見出し画像

私の最推しは私

ネガティブな感情はごくごく薄く、淡々とした気持ちで記している。

友達と会う事がすごく減った。
悲しくもあり、楽でもある。
合わない価値観や、つまらない恋人の惚気や愚痴を聞かされたりするよりは、自分の時間を有意義に過ごせて充実していると思う。
(こんな事を書くと冷たい人間だと思われてしまうけど、実際そうだから仕方ない)
人と会わない時間が増えるにつれ、SNSのタイムラインに流れるフォロワー同士の会話や友達の報告などを見て、嫌な圧を感じ、げっそりする時が多々ある。同時に、とてつもなく羨ましくなっている。

(いいなあ、あの子はあんなに仲良い子がたくさんいて)
(いいなあ、私もこんな風に楽しい話がしたい)

嫉妬と羨望で脳も心も埋め尽くされ、youtubeでお気に入りのプレイリストを流し、逃げる様に心身が落ち着くまでその空間に浸る。

嫌な物や気分が悪くなる物は、見なければ良い。
自分から離れるべきなのだと充分理解している。
SNSというものは、投稿する人の良いとこ取りであるという事は理解しているつもりでも、たまに忘れて覗いて勝手に傷付く、を繰り返す。
SNSが全てでは無いし、振り回されるのは甚だおかしい。
好きで利用しているので、自分の都合の良い様に使うべきだ。

友達に連絡をする事もあるけど、大半が『今は会う時では無い、いつかは会えるでしょう』と思うので、その時がいつかは来るだろう。
そう考えると気持ちが楽なので、ここ数年はその心持ちでいる。

そもそも仲良くしていた人達が苦手になったのは、その人達に恋人や配偶者が出来た事がきっかけな気がする。
酷い偏見なのは百も承知だが、それまで一致していた(と、私が思い込んでいただけかも知れない)価値観などがことごとく合わなくなり、互いの思考がすれ違うのを何度も感じた。

ある時、私に恋人が出来た事を、数年振りに会う初めて恋人が出来た友人に報告した。そして、別れ際に言われた事がある。
「みんな幸せになって良かった」

同時期に、別の友人に私に恋人が出来たと言うと、溜息を吐かれた。
「やっと普通の人になったね」


私は頭が真っ黒になった。

今まで私は“幸せ“じゃなかったのか?
仕事や恋愛で挫けた事もあったけど、私は私なりに楽しく過ごして来たつもりだけど?
どうしてお前達が、人の幸せ不幸せを決めるの?
お前達は何様なんだ?
お前達に、私の何が解る?
普通って、何?
幸せって、何?

あわやダークサイドに飲まれそうになりながら、自我を保った事を覚えている。

彼女らの他の人達にも、ある時は結婚の時期について熱弁され、またある時は高齢の妊娠・出産によるリスクについて諭された事もあった。

声を大にして言いたいのは、私からその話題へ振った覚えは無い。
寧ろ触れないようにしていた。
何故ならその類の話に辟易していて、仕事や趣味、将来の話をしていたかったから。
不思議な事に将来や未来の話が、結婚・妊娠・出産にすり替わるのだ。
私の中では、将来=結婚・妊娠・出産、では無い。
でも彼女達はそこに結びつく様で、困ったなあ、どうしよう、と話し出すのであった。困るなら、悩むなら、話さなければ良いのに。
理解が追いつかない持論を展開されると、視野がきゅーっとなり、目尻から視界が狭くなる気持ちがした。
頭がくらくらして、胃がぎゅっと痛んだ。
悔しくて涙が溢れた。
へらへらしてはいけなかった、受け入れるべきでは無かった。
怒りを出すべきだった。

そして、私は強く思う。
自分が大事にしている物事や考えを、誰にも譲ってはいけない。
批判や否定を受けても、私が信じている事や好きな物を容易に手放してはいけない。
誰にも私の領域を侵す事は許されないし、許してはいけない。
守るべきものは、闘わずとも無言ででも守るべきだと、今は思う。

逆も然りで、私はその人の大切な物事を批判や否定したくない。
結婚・妊娠・出産が“幸福”であると言う価値観、恋人や配偶者がいてこその“普通の人”になれると言う自信。
主張するだけは別に良いと思う。強要は許さないけど。

だけどしつこく言いたい。
結婚・妊娠・出産の全てが“幸せ“では無い。
恋人や配偶者がいるから“安心“では無い。
恋愛経験が無いから“駄目“では無い。
子どもがいないから“不幸“では無い。

私の幸せは私が決める事であって、他人が口出しをして良い訳が無い。
私が何をしたくて、何処に居たくて、誰と過ごしたいのか。
私の機嫌が良くなるには何を考えれば良いのか。
私を私が好きになるにはどうすれば良いのか。
今はそれしか考えたくない。

35
思う事を日記感覚でしたためていきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。