小林友

企画・編集・デザイン・広告のガテン系集団『テクスファーム』のクリエイティブ番長。過小評…

小林友

企画・編集・デザイン・広告のガテン系集団『テクスファーム』のクリエイティブ番長。過小評価されてる地方都市・新潟から発信中。主な仕事はフリーペーパー『美少女図鑑®』創刊、ニットブランド『toiro』、グッズ制作『ササダンゴ商会』など。

マガジン

  • SSM

    新潟在住プロレスラー「スーパー・ササダンゴ・マシン(S.S.M.)」選手のグッズやデザインまわりに関する創作ノート。

  • 備忘録

    仕事のこと、家族のこと、プライベートについて。思ったこと、聞いたこと、その時々の雑感など。

  • toiro

    新潟県は、全国一位の生産量を誇るニット生産地。国内最高峰のニットメーカーと共同開発してるブランドtoiroの創作ノート。

ストア

  • 商品の画像

    【12/4月曜|18時販売開始】新作アイテムの販売ラインナップ

    こちら【新作アイテムの販売告知】です!! 新作は【12/4(月曜)18時に通販スタート】です!! 大変長らくお待たせしておりました「ササダンゴ商会2023秋冬コレクション」が入荷します。秋冬と言いつつも、ほとんど半袖ですけど、もしよかったら、こちらのオンラインストアを覗いてください。 通販に並ぶ新作商品は、こちらの8アイテム。 なお、販売価格は「現場(イベント会場やプロレス会場)」と「公式通販サイト」では異なりま。すべて「税込み」で、かつ「送料無料」でございます。
    99,999円
    ササダンゴ商会
  • 商品の画像

    12/4発売商品|長袖Tee「新ササダンゴの肖像(グレー)」

    システムの都合上、今は「SOLD OUT」という表記が出てますけど、発売日時(12/4月曜|18時)になると販売申し込みが出来るようになっています。手帳にメモしたり、ケータイのアラームをセットしたり、PayIDのアプリをダウンロードしていたら「いいね」ボタンを押して入荷連絡が来るようにしておいてもいいですよね。ということで商品紹介は、下記をご覧ください。 ________ 肖像シリーズの長袖Teeシャツ。ササダンゴ商会では「 スーパー・ササダンゴ・マシン」と「マッスル坂井」と「坂井良宏」の3人の顔写真をお札みたいな加工をしてグッズ化に成功しました。 この3人の肖像権は、今、たまたまササダンゴ商会(坂井精機株式会社)が包括的に保持していることを知った商品開発者が、たまたま画像加工に成功し、たまたまプリントすることが出来ました。 ナマジバラでも、長袖Teeシャツを作りましたが、即完売しましたので、この機会にデザインを変更して改めて作り直しました。最高の一着が出来たような気がします。
    6,000円
    ササダンゴ商会
  • 商品の画像

    【12/4月曜|18時販売開始】新作アイテムの販売ラインナップ

    こちら【新作アイテムの販売告知】です!! 新作は【12/4(月曜)18時に通販スタート】です!! 大変長らくお待たせしておりました「ササダンゴ商会2023秋冬コレクション」が入荷します。秋冬と言いつつも、ほとんど半袖ですけど、もしよかったら、こちらのオンラインストアを覗いてください。 通販に並ぶ新作商品は、こちらの8アイテム。 なお、販売価格は「現場(イベント会場やプロレス会場)」と「公式通販サイト」では異なりま。すべて「税込み」で、かつ「送料無料」でございます。
    99,999円
    ササダンゴ商会
  • 商品の画像

    12/4発売商品|長袖Tee「新ササダンゴの肖像(グレー)」

    システムの都合上、今は「SOLD OUT」という表記が出てますけど、発売日時(12/4月曜|18時)になると販売申し込みが出来るようになっています。手帳にメモしたり、ケータイのアラームをセットしたり、PayIDのアプリをダウンロードしていたら「いいね」ボタンを押して入荷連絡が来るようにしておいてもいいですよね。ということで商品紹介は、下記をご覧ください。 ________ 肖像シリーズの長袖Teeシャツ。ササダンゴ商会では「 スーパー・ササダンゴ・マシン」と「マッスル坂井」と「坂井良宏」の3人の顔写真をお札みたいな加工をしてグッズ化に成功しました。 この3人の肖像権は、今、たまたまササダンゴ商会(坂井精機株式会社)が包括的に保持していることを知った商品開発者が、たまたま画像加工に成功し、たまたまプリントすることが出来ました。 ナマジバラでも、長袖Teeシャツを作りましたが、即完売しましたので、この機会にデザインを変更して改めて作り直しました。最高の一着が出来たような気がします。
    6,000円
    ササダンゴ商会
  • もっとみる

