見出し画像

音楽ジャンルの中で、ロックが一番好きな理由。 Rock is not dead.

私は中学生の頃からずっとロックバンドが好きです。毎日と言っても過言ではないほど、ロックを聞いています。

皆さんも好きな音楽や好きなアーティストがいると思います。その音楽を好きになったきっかけや、なぜ好きなのかについて聞くと、朝まで語り続けそうな人も多いはず。

好きのパワーって凄いですよね。今回は、数ある音楽ジャンルの中で、なぜ私がロックを好きなのか、なぜオススメなのかについて書きます。

ロックとの出会い

画像1

私が初めて音楽を聞いて衝撃を受けたのは、マキシマムザホルモンの曲を聞いたときでした。

メロディックでのれるサビと、ヴォーヴォー言ってるパートの相反する掛け合わせが私の中では衝撃的だったのです。

その日から、マキシマムザホルモンにどハマりしてしまい、歌詞を見ずとも歌えるようになるほど聞き込んでいました。

それから、ロックの中でもラウドロックと呼ばれるジャンルのバンド (SiM, coldrain, Crossfaithなど) の曲をよく聞くようになり、気がつけば月に数回ライブやフェスに足を運ぶようになっていました。

ロックの良いところ

それにしても、なぜこんなにもロックが好きなのか、について考えてみると、いくつか理由があったのでご紹介します。

1、ライブでの楽しみ方の幅が広い
モッシュ、ツーステップ、ダイブ(クラウドサーフ)、ウォールオブデス、ハーコー(ウィンドミル)など、他ジャンル音楽のライブではあまり見ることのできない楽しみ方があることに魅力を感じていました。

動画:京都大作戦(京都で夏に行われるロックフェス)

普通のライブでは、手を上にあげたり、ジャンプしたりして楽しむのが一般的ですが、ロックバンドのライブはそれだけではありません。楽しみ方に多様性があるのです。

ツーステップについてご紹介している記事↓

ウォールオブデスについてご紹介している記事↓

2、ストレス発散ができる
私はストレスを発散したい時に、ロックバンドのライブに行きます。ライブに行くことが一番のストレス解消法だからです。私のように、何か不安や不満を抱えていたり、悲しいことや辛いことがあった時、元気をもらうためにライブに行く人も多いのではないでしょうか。

これは音楽全般に言えることですが、ロックバンドのライブは特にストレス発散ができます。他のジャンルのライブより圧倒的に動くし暴れるからです。

生のライブで、好きな曲を聞いたり、エモいMCを聞くだけでも、嫌なことを忘れることができます。

3、ジャンルが多様
ロックと言っても、そのジャンルは数多くあります。音楽界全体のジャンルを大きく分けると、ロック、ポップ、ヒップホップ、レゲエ、ボカロ、演歌などが代表的です。

実は、ロックというジャンルの中だけでも、パンク、メロコア、ハードコア、メタル、などのジャンルがあり、バラエティに飛んでいます。なのでロック好きの人でも、人によって好きなジャンルが全く違うんです。

ロックバンドの知名度が上がってきた理由

画像3

今ではインディーズのロックバンドでも知名度がどんどん上がってきていて、ロックバンド好きの人口も増えてきています。その理由は主に以下の3つの理由があると考えています。

1、夏フェスなどのフェスブーム
フェスブームで、フェスにきた人がロックバンドを目にする機会が多くなり知名度が上がってきています。

1回のフェスで、J-popやロック、ヒップホップなどの色んなジャンルのアーティストが同時に出演することが多く、ロック以外のジャンルのアーティストを見に来た人たちが、ロックバンドを見て好きになることも少なくありません。

2、J-popレベルで有名なロックアーティストが増えてきた
ONE OK ROCK、マキシマムザホルモン、WANIMAなど多くのバンドがJ-popレベルで有名になりました。

他にも、ロックが好きな人以外からはあまり知られていないようなバンドでも、武道館などの大きな会場でライブをする機会が多くなり、ロック界全体が盛り上がっています。

3、テレビなどのメディアにも取り上げられることが多くなってきたから
以前は、ロックバンドをテレビで見ることは多くありませんでした。

しかし、夏フェスブームなどの影響でメディアもロックバンドに注目し始め、バンド側もメディアに出てもっと自分たちの音楽を世に伝えていこう、という意思が現れてきたように思います。

ここからは、実際にロックバンドが地上波のテレビで取り上げられた例をご紹介していきます。

Hi-STANDARD

伝説のバンド "ハイスタンダード" が、2017年に突如行った新曲リリースは世間を騒がせました。

新曲のCD発売とツアーの告知を、ライブでもメディアでも一切発表せず、なんの前兆もなしに突然店舗でCDを発売しました。ツアーの情報も、街の看板で突然告知をしたことで世間を騒がせました。

CDが売れないこの時代に、新しいことをどんどん試して差別化したり、進んで他のバンドのお手本になっているハイスタはまさに伝説のバンドです。

Crossfaith

世界的に大規模なロックフェスである "ダウンロードフェス" のメインステージに日本人として初めて立ったメタルコアバンドCrossfaith。

地上波の、しかも朝の番組で、激しいバンドが普通にでてきて生ライブする時代になったことが嬉しいです。

SiM

SiMは、湘南出身の4人組のバンドで、毎年自身でもフェスを主催しているロックバンドです。Mステなんかに絶対出ないような彼らが、武道館をパンパンにしました。その時の様子が、めざましテレビに取り上げられていました。

まとめ

画像2

私自身、今でこそロックが好きですが、この「好き」が確信に変わったのは、ライブに初めて行った時でした。

ただ音楽を聞くだけでは、ロックの良さを完全には味わえないと思います。フェスやライブに行くことで、その場の熱気や音楽そのものを何倍も楽しむことができます。

これは音楽全般に言えることですが、好きなアーティストがいる方でライブに行ったことがない人は、一度足を運んでみてください!

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you so much for your support!
3
大阪在住の映像クリエイターです。動画制作と外国人キャスティングをしています。 Youtubeチャンネル『Live in Japan』運営中。 エシカルな記事を中心に、映画や、音楽について色々書きます。

こちらでもピックアップされています

ロックバンド マガジン
ロックバンド マガジン
  • 6本

ロックミュージックやバンドについてや、ロックフェスやライブの楽しみ方などについてまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。