられるかもしれませんが、僕の就活のスタンスは「とりあえずブラック企業じゃなくて転居が伴う会社じゃなければどこでも良い」でした。あ

            流行らせようよ!「旅は道連れ」ゲーム

            おはようございます。百井桃太です。 今日は個人的に僕が外出時にやっているお戯れをご紹介したいと思います。今はなかなか外出ができませんが、この緊急事態が落ち着いた暁には是非皆さんにも楽しんで頂きたいと思います。 このゲームは至極簡単。ですが、ある状況下にならなければゲーム自体を開始することができないので、いつでもできるわけではないという所だけはあらかじめご了承ください。 数ヶ月前、実際にゲームを行なった時を例に挙げながらご説明しましょう。 あれはゲオに行き、ちょうどゲー

            「落語」を知らない人は人生の何割かを損していると思う話(THE偏見)

            おはようございます。百井桃太です。 最近、本当に新型コロナも大ごとになってきて、なかなか外出もできなくなって参りました。僕はそもそも結構インドア派なので、特に困るようなことはないのですが、休日をお家で過ごすってことがあまりない人にとっては苦痛な時間かもしれません。 うーむ。何か、そういった人のためにおすすめできる時間つぶしはないだろうか? なんとなく思ったゴッドオブインドアの僕。しかし、映画とか漫画とか本とかは、定番で紹介している人も多いし僕がわざわざ取り上げても意味が