初公演にむけて、おけいこ。
見出し画像

初公演にむけて、おけいこ。

チチカカコ


昨日は、チチカカコの7月の公演にむけてのおけいこでした。桜満開の京都。あいにくの雨模様ですが、やっぱり桜は綺麗です。

場所は、下京いきいき市民活動センターの集会室。壁に大きな鏡があって、大きすぎず、小さすぎず、私たちの練習にぴったりの場所でした。いいわあ。

春休みだから、2歳さん、3歳さん、4歳さん、7歳さん、13歳さん、いろいろな年齢の子どもたちがいます。中学生のお姉さんの存在で、子どもたちのまとまり感がいつもより、すごい。
その日の参加者によって、雰囲気がちがうのは毎回みていて面白いです。その日、その場の、その時間、それぞれに面白さがあります。

まずモップで床掃除をするところからはじまります。私が無言でしはじめると、7歳さんがよってきて、ニヤニヤ笑いながら、モップにのります。重いからすすめません。笑いながら、進めずにとまっていると、7歳さんがおります。入れ替わりで、3歳さんが棒にまたがって、ニヤニヤ笑います。私が「魔女みたい」と言うと、うれしそうです。今度は2歳さんが3歳さんの真似をして、うれしそうです。
ただモップをかけるだけなのに、それが遊びになって、なかなか掃除ができません。家ではイライラしてしまいそうなその状況が、チチカカコでは楽しく、ダンスになります。

ゆるゆると、ストレッチ。その後、親たちで動き始めます。見ていた子どもたちは「魚みたい」とコメントしてくれました。「一緒にやる?」「何やってたかわかる?」と聞くと、「うん」といって、ゾロゾロと親たちの間に入ってきます。一緒に動きだします。言葉で説明したわけでないのに、すぐに動けてしまうのが不思議です。

親子がペアになって、押し合いっこします。重さを感じるって気持ちいい。子どものやわらかい体が気持ちいい。気持ちいいがつながって、ダンスになります。押し合いながら、お話する。言葉で、目で、体で。それがとても心地よいです。
押し合ってる親子を見るのは面白い。体がくっついて、言葉では突っ込みつつ、顔は笑って。

親子じゃないペアもあります。みんな、チチカカコの仲間だから、親子じゃなくてもペアになれちゃう。2歳さんも、3歳さんも、お母さんじゃなくても平気です。親子じゃない距離感も面白い。親子じゃないって知らない人がみたら、どんな風に感じるのかな、そんなこと想像するのも面白いです。

公演まで、あと3ヶ月。
毎週日曜日の練習がどんな風にすすんでいくか楽しみです!
子どもたちと一緒に遊びながら、真剣に、楽しく、面白く、盛り上がっていきたいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
❤️ありがとうございます😊みんながアーティスト👨‍🎨
チチカカコ
2015年5月に結成した親子ダンスカンパニー。活動拠点は京都。 「人生も子育てもダンス」という視点で、メンバーの想いや子育て・ダンスのあれこれをお届けします。