マガジンのカバー画像

実践!ゼロから学べるLowBackPain

本noteマガジンはベテランの腰痛治療のスペシャリスト(理学療法士)3名が腰痛に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。噛み砕いてゼロから… もっと読む
最低月3回以上のコンテンツを見ることができてかなりお得です!本noteマガジンはCLINICIAN… もっと詳しく
¥980 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

胸腰筋膜と腰痛 〜介入方法〜

こんにちは!腰痛マガジンメンバーのこじろう(@reha_spine)です。 今回のテーマは「胸腰筋…

1日前

【番外編】臨床力学セミナー

こんにちは、だいじろうです。 はじめに前回は【番外編】として「関節運動の仕組み」について…

2週間前

iliac compression syndromeを紐解く

初めにどもです!岡(@TrainerWao)です! 本日は 『iliac compression syndrome』 を解説…

400
3週間前

胸腰筋膜と腰痛

こんにちは!腰痛マガジンメンバーのこじろう(@reha_spine)です。 今回のテーマは「胸腰筋…

1か月前

【番外編】関節運動の仕組み〜力学の視点から捉える〜

こんにちは、だいじろうです。 いつも足マガジン・腰マガジンをご購読いただき、ありがとうご…

1か月前

Common Sense Modelを紐解く

初めにどもです!岡(@TrainerWao)です! 今回は 『Common Sense Model』 について解説し…

400
1か月前

Hip spine Syndrome 〜前額面と矢状面におけるアライメントチェック〜

こんにちは!腰痛マガジンメンバーのこじろう(@reha_spine)です。 前回はHip Spine Syndrome(以下、HSS)について以下の点についてまとめました。 ✔︎ HSSの4つのパターン ✔︎ 姿勢を確認する上で重要となる「C7垂線:C7 plumb line」 ✔︎ 「Spine to hip」と「Hip to spine」について HSSの4つのパターンについておさらいしておきます。 ① Simple hip-spine syndrome 「股関節

スキ
3

股関節への介入効果を最大限にする下準備

こんにちは、だいじろうです。 腰部疾患への介入の1つとして、股関節機能に介入することは少…

2か月前

Dorsal Thoracic Arachnoid Webを紐解く

初めにどもです!岡(@TrainerWao)です! 今回は 『Dorsal Thoracic Arachnoid Web』 を紐…

300
2か月前

Hip Spine Syndromeから腰痛を理解する

こんにちは!腰痛マガジンメンバーのこじろう(@reha_spine)です。 今回はHip Spine Syndr…

3か月前

腰部脊柱管狭窄症に対する理学療法

こんにちは。だいじろう(@idoco_daijiro)です。 先日、私が主宰・運営しているオンラインコ…

3か月前

Snapping Hip Syndromeを紐解く

初めにどもです!岡(@TrainerWao)です! 今回は 『Snapping Hip Syndrome』 を紐解いてい…

300
3か月前

脊椎圧迫骨折に対するアプローチ〜運動療法と手術〜

こんにちは!腰痛マガジンメンバーのこじろう(@reha_spine)です。 今回は脊椎圧迫骨折に対…

4か月前

コア?体幹?腹圧?改めて用語の定義を考える

こんにちは。だいじろう(@idoco_daijiro)です。 先日、こんなツイートをみかけました。 この「コアが入る」もそうですし、近しいところで「体幹が使えてる」とか「腹圧が高まる」といった医学的には曖昧な表現が用いられるケースは臨床でもよくみられるのではないでしょうか? とくに体幹に関係する領域では・・・ 実際、私も臨床では「体幹が使える」とか「腹圧が高まる」といった表現は用いることはあります。 個人的な見解としては、そういった曖昧な表現だったとしてもそれを伝え

スキ
2