続 my calling


夏の暑い暑い午後

照りつける太陽

滴り落ちる汗

その中で

氷のような心が

風のない

湖面のように

今の世界を映している

目まぐるしく

目まぐるしく

変わる

変わる

咀嚼することも

味わうことも

感じることさえ

できないほど

早く

早く

何故そんなに

急ぐのか

じっとしていると

考えなければ

いけないからじゃないのか

これでいいのか

この道で

正しいのか

答えは

自分の中で

もう出ているんじゃないのか

日常の

様々な出来事が

教えてくれている

この道は

修羅の道

だと

進めば

進むほど

深みにはまっていく

それが

解っても

止まらない

大きな

大きな

石が

急な坂を

転げ落ちていくように

私の言葉は

もう

力を持たないのか

その大きな石を

細かく砕くには

その

悪しき

呪縛を

解くことは

できないのか

夏の

暑い

暑い

午後

氷のような心に

猛り狂った

団塊となった

魑魅魍魎どもが

仲間を

集めて

奈落の底に

転げ落ちていくのが

映っている

この絶望的な状況を変える

唯一の手段は

とても遠回りには思えるが

人の心に訴えること

その核となる部分

太古に根ざす

核に

言葉の

楔を

打ち込むこと

諦めず

確実に

ただ

神が

埋め込んだ

呼ばれている

奇跡の

隠された

力を

信じて

それが蘇れば

朝太陽が昇るが如く

闇は

何もなかったように

消え去っていく


それが

神が

人に

与えた

次に

進むか

滅びるか

許されるか

許されないかの

試練 



2018年8月13日 mixiにアップしたものを、そのまま転載しております。


因みに my calling   は こちらです。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もうちょっと 左かな
11
詩のようなものを書いてきましたが、読まれることはあまり意識してきませんでした。(今も同じかもですが)書いてきたものをちょこちょことアップしていきたいと思います。20年以上前のものもあり、今更何をというものは読み飛ばして頂けるとあり難いです。よろしくお願いいたします。(●^o^●)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。