THEATRE for ALL LABマガジン

多言語翻訳・バリアフリー対応の舞台芸術動画が視聴できるオンライン劇場「THEATRE for ALL」を2021年2月にオープンしました。THEATRE for ALLリサーチチームが運営するnoteでは、舞台芸術とアクセシビリティを考える多様な視点を収集、お届けしていきます。

THEATRE for ALL LABマガジン

多言語翻訳・バリアフリー対応の舞台芸術動画が視聴できるオンライン劇場「THEATRE for ALL」を2021年2月にオープンしました。THEATRE for ALLリサーチチームが運営するnoteでは、舞台芸術とアクセシビリティを考える多様な視点を収集、お届けしていきます。

    マガジン

    • 「100の回路」〜劇場へのアクセシビリティを考える〜

      本記事は、舞台芸術のアクセシビリティについて考え、議論、実装していくための視点を収集するためにインタビューを行い共有する「100の回路」という読み物シリーズです。劇場・舞台芸術へのアクセシビリティを高めるための知見や視点を「劇場への回路」と名付け、アーティスト、鑑賞者、それに関わるサービスの提供者など様々な立場のステークホルダーに共有すること、そしてそこからまた新しい議論が生まれていくことを目指しています。

    • THEATRE for ALLラーニングマガジン

      THEATRE for ALLのラーニングチームが運営するnoteでは、アーティストや研究者の視点から作品をより深く楽しんだり、様々な立場の鑑賞者や作り手の交流を通じてそれぞれが視野を広げられるWSのレポート記事を中心にお届けしています。

    • 【Event Report】OpenLaboratory

      オープンラボは、オンライン劇場THEATRE for ALL(シアター・フォー・オール)のテーマである「パフォーミングアーツとアクセシビリティ」にまつわるテーマを設定し、ゲストを招いて開催されるオンラインのトークイベントです。

    最近の記事

    固定された記事

    はじめまして、 THEATRE for ALLです。

    アクセシビリティの高いオンライン劇場をみんなで考え、育てるプロジェクト始動します。はじめまして、THEATRE for ALL 運営スタッフのしのだです。現在、株式会社precogが2月に本格的に立ち上げることとなったオンラインの舞台鑑賞の場THATRE for ALLのシステムづくりの現場担当として、日々、社外のパートナーさんや社内の仲間たちとプロジェクトをすすめています。 (この写真には真剣にプロジェクトのロゴを選ぶ、9名のTHAEATRE for ALLの仲間たちが写

    スキ
    55
      • 「オニはわるもの?」範宙遊泳 山本卓卓さんと『ももたろう』から考える

        THEATRE for ALLの配信作品のアーティストやディレクター、プロデューサーなどをゲストに迎えるオンライントークシリーズ《THEATRE for ALL アーティストトークレポート「ALLなカタリバ:VOL.3 子どもといっしょに!」》。 今回はTHEATRE for ALLの配信作品『ももたろうのつづき』を手がけた範宙遊泳代表で劇作家・演出家の山本卓卓さんをお招きし、THEATRE for ALLラーニングの栗田がお話を伺いました。 *予定しておりましたゲストの

        スキ
        7
        • 100の回路#30 コロナ禍における芸術のあり方とは? 感染症をきっかけに数々の作品が生まれた近世に学ぶ。 (民俗学者・畑中章宏さん)

          こんにちは。 THEATRE for ALL LAB研究員の土門蘭です。 今回の「100の回路」でお話をうかがうのは、民俗学者の畑中章宏さん。 もともと出版社で雑誌編集をされていた畑中さんは、フリーランスに転身後、民俗学の世界へ。現在は「編集者」「作家」「民俗学者」という3つの肩書きを持ちながら、独自の研究を続けられています。 そんな畑中さんの目からは、今の「コロナ禍における舞台芸術」はどのように見えているのでしょうか? 「100の回路」シリーズとは? 回路という言葉は

          スキ
          14
          • 映画『太陽の塔』を、関根光才監督が語る。

            THEATRE for ALLの配信作品のアーティストやディレクター、プロデューサーなどをゲストに迎えるオンライントークシリーズ。《アーティストトーク「表現とバリアフリー」 VOL.2 「ALLなカタリバ:映画『太陽の塔』」》 今回は、配信中の注目作品『太陽の塔』を中心に、関根光才監督と、本作をパラブラピックアップとしてご紹介いただきバリアフリー版の制作にも携わっているParabla山上庄子さんをお迎えし、THEATRE for ALL統括ディレクターの金森がお話を伺いまし

