見出し画像

♯004 本当に「ひきこもり」ですか?

精神疾患に関するご相談を主に受けている弊社ですが、近年には問い合わせの始めに、家族の口から「長期間のひきこもり」というワードが聞かれる機会が増えました。

それは、本当にひきこもりですか?

家族は「働きもせずにずっと家にいるのだが、どうしたら自立(就労)できるのか」とおっしゃいますが、10年以上もひきこもっているケースでは、これまでの経緯を時系列で聞いていくと、「精神疾患の疑いがあるのではないか?」と思われることが大半です。

実際に最近の統計では、ひきこもりとされる方々の中に、精神疾患や身体疾患を持つ方が少なくない数含まれることが、数字として明らかになっています。自立や就労云々を考える前に「医療につなげること」を考える必要があるのです

ここから先は

1,580字 / 4画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?