スミカ探求舎

家や住む場所・暮らしをつくり出すことについて、日々探求しています。その過程や成果をシェア。一緒に探求しませんか??

スミカ探求舎

家や住む場所・暮らしをつくり出すことについて、日々探求しています。その過程や成果をシェア。一緒に探求しませんか??

    最近の記事

    どこから手をつけていいのか。5年放置された家〜北鎌倉空き家再生プロジェクトno.3〜

    物から見えた家主の人柄 住んでいたままの状態で5年間放置された家。マスクをしていても、ここに入って大丈夫かな?と躊躇するほどのカビや埃。それでも初めてこの家を覗いた時に見えた絵画や置き物から受けた印象は「趣味が良さそう。」という好意的なものでした。 それにしても、まずはどうにもならない物は捨てなければ。夫と私、そして私の両親にも手伝ってもらい、カビや汚れが酷かったり使えない物は分別してとにかく捨てました。台所には使いかけの醤油や飲みかけのお酒の瓶、冷蔵庫にはなんと生卵!お

    スキ
    18
      • 鎌倉の山側暮らし、四季の恵みを食す

        春から初夏の恵みと活用 しばらく空き家再生の話しが続いて荒れている家の写真が多かったので、今回は少し話題を変えて、野草や山菜、梅の活用の話しを。 今改修している空き家のすぐ上は山です。北鎌倉の家々には季節を感じられるような花木や果物が成るような木が植えられている家も多い。春から夏にかけては食べられる山菜、野草、果実が、豊富にあり時期を逃さないように採って食べるのが楽しい時期です。 2月1番寒い冬の時期にまず咲くのは梅の花。こんな寒さの中でも春に近づいているのだなぁと勇気

        スキ
        11
        • 荒れ放題の庭を片付ける〜北鎌倉空き家再生プロジェクトno.2〜

          緑にのみ込まれた家 山際で5年間放置され草木が鬱蒼として家も見えなくなっている。蔦がはびこり、屋根の上に降り積もった落ち葉が土になるほどに時間が経ち、そこに飛ばされた種が芽を出して木が育ち始めている。庭は笹で覆われて、隣りの竹林からは竹が侵食してきていた。シュロやヤツデなど太めの低木も庭の真ん中に陣取っている。 家の中を片付けるにも物を運び出すスペースも無いような状態。まずは家族である程度庭に入れるくらいまでに、笹を刈ったり竹を切ったりし始めました。 大木はプロに 屋根に

          スキ
          13
          • ボロボロの空き家との出会い〜北鎌倉空き家再生プロジェクト no.1〜

            空き家との出会い 引っ越した家の上の山際に、鬱蒼とした緑に囲まれひっそりと建っていたかわいらしい赤いおうち。聞けば5年以上空き家になっているのだという。引っ越し前もすぐ近くに住んでいたのにこんな家があるとは気づいていなかった。車が通れない路地を入り、更に自転車も持ち上げられない階段を上がってしか辿り着けない。 子育てをするのに緑が多い土地に移住を考え始めた時から夫と思い描いていた理想がありました。広大な敷地に家が数軒建っていて1軒に住み、1軒は他の人が住み、もう1軒はいろい

            スキ
            32
            • 鎌倉の山側暮らし、四季の恵みを食す

              スキ
              11
              • 荒れ放題の庭を片付ける〜北鎌倉空き家再生プロジェクトno.2〜

                スキ
                13
                • ボロボロの空き家との出会い〜北鎌倉空き家再生プロジェクト no.1〜

                  スキ
                  32
                  • 『スミカ探求舎』という屋号に込めた想い

                    スミカ探求舎です。 「スミカ」という言葉の響きが好きです。"いえ”や"すまい”や"くらし”にはない動物が巣をつくるようなより根源的な人の営みや、器だけではなく湿った中身を伴う印象のある言葉です。 今回は屋号について書きたいと思います。 まずは「スミカ」について。 私達は、その時々の家族の状況や優先したい価値に応じてヤドカリのように住み替えてきました。 埼玉の会社に勤めながら、夫婦2人の時はあえて家賃の高い上り方面の東京の寺町谷中のワンルームマンションに住み、子育てを機に更

                    スキ
                    20
                    • はじめまして。「スミカ探求舎」です。

                      はじめまして。『スミカ探求舎』です。 メンバーは市川忍と美菜子という夫婦です。 小学校低学年になる娘と息子がいます。 新卒後入社した住宅会社で出会った私達。 結婚してからも私達の最大の関心事は常に家と暮らしまわりのことでした。 祖母が亡くなり取り壊されることになった築100年ほどの家から床材や梁を貰い受けてきて、賃貸アパートのあまり気に入っていなかった内装を覆うように壁として並べたり、テーブルを作ったり。 その後寺町である東京谷中に移り住み、歴史のある街並みや建物の良

                      スキ
                      61