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 「100の回路」〜劇場へのアクセシビリティを考える〜
            THEATRE for ALL LABマガジン
          • THEATRE for ALLラーニングマガジン
            THEATRE for ALL LABマガジン
          • 【Event Report】OpenLaboratory
            THEATRE for ALL LABマガジン

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            100の回路#29 伊賀公一さんに聞く「色弱者のアクセシビリティ」

            はじめまして!! THEATER for ALL LAB研究員の立川くるみです。 普段は「眼球使用困難症(PDES)」の生活向上を目指し、活動をしています。 私自身もPDES当事者であり、特に動く光・集中する光に強い過敏性があるという障害があります。 とはいえ、わずかながらイラスト・漫画・歌など、芸術活動にも取り組んできたこと、舞台芸術の1つであるミュージカルにも強い憧れをもったことがあるため、今回サニーバンク会員として、この企画に参加しました。 今回100の回路のイン

            スキ
            11

            THEATRE for ALL アーティストトークレポート「表現とバリアフリー」 VOL.1 「ALLなカタリバ:届けたい作品とは?」

            THEATRE for ALLの配信作品のアーティストやディレクター、プロデューサーなどをゲストに迎えるオンライントークシリーズ。 今回は、THEATRE for ALLの配信作品の選定にご協力いただいている大高健志さん、 山上庄子さんをお迎えし、THEATRE for ALL統括ディレクターの金森と、配信作品の見どころや、バリアフリー版制作時のお話を伺いました。 (以下はアーティストトークを一部抜粋、編集したものです) 左上が山上さん、下が大高さん、右上が金森 大高 

            スキ
            2

            100の回路#28 「生き方は、ひとつじゃないぜ。」 NPOスウィング代表の木ノ戸昌幸さん

            はじめまして。THEATER for ALL LAB研究員の武者です。聴覚と触覚に興味があり、普段は音環境や音サインを中心にサウンドスケープデザイナーおよびユニバーサルデザインに関わるアドバイザーとして活動を行っています。視覚障害を中心に多数の障害があり、今回サニーバンク会員として「100の回路」のインタビュー取材に参加しました。私自身が心身にいろいろな制限がありますので、「THEATRE for ALL」の活動全体にとても期待しています。 「100の回路」シリーズとは?

            スキ
            12

            インクルーシブなサービス立ち上げの裏側に迫る:【ALLな視点〜ソーシャルインクルージョンの解剖学〜】 Vol.1レポート

            2021年10月24日(日)、『Play fashion! for ALL』(株式会社アダストリア)とTHEATRE for ALLが協働し、インクルーシブな取り組みを紹介するトークイベントシリーズの第1回を開催しました。 テーマは、「インクルーシブなサービス立ち上げの裏側」。福祉、企業の視点からインクルーシブなビジネスの立ち上げと実践を紐解いていきます。『Play fashion! for ALL』のプロジェクトリーダーの坂野世里奈さん、THEATRE for ALLの統括

            スキ
            3

            100の回路#27 放課後デイサービスで働くコンテンポラリーダンサーたちに「障害児と関わることで成長したこと」を聞いてみた

            私はTHEATRE for ALL LAB研究員の普段は会社員をしながら、サニーバンクでライティングなどの仕事も行っている聴覚障害&ADHDのくらげというものである。 今回「100の回路」の企画にて、「コンテンポラリーダンス」と「障害児支援」という2つテーマで執筆に挑むことになった。私は聴覚障害があり、コンテンポラリーダンスという単語すら初めて聞いたくらいに音楽やダンスなどの知識がない。しかし、障害児を支援するダンサーとはどのような感じなのだろう?と気になり、覚悟してトライ

            スキ
            8

            100の回路#26 オープンスペース「アトリエぱんげあ」のつくり出す、多様性を受け入れる空気感

            はじめまして。THEATRE for ALL LAB研究員のみずしまと申します。 ふだんは、発達障害当事者活動を行ったり、道端の草や猫と話したりしています。またサニーバンク会員として、文章を書く中で自分の言葉を探すのも、私の大切な時間になっています。どうぞよろしくお願いします。 今回100の回路でご紹介するのは、東京都中野区にある、創作活動のできるオープンスペース「アトリエpangaea(ぱんげあ)」さんです。運営法人の社会福祉法人愛成会さんでは、生活介護や就労支援B型事業

