見出し画像

拾ったヒキニートを飼っています。


「ただいま!」

帰りが遅くなった。
居間に入るとあの娘はモニタに向かったまま右手を上げて

「おつか~」

スピーカーからは変換された野太い声で
「オツカー、ソロソロオチルワ」の声。

「お?リーダーもしかしてコレから…?」
「リア充死ね!」
「ただいまって彼女の声?もっと聞かせて~!」

「ウッサイ、シネ!」VC切断。

私は後ろから彼女に抱き付く。モフモふ…ん?

「こらっ!昨日お風呂入って無いでしょ!」
「…んあ…ちょっとレイド忙しくてね~」
「あっ!服も匂う!ほら脱いでっ!お風呂入るよ!」
「めんどくさい~」

☆☆☆


狭いバスタブに二人で浸かる。

私の胸は小柄な彼女の枕

ダークエルフは良いよね~おっぱい大きくて」
「私は貴女の胸の方が好きよ」
「ぶー!」

…可愛い。
此処で悪戯したくなる劣情を抑える。
この後記念日のご馳走、ケーキ、ミード酒…ベッドとプランが有るんだから。

「髪と髭のドライヤーお願いね」
「ハイハイ」


彼女はヒキニートのドワーフだ。


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【プラチナトロフィーを獲得しました】
12
ニンジャヘッズ。 秋になると逆噴射小説大賞に参加する季節物書き。