鼻毛警察の出現で気付いたこと
見出し画像

鼻毛警察の出現で気付いたこと

堀江貴文(Takafumi Horie)

 鼻毛警察のその後だが、『AERA dot.』のサイトで記事になっていて、しかも天下の朝日新聞グループの記者が鼻毛ツッコミした人に取材までしていて心底くだらないと思ったのだが、鼻毛ツッコミした人が
----------
“鼻毛警察はどんな人物なのか。本誌は堀江さんの鼻毛を指摘した会社員の男性(38)に話を聞くことができた。男性はこう語る。

「あれだけ有名な方が楽しいことをツイッターで共有しているのだから、鼻毛を指摘して盛り上げないと失礼だと思いましたね。画像から『早く鼻毛のことを突っ込め』と聞こえてきましたから」“
※「AERA dot.2021.1.2215:00 週刊朝日」の記事より引用
----------
と答えていて、更に意味がわからなくなった。
 なぜ「突っ込め」と聞こえてくるのか? 私は「突っ込め」などとは一ミリも思っていない。
 そうしたら、YouTubeの動画配信チームから「“鼻毛警察”の話題をやってください」と指令が飛んできた。
 そこで話をし出したら、気づいたことがあった。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 683文字
記事を購入する

鼻毛警察の出現で気付いたこと

堀江貴文(Takafumi Horie)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀江貴文(Takafumi Horie)
どーもー!