マガジンのカバー画像

聞書・百瀬博教一代

22
プライドの怪人として知られた 2008年1月27日に亡くなられた格闘プロデューサー・作家・詩人との10年に渡る交流で描いた百瀬博教氏の聞き書きの一代記。
運営しているクリエイター

記事一覧

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』外伝

       (1998年刊 格闘パンチ )より。  『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』24

第6章 バブル崩壊 バブル崩壊 この連載は、私が故・百瀬博教氏と10年に渡って交際し、そ…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#23

レイトンハウス・赤城明との邂逅 1986年、突如、博教の前に現れた「バブルの申し子」こと…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#22

 日本列島にバブル景気が訪れる1980年代、その手前の70年代後半、博教は刑期を終えて出…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#21

1976年。 出獄した百瀬博教は正業に就くことはなかった。 かつて用心棒として勤めた、赤坂…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#20

第5章 出獄  1974年8月──。  34歳になっていた博教に出獄の日が訪れた。  この日、4…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#19

秋田の獄に暮らして三年四ヵ月過ぎた一日、開く筈のない時間に博教の入れられた独居房の扉が開いた。 「面会だ。東京から従弟の坂本好延さんが来てくれたぞ」  博教は妹に絶対面会に来ないよう何度もハガキを出していたからだ。何事が起こったのだろうと思った。  正座して本を読んでいた博教は白衣をきちんと着直して、まだ一度も行った事のない面会房のある棟に向かった。  ニワトリ小屋のような面会室に入ると、錆びた金網の向うに、何と、この拳銃不法所持の事件の共犯の後藤清忠が坐っていた。   奴が

スキ
23

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#18

 昭和44年5月9日――。  二十九歳の博教は、秋田市川尻の獄に下獄した。  明治中期に造…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#17

裕次郎との別れ  博教は自分が下獄する前に、どうしても裕次郎に会いたかった。 会って一言…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#16

秋田の行事 召喚状を破って逃亡した博教は日本中を転々とした。 気の休まるような時は一瞬た…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』#15

 1965年、アメリカ軍による北ベトナム爆撃(北爆)開始された、丁度、その頃に博教は25…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』  #14

  保釈で拘置所から出た夜、迎えに来た父の乾分福井とタクシーで市川の家へ戻った。   待…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』  #13

東京オリンピック   1964年10月10日午後2時。   東京千駄ヶ谷の国立競技場に9…

『命懸けの虚構〜聞書・百瀬博教一代』  #11

  社交界の中枢であったラテンクオーターには、数々のスターが訪れた。   まだ22歳の若造ながら博教は彼ら彼女と積極的に交流した。     勝新太郎とは、お店で初めて会った。  大学の先輩岡村光晴の紹介であった。   そして、勝新太郎から若山富三郎、田宮二郎などを紹介された。   下獄する以前に彼の主演した「鯨神」を二人で一緒に「銀座大映」で観たり、日比谷三信ビル地下一階の「ピータースレストラン」で食事したり、新宿のクラブへ遊びに行ったり、玉緒夫人の初めてのお産を山王病院に

スキ
17