マガジンのカバー画像

アートプロジェクトの現場から

202
都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する「東京アートポイント計画」。各プロジェクトに伴走するアーツカウンシル東京の専門スタッフ「プログラムオフィサー」がそのとき起… もっと読む
運営しているクリエイター

#tarl

再開ムードは反転するのだろうか|7/11〜7/15

2022年7月11日(月) 市ヶ谷じめじめと暑い。出社するだけで汗が止まらなくなる。週末はワク…

「以後」になると、「以前」が遠くに感じられる|7/4〜7/8

2022年7月4日(月) 上野→市ヶ谷雨が降っている。でも、暑いものは暑い。月曜日の上野公園は…

「関わりしろ」を増やそう。|アートプロジェクトの運営をひらく、〇〇のことば。

アートプロジェクトの運営にまつわる「ことば」を取り上げ、現場の運営を支えるために必要な視…

「事務局3人組」で動く。|アートプロジェクトの運営をひらく、〇〇のことば。

アートプロジェクトの運営にまつわる「ことば」を取り上げ、現場の運営を支えるために必要な視…

マスクは暑さで外すのか?|6/27〜7/3

2022年6月27日(月) 武蔵小金井→谷保週末はとんでもなく暑かった。今日も、朝から暑い。熱…

「活動拠点」を見つけよう。|アートプロジェクトの運営をひらく、〇〇のことば。

アートプロジェクトの運営にまつわる「ことば」を取り上げ、現場の運営を支えるために必要な視…

ここにも表現による継承がある|6/20〜6/24

2022年6月20日(月) 市ヶ谷→自宅朝から暑い。昨日は能登で震度6弱の地震があった。何かに追い立てられているわけではないけれど、記録はすっかり滞りがちになってきた……。 2022年6月21日(火) 市ヶ谷係会(注:東京アートポイント計画のスタッフ定例会)。来年度の予算要求は7月中に固めることになりそう。オフィスの引っ越しは7月30日と31日で決定。8月1日からは引っ越し先で仕事がスタートする。とはいえ、いまのオフィスに引っ越す前にいたビルの違うフロアに移動するに過ぎない

スキ
4

災間をともに生き、次なる災禍に備えるネットワークの形成を目指す。カロクリサイクル…

✉  ✉  ✉ 今回のArtpoint Letterでは、今年アートポイント計画の新規事業として立ち上…

「企画の4点セット」を準備しよう。|アートプロジェクトの運営をひらく、〇〇のこと…

アートプロジェクトの運営にまつわる「ことば」を取り上げ、現場の運営を支えるために必要な視…

「やろうとしたこと」は何であったのか|6/16〜6/17

2022年6月16日(木) 市ヶ谷→上野寒い。こどもが週末に骨折をし、てんやわんやで看護休暇を…

いろんなものが再開してきている|6/6〜6/10

2022年6月6日(月) 市ヶ谷ざんざん降りの雨。電車は遅延。『最期の声 ドキュメント震災関連…

「評価への準備」からはじめよう。|アートプロジェクトの運営をひらく、○○のことば

アートプロジェクトの運営にまつわる「ことば」を取り上げ、現場の運営を支えるために必要な視…

ナビゲーターやアーティストとともに、来るべきアートプロジェクトの姿を探し求める。…

これからの時代に求められるアートプロジェクトとは?この10年で、わたしたちを取り巻く社会状…

まちを歩き、あなたの視点から見える「まちの姿」をドキュメンタリー映画にするワークショップのメンバー募集!(「Artpoint Letter」2022年6月号より)

✉  ✉  ✉ 今回のArtpoint Letterでは、今年度からスタートした、ドキュメンタリー映画をつくるワークショップのメンバー募集情報等をお届けいたします。また、アートプロジェクトの担い手のための学びのプログラム「Tokyo Art Research Lab(TARL)」でも、参加者を募集中。ぜひご参加ください! あなたの視点から見える「まちの姿」をドキュメンタリー映画にしてみませんか? 東京のまちを巡りながら、様々な方法で自身のルーツと向き合い、ドキュメンタリ

スキ
4