最近の記事

ナマジバラとポートレイトとサイン会

BSNラジオで日曜の夜23時から毎週放送中の『スーパー・ササダンゴ・マシンのチェ・ジバラ』。 僕は、ササダンゴのグッズ関連をデザインしていることから「聞き手」として、毎週、収録スタジオでMCの向かいに座ることになりました。あれから2年が経ちました。気が付けば、番組イベントでスタッフ全員のポートレイトを販売することになりました。僕のポートレイトも販売されることになりました。 はぁ?!!! どういうこと??? なにを言っているか分からないと思いますが、そんなの、僕らスタッフ

    • ナマジバラ2023

      いよいよ、次の日曜(11/5)に迫った『ナマジバラ』に向けての準備も佳境に差し迫ってきました。番組に「聞き手」として参加している小林です。よろしくお願いします。 と言っても、僕は「物販まわり」だけなので、そこそこリラックスして、イベント前日まで長野県に行ってくる予定を入れてしまったんですが、全然、大変なことになってました。 昨日(10/31)のラジオ収録の前後に、イベントのこと、物販やサイン会の流れ、注意点などをササダンゴから「口伝」で伝授されました。僕なりの理解で、皆さ

      • ササダンゴ商会の新作2023秋冬

        この秋、#ササダンゴ商会 では「 #ササダンゴマシン」と「#マッスル坂井」と「#坂井良宏」の3人を紙幣のような、肖像画みたいな加工をしてグッズにします。 こられの商品は、11/5日曜、#ナマジバラ の物販ブースで販売します。通販サイトに並ばない商品も出てくるかと思います。ご了承ください。 ラジオ番組『チェ・ジバラ』とも関わりに深い3人の写真をTeeシャツなどにしました。 トートバッグは、ご覧の通り、今回も #ナマジバラ 恒例のマスク式。頭から被ると覆面としても使えます。

        • 90年代を今も生きている。

          1995年、夏の祐貴と僕。 大学時代、祐貴と北海道ドライブ旅行に3回行った。当時の、僕の愛車フェスティバ(アルカディア号)に乗って。このクルマは、19歳から乗り始めて、25歳のときにブツけられて廃車になるまでキビキビ走ってくれた。 北海道旅行は、およそ一週間。目的地もなく、道内をぐるぐるとクルマで回る。ホテルに泊まることはなく、雨が降ってもキャンプ場にテントを建てた。最後の方は、ヘトヘトに疲れて、クルマで寝てたけど。 新潟からは、北海道に向かうフェリーが週に何本か就航し

        ナマジバラとポートレイトとサイン会

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • SSM
          小林友
        • 備忘録
          小林友
        • toiro
          小林友
        • EDITORS CAFE
          小林友
        • 新潟美少女図鑑
          小林友

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          #ササプラモ

          私たちテクスファーム社では、坂井精機株式会社と提携し、プロフェッショナルレスラー「スーパー・ササダンゴ・マシン」選手のブランディング、およびマーチャンダイジングを包括的にサポートする「ササダンゴ商会」を運営しております。 この度、プロレスラーとしては、おそらく世界初の可動式プラスチックモデルを坂井精機から発売することになりました。そのデザインワークのすべてを私たちテクスファームでサポートさせてもらいました。 ・原型の元となるイラスト(澁谷玲子先生) ・パッケージのデザイン

          #ササプラモ

          BSN新潟放送(FM927|FM948)

          2022年の春に制作したビジュアルの使用期間が延長されるようです。ありがたいことです。BSN新潟放送さんといえば、僕らが子どもの頃から聞いていたラジオの王様。それがFMでも聞けますよー、という周知のためのビジュアル。 僕が、個人的に抱いているBSNラジオのイメージにプラスして、ラジオ自体の「親しみやすさ」「空想と妄想」「浮遊感」「懐かしさ」といったキーワードから、ビジュアルに投影させて制作。 このキービジュアルの制作は、もともと、僕らが作った「スーパー・ササダンゴ・マシン

          BSN新潟放送(FM927|FM948)

          再生

          adorable創立20周年記念ムービー

          新潟県内で9店舗を経営するadorableさんのムービーを制作させてもらいました。 オーナー吉岡さん、各店の店長さん、スタッフさんのインタビューをもとに、会社として大切にしていることを映像でまとめた「ブランド編」と、先輩社員さんやお店の雰囲気を映像で伝える「リクルート編」の2本からなるムービーです。 当社で発行しているフリーペーパー『新潟美少女図鑑』にも長年、ヘアメイクとして制作に参加してもらっているadorableグループ。 詳しくはこちら! http://texfarm.com/works/entry-281.html

          adorable創立20周年記念ムービー

          再生

          父の愛車遍歴

          何かの拍子に、日産チェリーの映像を見ることがあって「おおー!これは、親父が乗ってたクルマだなー」と、子どもの頃の記憶が、鮮明にフラッシュバック。 まさに『おぎやはぎの愛車遍歴』みたいなもんで、人生ってのは、そのまんま、クルマが反映してるものだ と実感した。 僕の記憶にある親父の愛車遍歴を見るに、趣味趣向、ライフスタイルの変化、家族の構成、子どもの成長、クルマにかけるコストなど、そう言った変化は、クルマに見事に出ていた。 僕の記憶にある、父が乗っていた「一番古いクルマの記

