聞書・百瀬博教一代

26

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』外伝

       (1998年刊 格闘パンチ )より。  『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』24

第6章 バブル崩壊 バブル崩壊 この連載は、私が故・百瀬博教氏と10年に渡って交際し、そ…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#23

レイトンハウス・赤城明との邂逅 1986年、突如、博教の前に現れた「バブルの申し子」こと…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#22

 日本列島にバブル景気が訪れる1980年代、その手前の70年代後半、博教は刑期を終えて出…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#21

1976年。 出獄した百瀬博教は正業に就くことはなかった。 かつて用心棒として勤めた、赤坂…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#20

第5章 出獄  1974年8月──。  34歳になっていた博教に出獄の日が訪れた。  この日、4…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#19

秋田の獄に暮らして三年四ヵ月過ぎた一日、開く筈のない時間に博教の入れられた独居房の扉が開…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#18

 昭和44年5月9日――。  二十九歳の博教は、秋田市川尻の獄に下獄した。  明治中期に造…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#17

裕次郎との別れ  博教は自分が下獄する前に、どうしても裕次郎に会いたかった。 会って一言…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#16

秋田の行事 召喚状を破って逃亡した博教は日本中を転々とした。 気の休まるような時は一瞬た…