            スキ
            6

            100の回路#25 織田友理子さんに聞く、バリアフリーマップWheeLog!でつくる血の通った優しい人の輪とフラットな社会

            はじめまして、THEATRE for ALL LAB研究員の彼岸花と申します。障害者専用クラウドソーシング サニーバンクにてライターをしています。気分の上下や体調不良を伴う脳の病気、遺伝や環境の要因で発症する双極性障害を患いつつも母親になり、一人娘を大切に育てながら無理なく書き仕事もしている障害者です。 100の回路とは 回路という言葉は「アクセシビリティ」のメタファとして用いています。劇場へのアクセシビリティを増やしたい我々の活動とは、劇場(上演の場、作品、そこに巻き起こ

            スキ
            8

            身体に宿した経験を伝播させていく:AR三兄弟(長男抜き)のたのしい組み物教室

            THEATRE for ALL(シアターフォーオール、以下、TfA)では、さまざまな「文化芸術へのバリア」について向き合いながら、アーティストと一緒にクリエイティブな解決方法を探り、実践を重ねています。 TfAのサイトより配信されている映像作品『AR三兄弟の素晴らしきこの世界(バリアフリー編)』。その中に登場するAR作品の3Dデータとモーションデータが、一般販売されました。その販売開始を記念して、開発ユニット・AR三兄弟がデータの活用方法をレクチャーするオンライントークイベ

            スキ
            1

            100の回路#24 ほっちのロッヂ 唐川さんに聞く、アートでアプローチする医療福祉

            こんにちは、THEATRE for ALL LAB 研究員の藤です。普段は留学支援をしており、異文化での海外経験を通じた国際人材の育成に携わっています。またカナダ人ハーフの子を持つ一児の母です。 今回の「100の回路」は、長野県軽井沢町にある「診療所と大きな台所のあるところ ほっちのロッヂ」さん。2020年4月に開所し、もうすぐ1周年のアニバーサリーです。診療所、訪問診療、訪問看護、通所介護、病児保育などの医療福祉事業のほか、地域へ開かれた文化事業を包含するユニークな場所で

            スキ
            5

            100の回路#23 触地図を手掛ける竹浪祐介さんに聞く、自らが目を閉じて視覚障害者にとって「楽しい」をデザインするということ

            皆さんこんにちは。THEATER for ALL LAB研究員の北村直也です。お届けしている「100の回路」シリーズ、私の担当も2回目となりました。 「100の回路」シリーズとは? 回路という言葉は「アクセシビリティ」のメタファとして用いています。劇場へのアクセシビリティを増やしたい我々の活動とは、劇場(上演の場、作品、そこに巻き起こる様々なこと)を球体に見立てたとして、その球体に繋がる道があらゆる方向から伸びているような状態。いろんな人が劇場にアクセスしてこれるような道、

            スキ
            96

            100の回路#22 イミグレーション・ミュージアム・東京 岩井成昭さんに聞くアートで表現する多文化共生の世界

            こんにちは、THEATRE for ALL LAB 研究員の藤です。 普段は留学支援をしていて異文化での海外経験を通じた国際人材の育成に携わっています。またカナダ人ハーフの子を育てる一児の母です。 22回目の「100の回路」は足立区千住地域を舞台に企画される「イミグレーション・ミュージアム・東京」。 「100の回路」シリーズとは? 回路という言葉は「アクセシビリティ」のメタファとして用いています。劇場へのアクセシビリティを増やしたい我々の活動とは、劇場(上演の場、作品、そこ

            スキ
            6

            社会のルールをデザインする: アーティストトークレポート【表現とバリアフリー】VOL.4

            THEATRE for ALLにご参加いただいているアーティストや制作団体、ディレクターをゲストに迎えるオンライントークシリーズ。 第四回は『ルール?』のキュレーター・プロデューサーの田中みゆきさん、コグニティブデザイナー・多摩美術大学統合デザイン学科准教授の菅俊一さんをお迎えし、お話を伺いました。 田中みゆきさん、菅俊一さんは、現在21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「ルール?展」の展覧会ディレクターとして参加していらっしゃいます。展覧会でもご覧いただける映像

            スキ
            3