spin a yarn

480
ノート

【spin a yarn】
空の底は夜に満たされている。
いくらか朝の気配が混じり、対流がはじまる。
流れに足を取られ、溺れるように眠る。
銀色の影を見る。
朝、咳き込むと、何かが口から飛び出す。
透明な鱗。
眠っている人間は、生温い洞窟。

サンキュー。コンペイトウの瞬きが甘く心を照らしますように。
3
サンキュー。綿毛と一緒に舞うような、自由な時間がありますように。
4

【spin a yarn】
夜の乙女の髪を梳く。
知っているが言わない。
梳いた髪を編み込む。
夜は厚みを増し、よそゆきの顔をする。
嫁ぐように待っている。
あと何回の夜。
何回の朝(あした)。
たゆまず夜を行い、眠りに就く。
永遠の花婿が来るまでの繰り返し。

サンキュー。袖口から花びらが甘く香ってこぼれますように。
10
サンキュー。星のかけらの瞬きが、枕の裡に灯りますように。
7

【spin a yarn】
毎日あるのに
星は美しく
心に映せば
ぱちぱちとまたたく
ああ美しいと胸をおさえる
ひとりで喜ぶことを忘れないように

サンキュー。星のかけらの瞬きが、枕の裡に灯りますように。
8
サンキュー。親しいカモシカと夢で冒険できますように。
5

【spin a yarn】
眠りは液体。
飲み込めば呼吸ができる。
夜になる。
おおむね夢が、その夜の味わい。
眠りは、なみなみとたたえられている。
逃げ水のような日は、少し眠りを休めばいい。
飲める時に、ひと口ずつ、ゆっくりと。
楽しんで、いいのよ。
よい夜を。

サンキュー。袖口から花びらが甘く香ってこぼれますように。
7
サンキュー。親しいカモシカと夢で冒険できますように。
8

【spin a yarn】
心を遊ばせる。
手につかないものを後回しにし、自由にする。
空振りの雨は口の中で甘く転がる。
なかったものをあるようにする。
わたしの仕事。

サンキュー。酸いイチゴが、たちまち甘くなりますように。
8
サンキュー。昼の星の瞬きが瞼の裏にありますように。
8