見出し画像

イースト東京のものづくりを発信するイベント 「したまち小粋マーケット」レポート

TIME&EFFORT

台東ファッションザッカフェア主催「したまち小粋マーケット」が7月8日(木)〜11日(日)の4日間、JR上野駅構内(改札外)で行われました。

したまち小粋



感染防止対策の観点から開催中止となったイベントが多くありましたが、全日程を無事に終了。

画像1

会場となった中央改札前のグランドコンコースは、天井が高く広々として開放感のある、密になりにくい場所。とても安心なイベントとなりました。



台東区周辺のつくり手たちの自信作・意欲作をお披露目。アクセス便利な駅ナカで店舗同様の情熱接客。

画像3

つくり手たちが丁寧に説明し、幅広いユーザーに好評でしたよ。出店社をジャパンレザー中心に一部ご紹介します。

猪瀬


国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」各賞の受賞実績をはじめ、ものづくりの実力で知られる老舗 鞄メーカー。

画像4



革小物、ポーチ、ステイショナリーも充実。

画像5

近年では、人気レザーブランドとのコラボレーションにより、全国各地にイベント出店するなど、積極的な取り組みでも注目されています。

なお、前回のエントリで、同社の会長をご紹介していますので、併せてチェックしてください。


VERB CREATION



お洒落で履きやすいシューズが充実。厚底スニーカーからサンダルまで、カジュアルなシューズをラインナップ。


画像6

東京でつくられている、という安心感に、支持が広がります。

画像7




千駄木の直営店から腕利きスタッフが出張。店舗同様のサービスでおもてなししました。



三竹産業

1925年創業の老舗ベルトメーカー。

画像8

オリジナルブランドの立ち上げも早く、革の味わいを生かした定番コレクションのほか、シルバーメタリックレザーのシリーズもヒット中。


画像9

ピンクシルバーと称される、やさしい色合いと、裏地のない一枚仕立ての組合せにぬくもりが漂い、ファッション好きのユーザーに愛されています。


山藤


老舗財布ファクトリーがオリジナルブランドの財布、革小物を幅広く出品。

画像10

ユーザーの困りごとを解消する、心遣いをものづくりに反映。

画像11



使いやすさはもちろん、カラーバリエーションの豊富さも魅力です。スタッフははっぴを着て接客。下町風情の演出がアイキャッチになっていました。


ミヤレザークラフト

オリジナルブランド「スインリー」をはじめ、薄い財布のバリエーションが豊富。


画像12

アイディア製品も続々リリースし、固定ファンを獲得しているそうです。

画像13


繊細な感性、確かな技術力に定評がある女性職人中心のファクトリーで生産。皮革業界を女性活躍社会へと導く社風に信頼が寄せられます。


キクヒロ


1970年創業の高級ハンドバッグメーカー。

画像14


エレガンス主体のものづくりですが、カジュアルなトートバッグやメンズにも対応した製品を展開しています。

画像15


裏地なしの一枚仕立てのビッグトートは軽さと丁寧な縫製が際立ち、大人世代の男性にも人気です。


三和袋物


天然染料で染め上げたレザーを使用した財布&革小物が人気を集めました。


画像16



このほか、タブレットケースやショルダーバッグなど、次世代を担うキーマンの加入により、新作アイテムも次々と開発。

画像17


新作のマスクケースは、タテ半分に折って収納するタイプ。マグネットの留め具を配し開閉スムーズで便利なアイテム。レザーバージョンのリリースも期待したいですね。

東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるポップアップイベント「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」の公式ウェブサイト、公式アカウントで、三和袋物、キクヒロ、ミヤ・レザークラフトの最新トピック、商品情報をご確認ください。


(初出:一般社団法人 日本皮革産業連合会 公式ブログ)





★更新についてのお知らせ★


いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

毎週火曜・金曜に投稿しておりますが、

今週金曜は、連休中のため、お休みさせていただきます。

次回は、7月27日・火曜に投稿いたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



この記事が参加している募集

イベントレポ

業界あるある