埼玉 整理収納✖育休教員復帰サポート・村田美智子

元小学校教師の整理収納・育休ママコーチ。 教職と育児の両立に悩み退職した経験から、【家族参加型】の整理収納と思考の整理で「暮らしの土台作り」をお手伝いしています。教員の働き方改革を、個人レベルから応援中♪ https://sukkiri-style.com/

埼玉 整理収納✖育休教員復帰サポート・村田美智子

元小学校教師の整理収納・育休ママコーチ。 教職と育児の両立に悩み退職した経験から、【家族参加型】の整理収納と思考の整理で「暮らしの土台作り」をお手伝いしています。教員の働き方改革を、個人レベルから応援中♪ https://sukkiri-style.com/

    最近の記事

    固定された記事

    育休中の教員がスムーズに復帰するための4つの「整え」

    はじめに今、育休中のあなたは、こんな気持ちではありませんか? 「あんなに忙しい職場でやっていけるの?」 「復帰後は、家事も育児もほぼ私一人でやることになるのだろうか」 「そもそも、復帰後の生活がどのようになるのか、想像もつかなくて不安!」 実はこれらの気持ちは、全て私が育休中に思っていたこと。私は、公立小学校で14年間教員をしていました。その間、2回の育休を取得。 出産前は「膨大な仕事量を時間の長さでカバーする働き方」をしていた私にとって、復帰後の生活を想像すると、冒頭のよ

    スキ
    47
      • 「なんで?」を、「だからか!」に変えるエニアグラム~らら講座2期終了~

        昨日、「らくとらしさの基本講座」第2期が終了しました。 こちらは、エニアグラムお片づけ士®のおおのよりこさんとのW講師(よりこみちこ)でおこなっている3回講座。 自分の資質や家族の資質を知ることで、ストレスがぐんと減るということを体感している私達。 この感覚を皆様に手に入れていただきたい!という想いで、仲間と一緒に作り上げたコンテンツをお届けしています。 2週間おきの3回の講座はあっという間。 ですが、ただ単に知識を得ていただくのではなく、とことんご自分とご家族に向き

        スキ
        3
        • 捨てられない理由もタイプによって違う!?PTA家庭教育学級でエニアグラムお片づけをお伝えしました

          市内の小学校にてPTAの家庭教育学級で講師を務めました。 コロナ禍になり、対面での講座や講演会がぐんと減っているため、久々の対面での家庭教育学級に、テンション高くいざ学校へ! 20名以上の保護者の皆様に、心理タイプを取り入れたお片づけをお伝えしました。 心理タイプ別お片づけとはエニアグラム心理学とお片づけを融合させた世界初のメソッド「エニアグラムお片づけ」。 私の師匠である安田マキさんと松下さおりさんが体系化されました。 私自身、長年整理収納アドバイザーとして活動し

          スキ
          10
          • 【子ども部屋】机とベッド両方ほしい!ロフトベッドのメリット・デメリット

            子ども部屋に、学習机とベッドを一緒に置く場合、家具二つ分のスペースが必要ですね。 机も置きたい、寝るのは布団ではなくベッドがいい。そんな時に、便利なのが「ロフトベッド」です。 ロフトベッドの下には学習机を置くスペースも確保できるため、部屋の面積を有効活用できます。特に、子供部屋がそんなに広くないお宅では、嬉しい選択肢の一つです。 一方、意外と見落としがちなデメリットもあります。これから学習机やベッドを検討したい。そんな方は、参考になさってください。 ▶ロフトベッドのメリッ

            スキ
            10

            なぜ?いつも夫とぶつかってしまう!ご夫婦一緒にエニアグラム診断セッション

            夫婦だから、言わなくてもわかるはず。 そう思っていたのに、気づいたらすれ違いばかり! そんな経験ありませんか? 夫婦だから分かるって、本当!?私も自身も、結婚当初は 「普通は・・・」 「常識では・・・」 と、自分の中の当たり前を、夫に押し付けていました。 でも、私の当たり前と夫の当たり前は、イコールではなかったのですよね。 今考えると当然のことなのですが、当時は分からなかった。 後に、エニアグラムを学んで、 ・人間には、いくつもタイプがある ・それぞれのタイプには

            スキ
            10

            「その子のためが、実はみんなのため」特別支援教育講座開催しました!

