縮小_P8282415_-_コピー_-_コピー__2_

本のナカのホンモノ

我が家は「本の虫」と「音楽の獣」と「窯つむり」がいるので地下部屋に住んでいる。うそのような本当の話。本の話はどこからしていいのか分からなさすぎて避けてきた。今日もちょっと避けて、一冊だけクマがご紹介。

ちなみに下の写真は、我が家のリビングに「現在進行中」で読まれている本の数々を撮ってみた。数週間で読み物は変わる。上段左から時計まわりに、家人の島、青春の島、下段がわたしの島。これらは家族の目にさりげなく毎日ふれているので、読みたい人は次に「貸して」といって順繰りまわることもある。とても自然で便利な家庭内システム。

さて、この中から一冊ご紹介。


◎「イタリア 小さなまちの底力」 (講談社プラスアルファ文庫)

題名の通り、イタリアの町の住居環境などが書かれている本。この中で、先月もミラノで居候していた師匠の自宅が数ページ紹介されている。

⇑上のページは、師匠の自宅から工房までの道のり。


⇓じゃじゃーん、このページが師匠の自宅兼ギャラリースペースの紹介。

ズームしてみよう。

本のイラストとは反対から見ているが、奥が版画プレス機などがある部屋。わたしは写真まんなかに土鍋が転がっているその作品台座をパーテーションにして、むこうがわにマットレスを敷いて眠っていたというわけ。

なんと滑稽で贅沢な!
友人はみな驚いて「狭っ!」「若っ!」などと目を丸くしていたけれど、わたしには普通というより、贅沢中の贅沢に思えた。毎晩が、師匠の作品に囲まれたナイトミュージアムなのだから。ナイトミュージアムの様子は、気力があったら今度記事にしたいと思っているけれど。

きょうはこの辺でおしまい。

1ヶ月の居候生活で、すっかり弟子時代の私に戻った。
本のナカのホンモノには、動く風、動く光、動く時がある。めくれないページがあるのだ。

時間の数え方は永遠に同じでも、スキップなんかしないで丁寧に大きな声で数えたいと思うようになった。

**
ヘッダー写真 :「サル」Cocciorino作 /「豆本」青空文庫(友人作)**

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お礼に花の香りを!
26
書く陶芸家コッチョリーノ(地球のかけら)。90年代「イタリア陶芸修行」1999年「陶芸工房Cocciorino設立」2013年「ライター職をすて陶芸一本化」2013年より「旅する土鍋」スタート。以後、日伊を往復して土鍋で郷土料理の紹介など。WEB: tamamiazuma.com

コメント8件

owenoさん、うれしいコメントありがとうございます!地下の書庫収納にセンバツされる本たちはかなりマニアックです!やはり本の山は定期的に片付けないと自然災害起こりますから「かたづけなよ」と言い合いますが(^_-)
Chi*puiさん、同じ本を読みあうと同じ言葉を共有する楽しさと視点の違いが本当におもしろく頭の柔軟運動になりますね!ケータイやゲーム機とは違い紙の本はオープンな感じでありつつ個人の意見が尊重される珍重すべきモノですね!
ふむふむ、本からご家族の様子がよくわかりました!笑
いつぞや写真で見かけた師匠宅の本の山が絶妙なバランス感覚と高さがあってミラノのpalazzo verticaleみたいと思いました。
おサルさんの読んでいる本!ちゃんとお話が書いているのですよね!!
Motokoさん、わあ本当だ!師匠宅の本の氷山はGalibardiエリアのような美しさと微妙な危うさも秘めていますよね!Motokoさんは我が家の地下本部屋を早くから注目してくれている貴重なお一人様です。豆本はもちろんミラノにお持ちしたミニミニバッグの豆本と同じ作家さんです*.*!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。