大洗サーフレジェンドヒストリー 風の来し方、波の行く末。

「この街で最初に波に乗ったのは誰だ?」 茨城県大洗町を舞台に、サーフィンの導入と発展を紡ぐリサーチプログラム。 この街のレジェンダリーサーファーたちからかつての海を記憶を聞き、次世代に繋いでいく試みです。

Legend2:小野瀬祐一さん(4)

(前回の続き) レジェンダリーボード (倉庫に移動して) ––––この板を小野瀬さんのイトコのお兄さんが使ってたんですか。 小野瀬:使ってたと思うんですよ。ガレ…

Legend2:小野瀬祐一さん(3)

(前回の続き) 阿字ヶ浦から大洗へ 小野瀬:その頃の大洗って、サーフィンはあんまり(主流ではなかった)。夏は午後から南風が吹いちゃう。午前中はできるんだけど、自…

Legend2:小野瀬祐一さん(2)

(前回の続き) 大洗の“free and easy” 小野瀬:自分の一世代前には、もう大洗が(サーフスポットの)メインだった。“free and easy”っていうお店が大洗にあったって…

Legend2:小野瀬祐一さん(1)

サーフショップウェッジオーナー:小野瀬祐一さん  サーフショップ「ウェッジ」は、大洗町の最北端、那珂川の河口からほど近い場所にある。栃木県の那須岳を源とするこの…

Legend1:坂本清克さん(4)

(前回からの続き) 現在の大洗サーフィン事情 ––––今と昔で変わったことってありますか。やってる人は当時より増えましたよね。 坂本:(サーファー人口が)増えた…

Legend1:坂本清克さん(3)

(2020.7.6一部訂正) (前回からの続き) 坂本さんのサーフヒストリー ––––坂本さんは大洗から離れたんですか。 坂本:一八のときに神奈川に行った。サーフボード…