            先日の日曜日、昨年に引き続きこちらを開催しました! 特別支援教育のニーズの高まり 仕事復帰準備セミナーやマンツーマン講座受講生さんたちが、復帰後はじめて特別支援学級を担当するという事例が年々増えています。 また、通常学級においても支援の必要な児童生徒が多く、集団指導と個別指導のバランスに悩む先生も多いのでは?と感じています。 さらには、2022年に入り、文科省の検討会議では「全ての新規採用教員がおおむね10年目までに、特別支援学校や通級指導教室などの担任を複数年経験す

            スキ
            6

            先生も児童もWin-Win!授業内にテストの丸つけを終わらせる方法

            テストの丸つけ、いつやっていますか? 放課後の職員室? 持ち帰って自宅で? まさか、「時間がある時にゆっくり・・・」なんて思っているうちに、何日も経ってしまったなんてことはありませんか。 子どもが帰った放課後などのまとまった時間は、教材研究や一日の振り返りなど、じっくり向き合うようなタスクに回したいもの。 私のおススメは、テスト時間内に丸つけまでする方法です。 テスト時間内に丸つけをする「目的」私がテスト時間内に丸つけまでする目的は2つ! 1.持ち帰りの仕事を減ら

            スキ
            6

            余裕のある2学期にしたい!「夏休み教員サポート」スタート!

            今週、終業式を迎え、夏休みに入る学校が多いと思います。 先生方、1学期間大変お疲れさまでした!! 特に、育休明けの先生や、子育て中の先生は、仕事と家庭の両立に苦心された1学期だったのではないでしょうか。 夏休みは、自転車操業を抜け出すチャンス!「目の前のことで精一杯!」 「自転車操業です!」 という声もよく聞きます。 もちろん、子どもの急な発熱など、自分でコントロールできないこともありますが、それでも、夏休みの過ごし方次第では、2学期の仕事や生活をガラリと変えることがで

            スキ
            5

            「目先のことで精一杯!」仕事の質を劇的に変える考え方のコツ

            / 毎日が目の前のことで精一杯! \ そんな気持ちで日々過ごしている方も多いのではないでしょうか。 いわゆる「自転車操業」。 ひとたび、子どもの急な発熱などのイレギュラーが発生すれば、とたんに崩れてしまう! そんな綱渡りのような日々から、早く脱出したいですよね。 「私は要領が悪いから・・・」 「性格を急に変えることはできないから・・・」 と、諦めることなかれ! 誰にでもできることがあります。 それは・・・ 考え方を変えること! 今日は、仕事の質を劇的に変える

            スキ
            12

            小学校卒業!ランドセルの手放し方~我が家の場合~

            この春、娘が小学校を卒業して中学校へ入学。 使わなくなったランドセルをどうするか娘と相談しました。 色々あるランドセルの手放し方 ランドセルをどうするかは、色々な方法があります。 ●思い出としてそのままとっておく ●リメイクする ●誰かにお下がりとしてあげる ●寄付する ●処分する それぞれの方法の注意点などについては、こちらに書いています。   6年間、ランドセルカバーをしていたため、状態は大変よかったです! そこで、娘と相談したところ・・・ ・小学校生活

            スキ
            18

            育休明け「一日のタイムスケジュール」作成7つのポイント

            もうすぐ仕事復帰を迎える皆さん! 復帰を境に、暮らしがガラッと変わる方も多いと思います。 忙しい毎日の中、その場その場で「次は何しよう」「何かやり忘れていることはないかな」と思い出したり、抜け落ちがあったりするのはもったいないですよね。 いちいち迷わないためには、予めタイムスケジュールを決めておき、体が勝手に動くような状態にしておくことが必要です。 今日は、そんな「一日のタイムスケジュール」を作成する際のポイントについてお伝えしていきます。 1.睡眠時間は最優先!家事

            スキ
            21

            【プロとのお片付け】自己流と何が違った?

