見出し画像

ビジネススクールのメリット

MBAをとる必要があるのか?という疑問の前に、そもそものメリットを考えておきたい。

ビジネススクールは、大学よりビジネスに特化した専門領域を扱うため、そこに集まる人達のマインドセットが高い。

例えば、

1:精神的な成熟度と安定性
2:知的好奇心への尊敬
3:探求的多様性と調和

このような志を持った人が吸い込まれてくる。

ビジネススクールが永続的に続けば、上記人材が集まり続ける良い人材収集の仕組みになるため、相対的に価値が上昇していく。

人材プールに投資している。とも考えられよう。

・人材のリレーション構築
・刺激を受ける仲間
・今後成長する人材

と、様々な「ひと」に関するメリットがありうる。

つまり、年齢的に早くに投資(入学、卒業)した方が後からの回収が増えていく。

この価値に気がつき、自身で価値を活かせるかどうかが鍵だ。

例えば、慶應大学の卒業生ネットワークである三田会は、卒業生アルムナイとして有名で、永続的に繁栄する良い仕組みになっている。世界のどこでも追いかけてくると揶揄するOBもいるほどだ。

SNSもある時代なので、緩いつながりが可視化される背景を踏まえれば、ビジネスに対する向上心のある人材ネットワーク・アルムナイの価値に気がつけるはずだ。

MBA、迷ってるならはやく意思決定をした方が良いのは間違い無い。

デザインスクールと比較されることが多いが、どちらも取れば良いだけの話なのだ。

ビジネススクールのメリット・デメリット

MBA取得の意味を単刀直入に聞かれることが多く、考えをシェアします。

MBA取得のネガティブ

・超時間を取られる(約2年以上かかる、中には1年間の授業も)
・家族から見放される
・出費が巨額(400-2,000万円:学校による)
・苦行なのでメンタルを削られる
・睡眠時間との闘い
・成し遂げたい・やりたい事が増える病にかかる

失う物も、結構でかいですね。時間と金だけなら良いのですが、旨い事やらないと神様はMBAと家族を天秤にかけるのですね・・・。

MBA取得のポジティブ

・強いネットワーク・人脈の構築
・強烈なタイムマネジメント
・ゴール重視を取得
・徹底的に20:80の法則で実行
・チームワークの重要性を認識
・メンタルタフネスの獲得
・自分の強み弱み、考え方の癖の把握
・年収も上がる

濃いものが得られそうです。

本当に費用に見合っているかで判断すると良いと思います。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読了有難うございます!もし良ければTwitterをフォローいただけたら嬉しいです!https://twitter.com/hirocy_vision

noteのフォロー頂けたら飛んで喜びます!今ジャンプしてます!
7
持ち歩けるホワイトボード「バタフライボード株式会社」Co-Founder、Apple製品、ガジェット、アプリ、ライフハック、海外MBA、予防医療談を投稿します。 自己紹介マンガはこちら→ https://note.com/startupm/n/ne9082878a0ea

こちらでもピックアップされています

【若手社会人向け】読むだけで成長するMBAの知恵マガジン
【若手社会人向け】読むだけで成長するMBAの知恵マガジン
  • 88本

「楽して生きる」ために全力を出す思考法マガジン。 賢者の知恵があれば「人生、強くてニューゲーム」つまり「レベルが高いまま人生を楽勝で攻略できる」と思いませんか? 私はパラレルポートフォリオで外資系コンサルファームで働きながら複数社ベンチャー投資したり、海外MBAを取得したり、人生をエンジョイしております。 新卒時はブラック企業で大変で鬱状態になりましたが、思考法を変え行動したことで、働くことが楽しくなり成果が出始めました。 先人や賢者の叡智をアウトプットしていきます。 働き方が多様化している中で一つの参考になればと思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。