          父の愛車遍歴

          試聴後のメモ(2022年1月)

          テレビ番組や映画、Netflixなどをどんだけ見てるのか。自分のためのメモ、備忘録。この日は、仕事の後に自宅でNetflixで映画を2本。 1/5(水曜) ・Netflix「イカゲーム」の最終話のラスト20分のみ(ながら見)。嫁さんと子ども達が、冬休みのラストらしく、昼から一気に見ていたのだそうだ。 僕は、ラジオ収録終わりの21時半くらいに帰宅し、夕食を摂りながら視聴。ストーリーとしては、当然、わけわからん。でも、少し見ただけでウケてるのがわかりますよねえ。映像のカラー

          試聴後のメモ(2022年1月)

          北方育ち。

          年末も残すところ、あと僅かなのに、全っ然、仕事が終わらない。今、気分転換にファミレスで仕事してる。 目の前の30代のカップル。倦怠期すぎて、彼女の方がタバコ吸いながら、ずーっとLINEツムツム?をしてる。向かいに座った彼氏は、ネクタイを緩めて、ずーっと頭を抱えてる。 お互いに視線を合わすことはないけど、交互に口が動いてるから、多分、何かを話してる。でも、熱はなく、事務的というか、表情が動くことはない。 僕が村上春樹なら、お前たちの恋愛模様を気の利いた表現で、シャレたシー

          北方育ち。

          映画まとめ(その1)

          僕は、サブカルおじさんだから、映画に詳しいと思われて、お薦めの映画を尋ねられることがある。「なにを見たら良いですか?」と。趣味趣向、映画表現の理解度によっても変わってくるから答えに困る。 (でも、いいチョイスをして映画の素晴らしさに触れて欲しい!) 映画は「今、この瞬間の、旬の映画」が正解なんですけど、それを承知の上で、まずは、僕が一番、影響を受けた映画を羅列することから始めたい。 僕が一番、映画に影響を受けた90年代(16歳〜25歳|1990年〜1999年)の映画は、

          映画まとめ(その1)

          白髪の、ほぼネコ

          さっき、長女の着てる黒いニットに僕の白髪が付いていたので指摘したら「パパの白い髪、学校の筆箱に入ってたんだけど(笑)」と。 それに被せて次女が「体操着にも付いてたよ」、長男にも「どこにでもあるよね。パパの白い髪」とか言われて。 「猫を飼ってる家みたいなもんだと思って我慢して」と伝えた。 (2018年12月23日の日記から転載)

          白髪の、ほぼネコ

          成岡翔くん、お帰りなさい会。

          翔くんが新潟に帰って来てるよ。そうなんです、11/20土曜と11/21日曜は、Mix POP-UP。成岡翔くん(元アルビレックス新潟)が、自身のブランド「GTFB」を山ほど持って新潟に帰ってきいます。 イベント詳細は>>> https://note.com/toiro_knitwear/ 友達のtomizouさん(植物アーティスト/空間プロデューサー)との共催。僕も、toiro knitwearを持って行きます。もう11月下旬なので、ほとんどの新作アイテムに欠品があるんで

          成岡翔くん、お帰りなさい会。

          当時3歳の息子は言った。

          楽天が日本一になり、マウンドに選手が駆け寄る。揉みくちゃになりながら、星野監督が宙に舞う。 長男(3歳)がひと言「混んでるねぇ。あそこ、混んでるねぇ」と。 2013年11月3日の日記

          当時3歳の息子は言った。

          歳をとるということ。

          過ぎていく時間だけで、歳を取ったりしない。みたいな歌詞は、よく思い出せないが、きっとミスチルだと思う。「人生」や「時間」に対する感覚として、真実の一端を捉えているような気がする。 僕は、47歳になった。50を手前にして、これまで無かったような感覚がある。去年と今年で、一気に歳とってしまった感覚だ。 もちろん、加齢に伴う体力低下もあるだろう。しかし、それとは関係なく、最近の社会情勢のせいで、生きている幸福を実感する機会が少ない。野外フェス行ったり、プロレスを見て大声で声援を

          歳をとるということ。

          品の良いオバさま

          明らかに品のいいオバ様が、ハイブリッド車を運転して、ゆーっくりと一方通行を逆走して来ました。しかも、どこかに電話しながら。 キョロキョロしてるから迷ってるのかも知れません。 ときどき感じるんだけど、品のいいオバ様って、少し怖い。

          品の良いオバさま