見出し画像

『女性はもっと利口になってほしい』

 💘 恋愛と夫婦の悩み 相談センター センター長の国広多美です。
 
 このセリフの奥には、とても深い意味があったのです。
 
国広 「女性はよく、自分の考えを軸(中心)にして、男性の心理を図ろう 
    とする傾向がありますが、当てはまらないことが多いと思うんです
 
男性 「うんうん。女性にはもっと利口になってほしんですよね。
    男はそもそも単純に物事を考えて生きていますから、すごくわかり
    やすい生きものなんですよ。」
   「そこが解れば、女性のイライラも減ると思うんですよね。」
 
この言葉の意味なら、すぐに理解できると思うのです。
けれど、その奥にある心理の深さが理解できていれば、男女の関係に悩むことは減っているはずと、私は思います。
 
男性は、短期記憶をメインとして脳が働いていることや、解決志向で物事を捉える傾向性が強いようで事柄にあまり感情を伴わせないために、長期記憶(エピソード記憶)に残りにくいのかもしれません。
 
逆に女性は、喜怒哀楽の感情を事柄とともに記憶されていくので、長期記憶に残りやすいのではないかと思うのです。
 
女性は大事な記念日や子どもの行事など、男性に忘れないでほしいと何度もしつこく言ってしまいがちですね。
そうされることで男性は、いやいや覚えることになります。
そうなれば日に日に憂鬱になり、挙句の果てには行くのが嫌になってしまい、わざと他の予定を入れて逃げてしまう(欠席してしまう)という事例は、決して珍しくありません。
こうなると女性は、男性を信頼できなくなるので更にしつこくなり、日に日に関係がこじれてしまいます。最悪ですよね。
 
男性には、3回言えば覚えていてもらえる方法があります。
まずは、何週間か前に1回伝えます。
次は、一週間前に2回目を伝えます。
最後は、3日前に伝えます。
これで、だいたいは済むはずです。
 
これでもうまくいかない場合は、お二人の関係性がだいぶこじれていて、わざと忘れたフリをされている可能性が高いかも…、です。
 

※ お願い ※
このブログは、個人の経験と学習の範囲によるものです。
男女の在りようにおいて、断定できるものではございません。
そして、人への理解(心理学)は日々進歩していくように、恋愛と夫婦のコミュニケーションも、常に新しい情報や学びを進歩させていけるよう真摯に取り組んでまいります。
ご自身が悩まれているその答えの一助になれば幸いです。
 
HP:センター長挨拶(開設への想い)はこちら☞ https://sukinahito.jp/ 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!