見出し画像

【こよみごと 睦月】 冬の花 ふゆのはな

寒い冬に咲く梅は、上品な香りで、春を待ち遠しくさせてくれます。

遣隋使が中国から持ち帰ったとされ、万葉集に歌が詠まれていることから、奈良時代には栽培されていたようです。

種類もたくさんあり、観賞用の花梅でおよそ300種、果樹として栽培される実梅も100種ほどあります。

庭木や盆栽でも親しまれていますが、2月に入ると梅の名所では梅まつりが始まります。

梅雨(つゆ)の由来は、梅の実がなる頃に雨が多いことからそう呼ばれています。

福寿草は北海道から本州の山野に多く見られる春植物。

高さ10センチくらいになると、黄色い花を咲かせます。

「元日草」「正月花」とも言われ、新年を祝う花でもあるため、お正月の鉢花として園芸店にも並びます。

福寿草、名前もおめでたいですが、花言葉も「幸せを招く」「永久の幸福」と縁起の良さは全開です。


次回もどうぞよろしくお願いします。

… … … … … … … … … … … … … …
はじめて訪れてくださった方へ:自己紹介です。
… … … … … … … … … … … … … …
・ᴗ・ Twitter @tomokoishikawa_
… … … … … … … … … … … … … …

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

見ていただきありがとうございました。サポートしてくださった方にも感謝。身近な生き物の為にありがたく使わせていただきます。まずは猫缶 ( ´ ▽ ` )ノ

うれしいです( ´ ▽ ` )ノ
39
イラストレーター。動物好き。noteでは暦の雑記を1年ほど続けていました。絵本試作品などをはさんで【ひらがなさんぽ】をはじめました。わりとのんびりしています。http://tomoko-ishikawa.com/

こちらでもピックアップされています

日本の歴史と伝統文化を知るマガジン
日本の歴史と伝統文化を知るマガジン
  • 7本

時代が変わり、形や用途も変われど、精神は受け継がれていくもの。今とこれからを繋ぐ日本の伝統文化をまとめていきます。

コメント (4)
盆栽やミニチュア、山水画やムーミン谷の地図など、小さくした世界に心惹かれます。そこに人がいればさらに楽しくなります。今回の絵も素敵で、ゆっくり楽しめました。いつもありがとうございます。
nullさんありがとうございます!こういう絵を描いている時が一番楽しいのです^^
良い絵ですね。
味わいがあってステキです。
ピッピさんありがとうございます!またのぞいていただけたら嬉しいです(^-^)/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。