見出し画像

【I♡ME】自己理解①仕事で使う能力

土谷 貴志
皆さんは、自らが得意としている仕事はご存じですか?

得意な能力を仕事で十分に発揮できてますか?

適材適所、適所適材の仕事をしていますか?


ほい!おはこんばにちわ!たかしです!

今回は、前回の「【I♡ME】自己理解とは。」の続きになります。
ご覧になられてない方は、ぜひ、前回の記事をご覧になった方が、この記事が100倍以上楽しめますので、ご覧ください!


第1弾!自己理解を深める方法【仕事編】

今回は見出しにもあります通り、「仕事の能力」にフォーカスを当てた自己理解を深めるについてお話します。

まず、皆さんに質問です。

どうして、自己理解を深めた方が良いと思いますか?

答えは簡単です。以下4点のことができるようになるからです。

画像1

こちらのことができるようになれば、仕事で自分の能力を発揮でき、出世ができると皆さんは思いませんか?

そのために、今から、「仕事の能力」の自己理解を深める方法をご説明します!


今回の方法で理解が深まる仕事の能力

まず、このツールで分かる仕事の能力です。

画像2

4つのカテゴリに分類されており、細かく分けると12の能力に分かれています。(詳しい内容は、上図をご覧ください。)

 1.考える力
   「現状分析ができる力」と、「先々のことを計画できる力」です。
  これは、管理職や、マネージャーには必須になる能力ですね。

 2.行動力
  「主体的に行動する力」と、「新しい方法を見出す力」です。
  これは、実際に手を動かして作業する人には必須になる能力ですね。

 3.指導力
  「後輩などに仕事を教える力」と、「悩みなどを丁寧に聞く力」です。
  これは、リーダーや、OJTには必須になる能力ですね。

 4.人間力
  ここは1~3の全ての基礎となる、「人間力」です。
  人間力が高ければ、誰からも愛される人になれますね。


自己理解を深める方法

ここから、待ちに待った自己理解を深める方法です。
この36個の質問に、1~5で答えてください。
記事を見ながらやる方は↓からダウンロードしてください!

質問 ※全て「仕事」をする自分と当てはめてお答えください。

画像3

回答 ※私の回答です。

画像5

皆さんはいかがでしょうか?どのようになりましたか?
次に以下のように、問題NO毎の合計点数を出してください。

画像5

あら、不思議!全ての能力が数値化されたじゃないですか!!
私は、「人間力」が一番低くて、「考える力」と、「指導力」が高いですね。

このように、このツールを用いると自分の仕事の能力が一目瞭然になる簡易的なツールです。簡単なので、やりやすいですね。

これだけのことをするだけでも、自分の能力が数値化されるので、自己理解を深めやすい。と思い、今回はこの方法をご紹介させていただきました。

ぜひ、皆さんも一度やってみてはいかがでしょうか?

次回は、プライベートにフォーカスを当て、
自分がどんなときに「楽しい」や、「悲しい」と思うのか。を理解する方法をご紹介しようと思います。

登録して待て!!的な。笑


私が運営している事業はこちら!

https://www.lifetime-smile.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!