spin a yarn

742

【spin a yarn】
心の波打ち際に残されるのは洗われたガラクタで、べとべとしていないので、好きだ。ポケットに突っ込む。時々、オバケも流れ着く。助けないと取り憑くぞ、と脅すので放っておいた。すると私の周りをうろつくようになった。毛むくじゃらでかわいいので、モヘコと名付ける。

サンキュー。綿毛と一緒に舞うような、自由な時間がありますように。
4

【spin a yarn】
口の中でころがしているのはなあに?
素敵な飴玉。
なにあじ? あたしにもちょうだい。
味はポエジー。さあ、真似をして。ラルラルラルラマツクラナ
らるらる? へんなの!
素敵でしょ。ユウレイノウタっていう詩よ。
ゆうれい。こわい。
怖楽しくて素敵でしょ。

サンキュー。夜のインクが楽しい夢を綴りますように。
7

【spin a yarn】
体の中のあちこちが消灯しはじめました。
煌々と点いている目の奥の光も暈がかかってきました。
今日はもう終わりだあ。
嘆きのような、隠せない喜びのような声がこだまします。
おやすみ、よい夢を。
(素敵な写真はInstagramに載っています。ふふふ)

サンキュー。枕のようなギモーヴがいつか突然、届きますように。
6

【spin a yarn】
わたしはアニスのキャンディ。
君が口さびしい時に現れて、束の間、目の奥に潜むよ。
糖衣をまとい、君の口をあまくあまくさせる。
明日、忘れてもいいよ。
それでも、わたしが指をぱちんと鳴らせば、たちまち君の鼻先に甘さの余韻。
きっと世界のウインクを見るよ。

サンキュー。親しいカモシカと夢で冒険できますように。
3

【spin a yarn】
見えないティアラを戴いて、背すじを伸ばして歩く。
自ら選び、自ら載せる。
胸を張って歩むことを誰かに承認される必要などない。
褒められたら、喜ぶ。媚びなくていい。
それぞれが戴いているものを、貶す必要もない。
いつか霜を戴いても、まっすぐでいるために。

サンキュー。綿毛と一緒に舞うような、自由な時間がありますように。
7

【spin a yarn】
影と踊る。
ステップはあなたの方が上手ね、足も長くて。
そうよ、とピルエットしながら影の言う。
恥ずかしくないの、ちっとも。
わたしは、恥ずかしくてうまく踊れないのか。
それならわたし、こうして歌うこと、恥ずかしくない。
そうよ、と影の歌うように回る。

サンキュー。袖口から花びらが甘く香ってこぼれますように。
3

【spin a yarn】
涙が出る、嬉しくて。
体のこわばりがとけ、頭の靄が晴れる。
天気よ、と嘯く私たちは、みな、ほっとしている。
インクの子どもたちにおめかしをしないと。みんな、淋しそうに、気ままにしている。ごめん、と言いかければ、私たちが首をふる。
感謝よ、祈りに。主に。

サンキュー。親しいカモシカと夢で冒険できますように。
7

【spin a yarn】
今も手はこわばったままだけれど。
今日の不思議を見つけたいと、ベッドを抜け出し、窓から星を見る。
震える指先に星は降りてくる。
知らない言葉を語り、消える。
なんて喋っていたかなあ。
わたしが違う星に行ったら、なんて喋ろうかなあ。
ギモーブおいしい!

サンキュー。枕のようなギモーヴがいつか突然、届きますように。
5

【spin a yarn】
わたしは物語に仕える。
インクの子どもの召使いとなる。
おめかしをして、さあ、行ってらっしゃい。
のびのびと自由にさせる。
気を配り、責任を取る。
変わっていていい。疎まれてもいい。
あなたは素晴らしいと認める。
腕が足りないのはわたし。まだまだ学べ。

サンキュー。星のおしゃべりを盗み聞きできますように。
6

【spin a yarn】
嬉しくなりたくて書いている。
(世界の秘密)
好ましいことばかりではないのかもしれない。
それでも。
蝶のはばたきを見て微笑みに感じてしまうのを、毀さず伝えられますように。
それは幼な子のウインク。
誰に向かっていなくても、見つけたら、愛しく嬉しい。

サンキュー。袖口から花びらが甘く香ってこぼれますように。
7