            「片付けぐらい自分たちで何とかしよう」 そう思って、ご自分あるいはご家族で頑張っていらっしゃる方も多いですよね。 ご自身で手を動かし、暮らしがどんどんよくなっているなら自分でやるに越したことありません。 でも、もし、自己流で頑張り続けても、なかなかスッキリせず暮らしにくいままなのだとしたら、せっかく頑張っているのにもったいないと思いませんか。 思い切って片付けサポートを依頼くださったお客様に、「実際にプロと片付けをしてみて、これまでの自己流の片付けと何が違いましたか?」と

            スキ
            9

            「育休教員のための仕事復帰準備セミナー」受講者様の声②~もしも受講していなかったら、何が不安なのかすら分からなかった!~

            11月に開講した「育休教員のための仕事復帰準備セミナー」。 このセミナーは、もうすぐ仕事復帰だけれど、あんなにも忙しい学校現場に戻って、果たして両立してやっていけるのだろうか。そんな不安をお持ちの先生方へ、整理の力で復帰への「不安」を「自信」に変えていくもの。 仲間と一緒に、家と時間と心を整理することで、復帰への不安を解消していくセミナーです。 第7期生として、4ヶ月間仲間と切磋琢磨しながら、復帰準備を進めてきた先生たち。 4ヶ月間のセミナーを振り返ってのご感想が、続々

            スキ
            8

            【動画解説付・ワークシート】小学校の先生向け「出会いを演出!わたしの学級開き」

            私は日頃、育休中の教員の方が、スムーズに復帰するためのサポートをしています。 中には、お子さんを二人三人と続けて出産し、続けて育休を取得される方も増えてきました。 長いブランクによって、仕事への不安を感じる方もたくさんいらっしゃいます。 一方、私自身は、初任の時に、学級がうまくいかなかったという経験があります。 当時を振り返ってみると、年度当初の学級づくりの大事な時期に、ルールの徹底や理念の共有ができなかったことが大きかったのだと気づきました。 よく「黄金の3日間」と言

            スキ
            12
            有料
            500

            “どうにかなるか”ではどうにもならなかった1回目の復帰~「仕事復帰準備セミナー」受講者様の声①~

            11月に開講した「育休教員のための仕事復帰準備セミナー」。 このセミナーは、もうすぐ仕事復帰だけれど、あんなにも忙しい学校現場に戻って、果たして両立してやっていけるのだろうか。そんな不安をお持ちの先生方へ、整理の力で復帰への「不安」を「自信」に変えていくもの。 仲間と一緒に、家と時間と心を整理することで、復帰への不安を解消していくセミナーです。 平日コース・日曜コースともに、4ヶ月間があっという間にすぎ、先日最終回を迎えました。 復帰日までLINEグループでのサポートは

            スキ
            5

            「見える化」すればすべて解決!?家事育児タスク一覧の落とし穴

            復職をしたり、子どもが入園・入学・進級したりして、ライフスタイルの変わるタイミングで、「家事育児の分担方法を見直したい」と思う方は多いですよね。 その際に、私もお勧めしている「家事育児タスクの見える化」。一覧表を作成しましょうとお伝えしています。 今日は、家事育児タスクの見える化のメリットや使える一覧表例、そして思わぬ落とし穴について検証していきたいと思います! 家事育児タスクを見える化するメリットおうちの中の家事や育児タスクって、小さなものから大きなものまで実にたくさ

            スキ
            32