涼野海音(すずの・うみね)

香川在住の俳人。句集『一番線』。俳句四季新人賞、村上鬼城賞、受賞。開催中の句会(通信句会もあり)http://site-1906708-8669-539.mystrikingly.com 読書ブログ http://suzunoumine.blog.fc2.com/

涼野海音(すずの・うみね)

香川在住の俳人。句集『一番線』。俳句四季新人賞、村上鬼城賞、受賞。開催中の句会(通信句会もあり)http://site-1906708-8669-539.mystrikingly.com 読書ブログ http://suzunoumine.blog.fc2.com/

    最近の記事

    固定された記事

    受賞作と活動歴

     今日は俳句や写真でなく、私の受賞作(ネットで公開されているもの)や活動歴のリンクを自己紹介代わりに貼る。 第3回石田波郷新人賞↓ http://www7a.biglobe.ne.jp/~kimono-ins/03-isida.html 第4回星野立子新人賞↓ https://hoshinotatsukoprize.jp/archive_category/fourth/ 第一句集『一番線』(文学の森)より。(現在、作者の手元に残部なし)↓ https://iron

    スキ
    39
      • 南直哉『「前向きに生きる」ことに疲れたら読む本』より

          情報の99パーセントはなくてもいい      テーマを決め、それに賭けて生きてみる      怒りで頭の中がいっぱいになったら、ルーチンな作業をする

        スキ
        3
        • 俳句は習うものか、自ら学ぶものか

           芭蕉の有名な言葉に、「俳諧は教へてならざる処あり。能く通ずるにあり」(『三冊子』)がある。  入門時から学習者は、自分で解決策を模索し、指導者もそれを見守りつつ待っている忍耐力を持つべきではないだろうか。

          スキ
          1
          有料
          500
          • 森博嗣『集中力はいらない』より

              「きょろきょろ辺りを見回す」思考を長時間続けたあと、突然、なにも   考えない空白の場に置かれたときに、発想は生まれる。格好良い言葉   にすれば、「無の境地」のようなものか。

            スキ
            6
            • 戸部田誠『タモリ学』より

              帯文「タモリは過去や未来にこだわることの不毛さに対し、若い時から(あるいは幼少時から)問題意識を持ち、考えぬいた末に「現状を肯定する」という生き方を選択した。」       タモリは芸能界入りするにあたり、自ら4つの戒律を定めたという。   1だれの弟子にもならない   2組織には属さない   3頭をなるべくさげずにカネをもうける   4色紙にサインするときは、名前の横に添えるモットーのようなもの    持たない

              スキ
              8
              • 前野 マドカ・前野 隆司著『そのままの私で幸せになれる習慣』より

                幸せになれる4つの因子 1:やってみよう 2:ありがとう 3:なんとかなる 4:ありのままに

                スキ
                8
                      • 選句力

                         句会で回ってくる句をすべて写そうとする人がいる。あとですべての句に作者名を記したり、自分がとっていない句があった時に見直すためであると思われる。  選句の早さは人それぞれであるし、必ずしも早いことが良いとは言い切れない。だが、上記のような行動は周囲の迷惑になるため、避けるべきである。  このような行動は本当の意味で選句をしていることになっていないからだ。

                        スキ
                        1
                        有料
                        500
                        • 句会の形態

                          ※ 結社の句会 ○本部句会 ○支部句会 (いずれも指導句会が多い。やはり主宰が参加している本部句会の方がレベルが高いことが多い)。 ※ 超結社の句会 (合評句会が多い。句会のレベルは参加者の句歴に左右される)。

                          スキ
                          7
                            • 俳句をダメにするもの

                               ○吟行や句会のときに俳句以外の事を考えている  ○必要な数だけ、締め切りに間に合わせるためだけに句を作る  ○他者の句を読まず、名句の良さを理解しようとしない  ○自分の句をとってくれる人ばかり求める  ○不必要に恥ずかしがる    ○いったんついた力は落ちないと思っている  ○古今の一句、師の一句、また自分の一句がいえない  ○根気がない  ○俳句以外の養分がなく、また吸収しようとしない。

                              スキ
                              24
                              • 俳句の継続は難しい

                                「俳句を詠むこと」自体は容易であっても「俳句を継続すること」は非常に難しい。 「入門者」も多いが、「中断者」も多い文芸ということは確かであろう。 「俳句をやめてしまう」人がとても多いと分かった。進学・就職・引越しなどが、きっかけで句会に参加できなくなった時、ほとんどの人が俳句を止めてしまった。また「お金と時間」などの問題で結社を退会した人も、然り。句作の場や環境、学習意欲などが、俳句の継続を左右する。

                                スキ
                                17
                                • わが愛する俳人

                                  正岡子規、高濱虚子、鈴木花蓑、高野素十、皆吉爽雨、清崎敏郎、波多野爽波。 先人たちにはずいぶんと「客観写生」の技法を教えてもらった。 (具象的・即物的把握、単純化、省略、表現の平明化) 俳句を始めて四、五年の間、彼らの句をノートに書き取ったことが私の一番の勉強となった。虚子選の「ホトトギス」や爽波選の「青」を数冊持っているが、投句者の句に恐ろしいぐらいの冴えを感じる。(今の結社より昔の結社の方が落選率が高いことは言うまでもない)   読書ブログ↓ http://suzuno

                                  スキ
                                  21