石川 葉

私の世界はどこまでも平ら、レイヤーの目を入れたり消したりして、時々君の前に現れよう。物語を書きます。刺繍をします。インクの子どもたちの声を聞きながら。ホームページ http://www.roverdover.com / ヘッダー画:茅野カヤ

石川 葉

私の世界はどこまでも平ら、レイヤーの目を入れたり消したりして、時々君の前に現れよう。物語を書きます。刺繍をします。インクの子どもたちの声を聞きながら。ホームページ http://www.roverdover.com / ヘッダー画:茅野カヤ

    マガジン

    • ウェアウルフ

      ボルヘスの『幻獣辞典』から、モチーフの幻獣をピックアップして描く。そして、それをアイテム化する。 幻獣を着るのでウェアウルフ。狼男、wereをwearにして幻獣を纏う。

    • spin a yarn

      私の世界はどこまでも平ら、レイヤーの目を入れたり消したりして、時々君の前に現れよう。 石川葉による小さなお話の連作。

    • 火曜日の美術館

    • ガーランド|日々のこと

      石川葉の日々のこと。その虚実。

    • スクープ・ストライプ

      女子高生がランジェリーブランドを立ち上げる! 三角冬夕と松下雪綺。ふたりの女子高生が、ブランド立ち上げやクラスメイトの抱える問題に真剣にぶつかりながら奔走する青春小説(全16回)。

    記事一覧

    【ウェアウルフ】vol.7 グリフォン

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。 幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。 第7弾は紋章にもよく登場する「グ…

    石川 葉
    7日前

    【ウェアウルフ】vol.6 スキュラ

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。 幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。 第6弾は海の怪物「スキュラ」。下半…

    石川 葉
    2週間前

    【ウェアウルフ】vol.5 サテュロス

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。 幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。 第5弾は半人半獣、下半身が山羊の「…

    石川 葉
    3週間前

    【ウェアウルフ】vol.4 クラーケン

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。 幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。 第4弾は巨大タコや巨大イカと言わ…

    石川 葉
    4週間前

    【ウェアウルフ】vol.3 ケンタウロス

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。 幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。第3弾は半人半馬「ケンタウロス」。…

    石川 葉
    1か月前

    【ウェアウルフ】 レヴィヤタン

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。 幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。 第2弾は海の怪物「レヴィヤタン」。…

    石川 葉
    1か月前

    【ウェアウルフ】 ユニコーン

    昨日、頭痛がして、原稿もできず、本も読めなかったので絵を描いていました。 Instagramにアップしたあと、これシリーズにしたら面白いよね、と思ったのでした。瞬く間に…

    石川 葉
    1か月前

    ミトシャの植物採集、スタートしました!

    三兎舎のnoteで『ミトシャの植物採集』という物語がスタートしました。 物語をわたし石川葉が、絵を茅野カヤさんが描きおろしています。物語は次回以降に本格的に動き出し…

    石川 葉
    3か月前

    三兎舎 はじめました!

    三兎舎というプロジェクトをはじめました。 上記のエントリーに詳細を書いていますが、こちらでも紹介させてください。  これまでもカヤさんとは、spin a yarn + kayaや…

    石川 葉
    4か月前

    ようやく長編の執筆に取り掛かりました。5枚書いたらspin a yarnをご褒美として書いてもいい、というルールを決めたのだけれど、原稿を書くと脳がくたくたになっていて、書けないことが分かりました。また沈黙が多くなりますが、しっかり結果を出しますので、期待して待っていてください。

    石川 葉
    5か月前

    【spin a yarn】
    自分が見当たらない曇り空の今日は
    歩くことや音聞くことを
    丁寧に行い
    それで十分、という日を過ごす
    倒れるように現れる、わたし、わたし、わたし
    まだ所在がない
    どれもわたしだけれど、皆、少しずつ虚ろ
    欲しい物を尋ねれば
    囀りの翻訳
    君という言葉はあるの

    石川 葉
    5か月前

    【spin a yarn】
    体に花が咲く
    全身は色とりどりになり
    自分は土と自覚する
    その幻想が何を意味しているのかを
    わたしは知らないでいるけれど
    ほころぶ、と笑う
    白骨のわたしと目が合い
    霊よ、骨よ、花よ、と歌う

    石川 葉
    5か月前

    【spin a yarn】
    夕方に手が届くこと
    その喜びが思いがけず
    いつから、と振り向けば
    年端のいかないわたしが佇んでいる
    長く待った、と言う
    それはすでに、わたしを纏っている
    深く息を吐く
    球根を目覚めさせるのは誰なのでしょう、と

    石川 葉
    5か月前

    【spin a yarn】
    春めく
    ドラムロールが聞こえる
    心は浮き、そして安堵する
    悲しい記憶はあり、
    ずっと見えない不安に包まれたままだけれど
    春はいいな
    足の裏を叩く
    枯れた枝は、もう仮初めに見え

    石川 葉
    5か月前

    【spin a yarn】
    窓にふれる
    指がふるえる
    音を聞くこと
    いつからか、痕跡を残すことを恐れてしまって
    小さく生きている
    音を聞くこと
    不覚に知られても
    それは輪郭
    指がふるえる
    窓をやわらかくすると
    朝の震えが白く曇る

    石川 葉
    5か月前

    馬とチョコレート

    石川 葉
    5か月前
    【ウェアウルフ】vol.7 グリフォン

    【ウェアウルフ】vol.7 グリフォン

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。

    幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。

    第7弾は紋章にもよく登場する「グリフォン」。上半身は鷲、下半身が獅子というかっこよくてメジャーな幻獣です。ボリュームのあるスカート部分のペチコートに羽根をあしらっています。特徴のあるブーツは不揃いの金環を巻いています。

