見出し画像

初めて行くお店では店員さんのサポートが何より大切

僕は仕事の休日前にはよく寄り道をする。

やはり次の日のプレッシャーがないことは、新たなことに挑戦したりクリエイティブな発想が起きやすいからである。

先日、海沿いにハンバーガーがメインのカフェがオープンしてたので行ってきた。

店の前が海でロケーションも良く素敵だなと思って店内へ。

カウンターキッチンに3人ほどのスタッフさん。
入店して『いらっしゃいませ!』はあるが、顔を上げるスタッフはいない。

少しタイムラグがあったがいざ注文へ。

ハンバーガーとサラダとドリンクのセットにした。
ドリンクをお選びくださいと言われたので一覧に載ってる店名のついたソーダにしてみた。

ソーダだけ少し値段が高いのであらかじめ

『この中から選んで大丈夫ですか?』

と確認をしてからソーダを頼んだ。

なのにいざソーダを頼むと

『こちらは+200円になりますが…。』

と言われた。

だからさっき確認のために聞いたのに…。。

まぁそこまでは別に気にせず席へ移動した。

本当は海が見える窓際の席が良かったけど、そこは2人席だったし僕は1人だったので遠慮して普通の席へ座った。

すると開店祝いの植物のせいか、小バエが割と飛んできてしまって全然落ち着けなかった。

数席隣にオーナーらしき人が座っていたが、全くそこは気になってないみたいだった。

ロケーションと店構えは本当に素敵で言うことなかっただけに、人の少しの気遣いや気付きで評価を落とすのは非常にもったいないと感じた。

そう、同じ接客業としてまた改めて勉強になった。

初めて来てくれるお客さんはなんにも分からない。
たくさんの店に行ってる人ほどルールも店によって違うこともわかってるが故に”この店はどうなんだろ?”と選択肢がたくさん頭に浮かぶ。

不安な気持ちやお客様に恥ずかしい思いをさせないためにも、もう一度スタッフみんなで意識しようと決めました。

そこのお店での滞在時間、約40分。

たったこれだけの時間で新しい何かに気付かせてくれる。

新しいことやいつもと違うことにチャレンジすることが、きっといい経験になる。


できるかぎりたくさんの行動をしよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

色んなジャンルの書きたいことを書いていきます。 是非とも応援よろしくお願いします。

これからも更新します!よろしくお願いします(●^o^●)
6
現代における美容業界の話やヘアサロン、新サービスの事についてnoteに書いてます。 過去作はメンタル面や社会情勢について書いてたことが多いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。