見出し画像

野沢温泉が世界から注目される可能性

 2年ぶりに野沢温泉へ。前回はHIUの冬合宿とゲーテの取材も兼ねたスノーボードであったが、今回も長野の講演会を絡めたツアーの一環だ。
 ニセコのパウダースノーとは違うが春スキーのシャリシャリ雪も悪くはない。朝から午後までずっとゲレンデで滑っていた。
 野沢温泉の良さは、なんといっても温泉だ。ほんのり硫黄臭のする熱い温泉に我慢して入ると疲れが吹っ飛ぶ気持ちになる。そして温泉たまごを食べて一丁あがりである。
 野沢温泉には13個もの外湯と呼ばれる公衆浴場がある。驚くなかれ、コレが全部タダなのである。石鹸とかシャワーとかの身体を洗う設備はないところが多いが、泉質も良く人気のスポットとなっている。
 今回泊まっている宿はなんと中に温泉が引いてあり、わざわざ外に行かずとも温泉に浸かれるということでスノーボードを終えて速攻で浸かった。

 そういえば、私が野沢温泉に初めて行ったのは19歳の時だ。当時は空前のスキーブームだった。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 456文字
記事を購入する

野沢温泉が世界から注目される可能性

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
55
どーもー!