カメとの思い出

高校生の頃にカメを飼っていたことがあります。

福岡の三大祭の内のひとつ「放生会(ほうじょうや)」の出店で、採ってきたカメ。小さなミドリガメでした。

突然我が家にやってきたカメに少し困惑しながらも、日に日にかわいく感じるようになっていきました。

弟が採ってきたカメでしたが、結局一番かわいがっていたのは僕だったような気もします。
エサをあげたり、ベランダに出して日向ぼっこさせてたり、当時のガラケーでたくさん写真も撮りました。

初めてのカメとの生活に、どうすれば快適に過ごしてくれるのか試行錯誤しながらの日々でした。

我が家にカメがやってきて2ヶ月ほどが経ったある日のこと。
玄関に置いてある水槽の中を覗くと、カメが固まっていました。

なんで動かないのかよくわかりませんでした。
何をしても反応がありません。

しばらくして、カメが動かなくなった理由を少しずつ理解してきました。

僕は涙が止まらなくなりました。

この記事が参加している募集

自己紹介

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
3
"ほぼ"毎日投稿しています。時々サボります。子供の頃は野球選手に憧れ、高校生の頃はミュージシャンに憧れ、今は映像制作をしつつ、文章を書いたり、イラストを描いたり、音楽を作ったりしている28歳。最近は、1投稿15分で書くというルールを設けて、主に自分の過去の出来事を書いています。