    ウェアウルフのSUZURIのURLはこち

    もっとみる
    【ウェアウルフ】vol.6 スキュラ

    【ウェアウルフ】vol.6 スキュラ

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。
    幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。

    第6弾は海の怪物「スキュラ」。下半身をタコのような姿で描かれることも多いですが、たくさんの犬に変えられたお話から描きました。ベルト部分をよく見ると……。
    スカート部分は防水加工でブーツと一体になっています。ベルトを外せばウエスト部分が広がります。

    ウェアウルフの

    もっとみる
    【ウェアウルフ】vol.5 サテュロス

    【ウェアウルフ】vol.5 サテュロス

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。
    幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。

    第5弾は半人半獣、下半身が山羊の「サテュロス」。パンと同一視も。
    ブーツと一体になっているサルエルパンツ。ブーツの先には蹄があしらわれています。

    ウェアウルフのSUZURIのURLはこちらです。

    【ウェアウルフ】vol.4 クラーケン

    【ウェアウルフ】vol.4 クラーケン

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。

    幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。
    第4弾は巨大タコや巨大イカと言われる「クラーケン」。フレアスカートからたくさんの触手が伸びています。

    ウェアウルフのSUZURIのURLはこちらです。

    【ウェアウルフ】vol.3 ケンタウロス

    【ウェアウルフ】vol.3 ケンタウロス

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。
    幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。第3弾は半人半馬「ケンタウロス」。レビヤタンよりも、より大きなバッスル・スタイル。尻尾をベルトにして巻き付けています。

    ウェアウルフのSUZURIのURLはこちらです。

    【ウェアウルフ】 レヴィヤタン

    【ウェアウルフ】 レヴィヤタン

    ウェアウルフというブランドをスタートさせました。
    幻獣モチーフを着たモデルのイラストをアイテムにして、SUZURIで販売しています。
    第2弾は海の怪物「レヴィヤタン」。クジラの姿で描かれることもあるようなので、クジラのイメージも取り込みました。

    ウェアウルフのSUZURIのURLはこちらです。

    【ウェアウルフ】 ユニコーン

    【ウェアウルフ】 ユニコーン

    昨日、頭痛がして、原稿もできず、本も読めなかったので絵を描いていました。

    Instagramにアップしたあと、これシリーズにしたら面白いよね、と思ったのでした。瞬く間に、いろんな想像が連鎖して、すぐにSUZURIでアイテムも作成しました。

    ブランド名は『wearwolf』。ウェアウルフ。ハイファンタジーなダジャレです。
    ボルヘスの幻獣辞典を参照して、これから、いろんな幻獣を纏ったモデルのイラス

    もっとみる
    ミトシャの植物採集、スタートしました!

    ミトシャの植物採集、スタートしました!

    三兎舎のnoteで『ミトシャの植物採集』という物語がスタートしました。

    物語をわたし石川葉が、絵を茅野カヤさんが描きおろしています。物語は次回以降に本格的に動き出します。

    三兎舎のnoteでは、植物採集の他に、ミトシャが美術展を訪れるアートハント、インスタグラムに投稿されたお菓子の記事を月ごとに集めたスイーツハントまとめ、といったコンテンツがありますので、ぜひご覧ください。フォローもお待ちして

    もっとみる
    三兎舎 はじめました!

    三兎舎 はじめました!

    三兎舎というプロジェクトをはじめました。

    上記のエントリーに詳細を書いていますが、こちらでも紹介させてください。

     これまでもカヤさんとは、spin a yarn + kayaやMarch hare singsなどでコラボレーションしてきましたが、今回はroverdoverとのプロジェクトとなります。
     石川葉単独で行ってきたコンテンツの延長線上に見えますが、より洗練された、きっと全く違う情景

    もっとみる

    ようやく長編の執筆に取り掛かりました。5枚書いたらspin a yarnをご褒美として書いてもいい、というルールを決めたのだけれど、原稿を書くと脳がくたくたになっていて、書けないことが分かりました。また沈黙が多くなりますが、しっかり結果を出しますので、期待して待っていてください。

    【spin a yarn】
    自分が見当たらない曇り空の今日は
    歩くことや音聞くことを
    丁寧に行い
    それで十分、という日を過ごす
    倒れるように現れる、わたし、わたし、わたし
    まだ所在がない
    どれもわたしだけれど、皆、少しずつ虚ろ
    欲しい物を尋ねれば
    囀りの翻訳
    君という言葉はあるの

    【spin a yarn】
    体に花が咲く
    全身は色とりどりになり
    自分は土と自覚する
    その幻想が何を意味しているのかを
    わたしは知らないでいるけれど
    ほころぶ、と笑う
    白骨のわたしと目が合い
    霊よ、骨よ、花よ、と歌う

    【spin a yarn】
    夕方に手が届くこと
    その喜びが思いがけず
    いつから、と振り向けば
    年端のいかないわたしが佇んでいる
    長く待った、と言う
    それはすでに、わたしを纏っている
    深く息を吐く
    球根を目覚めさせるのは誰なのでしょう、と

    【spin a yarn】
    春めく
    ドラムロールが聞こえる
    心は浮き、そして安堵する
    悲しい記憶はあり、
    ずっと見えない不安に包まれたままだけれど
    春はいいな
    足の裏を叩く
    枯れた枝は、もう仮初めに見え

    【spin a yarn】
    窓にふれる
    指がふるえる
    音を聞くこと
    いつからか、痕跡を残すことを恐れてしまって
    小さく生きている
    音を聞くこと
    不覚に知られても
    それは輪郭
    指がふるえる
    窓をやわらかくすると
    朝の震えが白く曇る